グラフ関数電卓 fx-9860G SDK (Hello World)

2013/03/26

◆ Hello World

プログラムを作成する前に電卓とパソコンとを接続するケーブルを用意しておく。 SDKのインストール時にドライバがインストールされていなければ fa124 等のリンクソフトを入手しなければならない。

まずはプログラムを起動したら、色々と窓が開くが無視してメニューバーより [Project] → [New] を選択する。

Path to project : は右の参照ボタンを押してプロジェクトを保存するフォルダを選択する。

Folder name : 大抵プロジェクト名を入力することとなる。 上記パス以下に新しいフォルダが作られることになるので無効な文字は入力できない。

Title : は別に入力しなくてもよい。 フォルダ名がタイトルになる。

Version : も空白でよい。 01.00.0000 になる。

Copy from project : ここで別のプロジェクトを参照すると、そのプロジェクトのファイルがコピーされる。

Copy source and header files / Copy icons 上記参照プロジェクトが空欄の場合デフォルトのソースが作られる。

「実行可能なファイルがないので、まずはビルドしてね」 とメッセージ

◆ ビルド

左にある Files in project 窓の test.c をダブルクリックすると、ソースファイルの編集窓が開く。

/*****************************************************************/
/*                                                               */
/*   CASIO fx-9860G SDK Library                                  */
/*                                                               */
/*   File name : [ProjectName].c                                 */
/*                                                               */
/*   Copyright (c) 2006 CASIO COMPUTER CO., LTD.                 */
/*                                                               */
/*****************************************************************/
#include "fxlib.h"  // SDKのライブラリ

// ここからがメイン

//****************************************************************************
//  AddIn_main (Sample program main function)
//
//  param   :   isAppli   : 1 = This application is launched by MAIN MENU.
//                        : 0 = This application is launched by a strip in eACT application.
//
//              OptionNum : Strip number (0~3)
//                         (This parameter is only used when isAppli parameter is 0.)
//
//  retval  :   1 = No error / 0 = Error
//
//****************************************************************************
int AddIn_main(int isAppli, unsigned short OptionNum)
{
    unsigned int key;

    Bdisp_AllClr_DDVRAM();

    locate(1,4);  // 文字の表示位置
    Print((unsigned char*)"This application is");  // 表示する文字列
    locate(1,5);
    Print((unsigned char*)" sample Add-In.");

    while(1){  // 無限ループ
        GetKey(&key);
    }

    return 1;
}


// 以下は関数電卓のOSに関する内容なので、変更禁止・・・と思う。

//****************************************************************************
//**************                                              ****************
//**************                 Notice!                      ****************
//**************                                              ****************
//**************  Please do not change the following source.  ****************
//**************                                              ****************
//****************************************************************************


#pragma section _BR_Size
unsigned long BR_Size;
#pragma section


#pragma section _TOP

//****************************************************************************
//  InitializeSystem
//
//  param   :   isAppli   : 1 = Application / 0 = eActivity
//              OptionNum : Option Number (only eActivity)
//
//  retval  :   1 = No error / 0 = Error
//
//****************************************************************************
int InitializeSystem(int isAppli, unsigned short OptionNum)
{
    return INIT_ADDIN_APPLICATION(isAppli, OptionNum);
}

#pragma section

なにも編集しないままメニューバーより [Project] → [Build] と選択しビルドする。

Build results 窓の最下行が Build has completed となっていればビルド完了。 フォルダ内に実行可能なファイルが出来ている。

◆ エミュレート

関数電卓本体で実行させる前に、エミュレートしてみる。 メニューバーより [Run] → [Run] を実行

Displayが小さくて見えない場合は、Displayの窓上で右クリックし [Properties...]を実行し、 Resize windows contents in fixed steps のチェックをはずして [OK] すると窓いっぱいに Display が引き延ばされる。

Display 画面上をいくらクリックしても何も変化は起きない。 Keyboard 画面のキーをクリックすることでキー操作をエミュレートすることができる。

カーソルキーを押して Debug アイコンを選択し [EXE]キーを押すとプログラムが実行される。

サンプルプログラムでは表示処理が終了した後、無限ループに入る。 プログラムが終了してしまうと OSのメニュー画面に戻る。

◆ プログラムの転送

FA-124 でプログラムの転送をおこなう。 リンクソフトをインストール後初めて関数電卓を接続するとドライバがインストールされる。

関数電卓にUSBケーブルを差し込むと関数電卓の電源が入る。 関数電卓側で Select と出てきたら DataTrans [F1] を選ぶ。

メニューバーの [Link] → [Comunications] を選択して Port が USB であることを確認したら コネクトボタンを押す

左の FA-124 がパソコン、右のCalculator が関数電卓のフォルダとなる ストレージボタンを押すと System,Alpha-Mem の表示が消える。

FA-124 の Default を 右クリックして Import を選択、プロジェクトをビルドしたフォルダを選択する。

実行可能なファイル形式の拡張子は G1A なのでファイルの種類を G1A File にして、目的のファイルを選んだら開くボタンを押す。

FA-124 の Default 以下にプログラムが登録されるので、ドラッグ&ドロップで右 Calculator 画面の User1 以下にコピーすると転送が始まる。

後はコネクトボタンの横のボタンで接続を切り、関数電卓で動作を確認する。