コブトリソウ

 線虫対策と緑肥のために毎年植えています。
 夏の乾燥した時期でも 良く発芽して良く育ちます。
 
特性
 1.有害ネゴブ線虫の密度抑制効果がある。
 2.酸性・痩地でも良く育つが排水不良な土地はあまり好まない。
 3.根本からの分けつはなく、茎の上部で分岐する。ほぼ直立型の草姿となる。
 4.播種後約50〜70日でスキ込み出来る。(草丈約1.5m)
 5.寒冷地での利用には向かない。
 6.スキ込み後 約30日で後作に利用できる。
 7.10アール当たり7〜8k 播種時期は6〜8月



サカタのタネ この会社の種子ですが、コブトリソウの資料はありませんでした。