タイムテーブルはコチラ

8月25日(金)

忍者狩り 10:00〜11:27

1964年 東映京都 87分 モノクロ 

監督/山内鉄也 脚本/高田宏治 助監督/中島貞夫企画/森義雄
撮影/赤塚滋 美術/中川徳道 音楽/津島利章
録音/加藤正行 照明/金子凱美 

出演/近衛十四郎 佐藤慶 山城新伍 河原崎長一郎
田村高廣 穂高稔 高松錦之助 沢村宗之助

■豊臣恩顧の外様藩の取り潰しを策略する幕府と、
お家取りつぶし陰謀を死守しようとする藩主。
それぞれの忍者に託された、「将軍家のお墨付き」を巡る攻防を、
人物背景とともに巧みに描き分けた高田宏冶の脚本が出色。
山内鉄也監督のデビュー作で助監督は中島貞夫。


沖縄やくざ戦争 11:40〜13:16(←間違えていました。ごめんなさい。)

1976年 東映京都映画 96分 カラー

監督/中島貞夫 脚本/高田宏治・神波史男
企画/日下部五朗・橋本慶一・奈村協
撮影/赤塚滋 美術/井川徳道 音楽/広瀬健次郎

出演/松方弘樹 渡瀬恒彦 千葉真一 地井武男 成田三樹夫
梅宮辰夫 新藤恵美 ひろみ麻耶

■本土復帰を翌年に控えた沖縄が舞台。
本土の暴力団の進出を防ぐため表面上和解する沖縄のやくざ組織だが、
複雑な組織の論理で凄惨な内部抗争へと発展していく。
当時、実際の抗争が続いていた沖縄では撮影出来ず、
また上映もされなかったという。


やくざ戦争 日本の首領 13:25〜15:37

1977年 東映京都 132分 カラー

監督/中島貞夫 脚本/高田宏治 原作/飯干晃一
撮影/増田敏雄 美術/井川徳道 音楽/黛敏郎・伊部晴美
録音/中山茂二 照明/増田悦章

出演/鶴田浩二 野口貴史 千葉真一 成田三樹夫
尾藤イサオ 松方弘樹 片桐竜次 渡瀬恒彦 佐分利信

■全国制覇を目指す暴力団・中島組。
組長の中島の組織強化を縦軸に、二人の娘の親という
家庭人の顔を横軸に描いたシリーズ3部作の第1作。
従来のやくざ映画とは一線を画す、
大胆にフィクションを取り入れた高田脚本の成功により
大ヒットを記録した。


シンポジウム 15:50〜17:15

特別試写作品

ガチ★星 18:30〜20:10

2016年 空気/パイロン 100分 カラー

監督/江口カン 脚本/金沢知樹
プロデューサー/
瀬戸島正治・森川幸治
企画/空気株式会社・有限会社パイロン

配給/マグネタイズ

出演/安部賢一 福山翔大 林田麻里 船崎良 森崎健吾
伊藤公一 吉澤尚吾 西原誠吾 博多華丸 モロ師岡 
古崎瞳

■テレビ西日本で放送された全4話を劇場公開用として再編集した作品。
プロ野球チームを解雇された濱島は
何も当てもないまま競輪学校に入学する。
自堕落な性格は一向に直らず、年の離れた若者に置いていかれる。
追いつめられた中年のおっさんの踏ん張りとダメさが
ひりひりと伝わってくる
地方発の映画の誕生を祝いたい。


シンポジウム 20:20〜21:45

パーティ 22:00〜