全遊動!新泳がせ釣り仕掛け図
↓鼻にも掛け針を付けます
←尻尾に掛け針を刺します
←道糸3号
←ハリスと道糸をじか結び

 

 『taka sp2』たかすぺしゃる2


                   


                                                        新泳がせ仕掛け図

★この仕掛けの最大の特徴は、モイカがゼンゴを抱いた時にイカリ針も一緒に抱き込んでいると思います。★

●釣り方と、ゼンゴに針の掛け方の説明します。  
 道糸に、直接その仕掛けをライン結びします。(サルカンは使わない方がいいと思います)
 ウキも何にも使わず、ゼンゴを好きなように泳がせて釣ります。  
 隣の人の仕掛けに、絡まないように注意して下さい。

●掛け針の付け方  最初の掛け針は、鼻の穴に二つ目の掛け針は尻尾に刺します。  これでOKです。
 出来るだけ沖に投げ込み糸ふけを取って置き竿にします。  
 このときの注意は、リールのドラグを緩めておくか、スプールを必ず開いておきます。  
 モイカに竿ごと持っていかれないようにです。  
 私はモイカ釣り専用リールを使っていますので、モイカのアタリが有った場合はラインが出てジィーとドラグの音が鳴ります。 
新泳がせの場合は、ゼンゴが広範囲に泳いでくれますので、ウキ釣りほどは、投げ変えません。
沖に走ったり、手前に来たりしますので、沖に走る時は少しラインを出したりします。 手前に来る時は、糸ふけを取ったりして自由に泳がせます。
掛け針は尻尾に刺していますので、ゼンゴの泳ぎはかなり良いです。
ヤエン釣りと全く同じです。 モイカが抱いた時は、急にラインが沖に出る時と、ラインは出なくてもその場所で、居食いする場合が有ります。
時々、竿を立ててラインをゆっくり巻いて竿に聞いてみます。

ココで大事な事は、モイカがゼンゴを抱いて沖に走っている時は、スプールを開いてラインが止まるまで送ってやります。我慢、我慢です。
慌てて、合わせるとスッポ抜けする事が多いです。 ラインが止まっても直ぐに合わせません。
ゆっくりモイカにゼンゴを食べさせます。1分以上待ちます。ココも大事です。

ココから取り込みに入るわけですが、ゆっくり竿を立ててラインを張って巻き取っていきます。まだ合わせません。
手前まで寄せてから、軽く合わせます。イカリ針が刺さる程度に軽く合わせます。
この時バラシても、手前まで寄せていますので、モイカに後追いさせる事が出来ます。
ヤエン釣りの場合と同じです。ヤエン投入出来る所まで寄せてから合わせます。


長くなりましたが、私の釣り方の説明とご理解下さい。色々やって見るのも楽しいですね。 釣れたらいいね! taka

                                                         
                                                    2003年12月製作 2004年2月公開

              
  index    モイカ釣り仕掛け図へ  メール