Nexus 7 (root 化)

2013/10/24


既に Android 4.3 にバージョンアップ済みの Nexus 7 (初代)の root 権限を取得する方法をまとめておく。


ルートを取る為だけなので Nexus Root Toolkit を使用して楽ちん設定といきます。

とは言っても Nexus 7 と接続する Windows 機の設定をしておかなければならないので、 Google USB Driver をインストールします。

● USB Driver のインストール

下記から USB Driver をダウンロードし Windows マシンにインストールしておきます。

http://developer.android.com/sdk/win-usb.html (latest_usb_driver_windows.zip)

適当なところに解凍しておきます.

Nexus 7 の設定→タブレット情報のビルド番号を何回かタップすると開発者向けオプションが表示されます。

開発者向けオプションの USB デバッグのチェックが付いていることを確認したら、パソコンに接続します。

パソコン側でデバイスマネージャを開き、Nexus 7 のドライバを、先ほど解凍したドライバーへ更新します。

デバイスマネージャに Android Device / Android Composite ADB Interface とあれば完了です。

後は Nexus 7 で、設定→ストレージ→USBでパソコンに接続、を選び PTP モードにチェックを入れておきます。

● Nexus Root Toolkit

Nexus Root Toolkit の情報は検索すれば結構あるので、ここでは要点だけ書いておきます。

以下から、Nexus Root Toolkit(以下、NRT)をダウンロードします。

NRT_v1.7.2.sfx.exe

ダウンロードしたらさくっとインストールします。

インストール時にデバイス情報やバージョンなんか聞いてきます。わからなければ、適当に選んでも後で設定できるので作業を続けてください。

インストールが終了したら起動なのですが、必要なファイルが無い場合は自動的にダウンロードを開始します。

ダウンロードがうまくいかない時は自分でダウンロードしたファイルを利用することもできます。

一旦終了し、Nexus 7 をパソコンと接続してから再度 NRT を起動します。

初めに Unlock ボタンを押して Nexus 7 を Unlock 状態にします。

次に Root 枠にある Custom Recovery のチェックを入れてから、Root ボタンを押します。

何度か再起動されるので触らずに待ちます。

パソコンに Automated Rooting Procedure Compete! のメッセージウィンドウが出れば完了です。

アプリ一覧に SuperSU がインストールされていれば成功。

● SuperSU

SuperSU をタップしてもバイナリファイルが無いよ。とでてきたら

C:\Program Files\WugFresh Development\data\Root_Files に UPDATE-SuperSU-v1.65.zip があるので、Zip ファイルのままNexus 7 の SDcard に保存します。

Nexus 7 の電源を一度落としてから、音量ボタン(-)を押しながら電源ボタンを押して Recovery mode に入ります。

Install ボタンを押して先ほど保存した zip ファイルを選択した後、Swipe to Confirm Flash を右へスワイプします。

Successful と表示されればインストール完了です、Reboot System で再起動します。

SuperSU が正常に起動されることを確認しておきます。


Root 化で出来ること

● 標準ブラウザをインストールする。

Chrome があまり好きではないので標準ブラウザをインストールします。

● USB ホスト機能を有効にする。

SDカードアダプタを使用して SDカードの読み書きをしたり、外付けハードディスクとアクセスするために、USB ホストとして動作するようにします。