表示器 (キャラクタ液晶いろいろ)

2013/04/23


◆ 手持ちのキャラクタ液晶をいろいろ掲載しておく

ほとんどが HD44780 互換機で、パラレルバスか I2C 接続、電圧の違いくらいしか見受けられないが、一応まとめておく。

コントローラ 動作電圧 サイズ 備考
SD1602H (BUS) 5V 16 x 2 バックライト緑
GDM1602K (BUS) 5V 16 x 2 白文字/黒背景
SC1602B (BUS) 3.3V 16 x 2 白文字/黒背景
LSISC6A0069 (BUS) 3.3V 8 x 2 バックライト黄緑
ST7032i (I2C) 3.3V 16 x 2 バックライト/アイコン付
ST7032i (I2C) 3.3V 8 x 2 バックライト
ST7032i (I2C) 3.3V 16 x 2 反射型/大型
WS0010 (BUS) 3.3V
5V
100 x 16 有機ELのグラフィックディスプレイ
キャラクタ液晶のコマンドで制御可

◆ 超小型LCDキャラクタディスプレイモジュール(16×2行バックライト緑)

Arduino キャラクタ液晶の実験ページで使用したキャラクタ液晶ディスプレイ。

SC1602H は HD44780 互換で特筆する要素は無い。

ピンの並びが連番ではないので注意が必要。

画面を上に見て下にピンがある。 左から14→1,16,15 と変則的な配置

コントローラー:SC1602H

 14. DB7 データビット(4ビットモードでは DB4~DB7 を使用)
 13. DB6
 12. DB5
 11. DB4
 10. DB3
  9. DB2
  8. DB1
  7. DB0
  6. E  (HIGH → LOW) 立下り
  5. R/W リード/ライト
  4. RS  レジスタセレクト
  3. Vo  コントラスト調整
  2. VDD (5V 4.5~5.5)
  1. Vss (0V)
 16. バックライト (A+ 4.1V If = 40mA)
 15. バックライト (K-)

 

名称 RS RW DB 機能 待機
時間
(ms)
7 6 5 4 3 2 1 0
Clear
Display
0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1.53
Return
Home
0 0 0 0 0 0 0 0 1 *   1.53
Entry
Mode
0 0 0 0 0 0 0 1 I/D S I/D: cursor move
S: display shift
.039
Display
On/Off
0 0 0 0 0 0 1 D C B D: display
C: cursor
B: blink
.039
Cursor /
Display
Shift
0 0 0 0 0 1 S/C R/L * * S/C: shift
R/L:
.039
Function
Set
0 0 0 0 1 DL N F * * DL: line
N: mode
F: font
.039
Set CGRAM
Address
0 0 0 1 ad1 ad1 ad1 ad2 ad2 ad2 ad1: char addr.
ad2: data bit
.039
Set DDRAM
Address
0 0 1 ad ad ad ad ad ad ad ad: address .039
Write Data 1 0 d d d d d d d d d: data .043
BusyFlag /
Read Address
0 1 BF ad ad ad ad ad ad ad BF: busy flag
ad: address
0
Read Data
from RAM
1 1 d d d d d d d d d: data .043

初期化の流れ

電源投入
↓(40ms待機)
0x03 を 3回送信(5ms程度の間隔)して 8ビットモードにする。

ファンクションセットで 4ビットモードにする。

ファンクションセット

ディスプレイ・オン/オフ

ディスプレイ・クリア
↓(2ms待機)
エントリー・モード

◆ SparkFun LCD-00709 16×2キャラクターLCDモジュール 5V 白文字/黒背景)

一般的なキャラクタ液晶ディスプレイ。 SparkFun なので、海外の Arduino 紹介サイトでも例を良く見かける。

赤い基板と、白色文字/黒背景が少し高級に見えたりする。

ピンは液晶の上部左で、左から 1~16 となっている。 本体右にもバックライト用の15,16ピンがあり、ソケットだけである程度固定できる。

画面を上に見て上部左にピンがある。 左から1→16。本体右に15,16があり。

コントローラー:HD44780U (GDM1602K)

  1. Vss (0V)
  2. VDD (5V 4.7~5.5)
  3. Vo  コントラスト調整
  4. RS  レジスタセレクト
  5. R/W リード/ライト
  6. E  (HIGH → LOW) 立下り
  7. DB0 データビット(4ビットモードでは DB4~DB7 を使用)
  8. DB1
  9. DB2
 10. DB3
 11. DB4
 12. DB5
 13. DB6
 14. DB7
 15. バックライト (K-)
 16. バックライト (A+ Vf = 4.2V)

初期化の流れは SC1602H と同じ。


◆ 3.3V動作 LCDキャラクタディスプレイモジュール[16×2行] [バックライト付白抜き]

コントローラーはSC1602H と同じシリーズ。

電源が 3.3Vなので DUE や FIO での使用が便利。 ただし 5V トレラントではない。

ピンが本体左に 2x7 の14本と、右側にバックライトのA,Kがある。左右のピンで本体を固定できるが、2列のピン配置ではユニバーサル基板を使用する際にどうしてもジャンパ線が必要になるのでスペースに余裕があるときには良いかも。

ピンの配置が違うのみで内容は SC1602H と同等。


◆ LCDモジュール(8×2) SC802

aitendo の 8x2 の小型液晶モジュール(バックライト付き)。 コントローラーは SAMSUNG の S6A0069 らしい。

ピンは上部に 8x2 の 16ピン。 本体が小さいのでソケットをつけるとやたら高く感じる。

コントローラーの電源は 2.7V~5.5V になっているので 5Vトレラントだと思うが試していない。

これも HD44780 互換なので使用に関しては問題ないと思う。


◆ ストロベリーリナックス 3種

ストロベリーリナックスの I2C 液晶 3種をまとめてピックアップ。 どれも同じコントローラ(ST7032i)です。

I2C制御なので配線が少なく助かります。また、使用条件の違いによる視認性の差異をソフトウェアでのコントラスト調整で行えるのが花◎です。

◎ I2C低電圧キャラクタ液晶モジュール(16x2行)[バックライト付] SB1602BW 

上部に9種のアイコンが携帯電話用のLCDだと物語っています。

◎ ミニI2C液晶モジュール SB0802G 

8x2 のミニLCD。ピンが1.5mmピッチなので配線が面倒だ。 バックライト用の端子は曲げて使用しようとするとすぐに折れる。 積層セラミックコンデンサを3個点ける必要があるようです。

しかし、1個420円なのでつい大人買いをしてしまいます。

◎ I2C低電圧キャラクタ液晶モジュール(16x2行)反射型 I2C液晶モジュール SB1602E

バックライトが無い反射型の液晶ディスプレイ。

横が10cmを超える大きさなので、存在感抜群だ。

ピン SB1602BW SE1602E SB0802G
アドレス 0b 0111110 (7bit) 0b 0111110 (7bit) 0b 0111110 (7bit)
~RST リセット(Active LOW) ~RST リセット(Active LOW) NC
SCL  クロック SCL  クロック Vout 内蔵DC/DC OUT
SDA  データ SDA  データ CAP1N
Vss  GND Vss  GND CAP1P
Vdd (2.7V~3.6V) Vdd (2.7V~3.6V) Vdd (2.7~3.6V)
NC NC Vss
NC NC SDA
NC NC SCL
A (+) If 25mA (5~10mA) NC RST (Active LOW) > Vdd
K (-) NC  
      A (+) (40mA)
      K (-)
      CAP1N - CAP1P 1uF
Vout - Vdd    1uF
Vdd - Vss     1uf

ST7032i の初期化フロー

名称 RS RW DB
7 6 5 4 3 2 1 0
電源投入
50ms待機
                   
Function set 0 0 0 0 1 1 N DH 0 IS
Function set 0 0 0 0 1 1 N DH 0 IS
Internal OSC frequency 0 0 0 0 0 1 BS F2 F1 F0
Contrast set 0 0 0 1 1 1 C3 C2 C1 C0
Power/Icon/Contrast control 0 0 0 1 0 1 ion Bon C5 C4
Follower control
200ms待機
0 0 0 1 1 0 Fon Rab2 Rab1 Rab0
Display on/off control 0 0 0 0 0 0 1 D C E

具体的な制御については別ページを設け解説する。


◆ グラフィック有機ELモジュール100x16[黄色] SEL10016Y

HD44780互換コマンドと拡張コマンドをもつグラフィックディスプレイ。 有機ELは自家発光なので視認性抜群である。

キャラクタモードではキャラクタ液晶と同じコマンドで文字の表示ができ、グラフィックモードにすればグラフィックディスプレイとして使用できるお得なディスプレイ。

動作電圧は 3.3V ~ 5V で扱いに気を遣わなくていよいのも◎。

 ただし、キャラクタモードに文字間のスペースが無く、文字がくっついしまうので密に表示したい場合は気持ちが悪い。 どうしてもグラフィックモードに頼ってしまう。

本ディスプレイに関しては、二つのモードを持つ為に説明が長くなるので、別途ページを作成する。