Raspberry Pi でサーバー構築 (Update Upgrade他)

2013/03/20

◆ UpdateとUpgrade

基本的なシステムの設定が終わったところでシステムのアップデート・アップグレードを行っておく。

結構時間がかかるので終了まで気長に待つ。

 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade

◆ root のパスワードを設定する

初期状態では root のパスワードは設定されていないので設定しておく。 コマンド入力後新しいパスワードを2回入力する。

 $ sudo passwd root

◆ sudo と su

いちいち sudo を付加するのが面倒なので su - コマンドを使用する。

 pi@raspberrypi:~$ su -
 パスワード: *** ←rootのパスワードを入力
 root@raspberrypi:~# 

su はログインユーザーを切り替えるためのコマンドだが、ユーザー名を省略すると root となる。 オプションの - をつけるとホームディレクトリが /root になる。

ログインユーザーが root になるので sudo は必要なくなる。


◆ CPUの温度確認

CPUの温度を確認することができる。 は1000分の1度の数値が表示される。

 # cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp

◆ CPUのクロック確認

CPUのクロックを確認することができる。

 # cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_cur_freq