これからの農業はどうなっていくのか?


【環境保全型農業とは】

 農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和などに留意しつつ、
土づくりなどを通じて化学肥料、農薬の使用などによる環境負荷の軽減に配慮した
持続的な農業のことをいいます。

 なお、有機農業については、化学合成農薬、化学肥料などを使用しないという面では
環境保全に資する農業であることから、環境保全型農業の1つの形態として位置づけています。 

【有機農業とは】

 原則として化学合成農薬、化学肥料や化学合成資材を使わないで、
3年以上を経過し、堆肥などによる土づくりを行ったほ場で行う農業のこと。

【有機】表示の規制

 有機農産物のJAS規格に適合するものであるかどうかについて検査を受けた結果
これに合格し、JASマークの貼付されたものでなければ、「有機野菜」等の表示を
してはならないこととなる。

【有機】認証について

 農林水産大臣の登録を受けた認定機関(登録認定機関)が、生産者から申請を受け
その生産・管理の方法について調査を行い、生産者をほ場ごとに認定する。
 なお、登録認定機関は、認定に関する業務の実施方法に関し定めた認定業務規程
について農林水産大臣の認可を受けなければならないこととされている。

 認定の後も、登録認定機関はその認定した生産者に対し、定期的に実地の調査を
実施し、生産者が引き続き認定の基準を満たしていることの確認を行うべきことが求められる。

 事前に講習会(説明会)に参加されて、
JAS法と有機食品の検査認証制度、及び有機食品の生産行程の管理や品質管理の
基準について十分に理解して下さい。誤った知識や情報、独自の考え方や生産管理方法では、
日本農林規格にそぐわない事があります。

【認定業務の流れ】
 事前説明会申請書類配布申請書提出書類内容確認検査員の書類審査
 検査員の実地検査実地検査報告書判定委員会判定結果の通知

財団法人
自然農法国際研究開発センター


【罰則・その他】

登録認定機関の認定を受けていない生産者又は販売業者がJASマークを貼付した場合。
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

JASマークの貼付されていない農産物に「有機」表示をした場合。
表示の除去・販売の禁止等の命令に従わなかった場合、50万円以下の罰金

平成11年度有機農産物等の生産状況調査結果(大分県)

作目 人数(人) 面積(ha) 金額(千円) 調査対象は、国のガイドラインに準ずる有機・無農薬・無化学肥料
減農薬(5割減)・減化学肥料(5割減)栽培での農産物

農業改良普及センター調べ(アンケート調査)
水稲 444 262.7 255,936
野菜 135 40.0 270,390
果樹 13 8.5 72,260
36 41.5 174,820
628 352.7 773,406