index  

                 このおさるさん、詩人なのか?美人なのか?イヤ、芸能人かも?先生じゃ無い見たいだし
                 ひょっとしたら、遠い知らない国の普通の人だったりして?
謎・・・謎・・・

                 おさるさんから、お気に入りの画像も届きました。  こちらはおまけです



 
【No.032】    「大切なもの」 06/6/26 

本当に大切なものなんて、そんなに多くないのかもしれない。

本当にほしいものなんて 一つでいいのかもしれない。

もし満足できないのなら 心に問いかけてごらん


何が大切か。


あれやこれや よくばっているうちに 

指の間からこぼれ落ちて 消えちゃうのかもしれないよ 

幸せってやつは。

もし目先のものに捕らわれなければ 両手で持ちきれないほど

すくえているのかもしれないよ。


あなたの両手には 何がのっていますか?



    【No.031】    「どこへ・・・」   04/8/12  

全ての始まりは無関心なのかな。
コップの水がこぼれても、
隣の部屋で何があっても気がつかない。
幼子をひき殺しても、逃げてしまえる心。

痛みは神経で感じるのではなく、心で感じるものでなければ
自分の痛みを人の痛みとして感じることが難しくなっていく。
そして、どんどん何も感じなくなっていく。

何も感じなくなった心は、人を傷つけたがる。
(ソウヤッテモガイテイルノカ?)
傷つけることでは何も解決できないのに
悲しみの連鎖が繋がってゆく。
その鎖の先にあるのは・・・


滅びの唄を歌う人類よ。
最終章を自ら引き寄せてゆく人類よ。
ゆっくりと、「でいたらぼっち」がけがれのない魂から吸い上げてゆく。


天国にあこがれて、
楽園を破壊する。

希望を求めて彷徨い、自らそれを打ち砕く。
どうしてなんだろう
ひとりひとりは皆、一生懸命生きているに違いないのに。

大きな何かが世界中を転がし始めてる。
加速を感じる。

どこへ行くんだろう?

どこまで行けるんだろう?!

せめて明日が幸せであるように・・・
祈るしかないのかな 

【No.030】    「全ての魂に」   04/3/30  


人が生きるということは、全ての一瞬が命がけの選択を迫られていると思うんだ。

木の根のように無数に可能性はあったはず。

でも、どうなんだろう。

最近の叫びだしたくなるようなニュースのなだれに押しつぶされそうになって、考える。

意見を言えるほど偉くないことも知ってる。

でも、無視できるほど・・・忘れてしまえるほど馬鹿にはなりたくない。

そして、考え続ける。

あの子達がこの世に存在した意味を。

明日は、用意されてたのかな。


全ての魂に合掌。。。
  

  【No.029    「形あるもの」   03/12/08
形のあるものは、いつか壊れる。
形のないものは?
形のあるものは、壊れても直せるものもある。
形のないものは??
形がないだけに、直せないのかな。
形が見えないのは見てないから?

ともすれば、誰ともかかわりを持たないで暮らせてしまう現代
繋がりに「絶対」なんてものはないのかもしれない。
大事にしよう、今を
大切にしよう、繋がりを・・・
出会いより多い別れなんかないのだから。
どんな時だって、奇跡は起きてる。
すてきなミラクル
一瞬の奇跡が繋がる すてきなミラクル

【No.028】    「帰り道」   03/10/01
姪っ子を送りに行った帰り道のことでした。
某霊園の横の抜け道で信号待ちをしていると・・・
ん???自転車が倒れてる??
あれっ???おっちゃん(以後小父さんの小父)が、、、倒れてるぞ!!
ぎゃっ!!!   ・・・う、、、うごかないぞ!!!
ぎゃーーーー!!
信号をこえて、車を横に止め
「生きててよぉ、生きててよぉ、おねがいだあああ」
と独り言(叫び??)を言いながら、走り寄って

猿 「・・・だ、、、だいじょうぶですかぁ?」
小父「・・・・」
猿 「だ、、、だいじょうぶぅ??」 半泣き
小父「・・・ん?」
顔を上げたら、鼻筋の目の真ん中が3cmくらい切れていて
血がぴゅーーー
猿 「!!!!!」 声にならない叫び
小父「ぁぁ・・・」
猿 「ぎゃっ」   携帯を取り出し救急車の手配をした


猿 「どうしたの?車に引っ掛けられたの?どっかいたい?」
(どーしたもこーしたもぉ、鼻痛いよねええ ピューって血出ちゃってるしさぁ 泣)
あわてちゃって、何はなして良いやら・・・
人も集まってきて、少し落ち着いたらしく・・・

小父「おれはだめだなぁ・・・ 酒ばっかのんでよぉ」
猿 「@( ̄ロ ̄ノノ)@ えっ」
小父「おれはなぁ・・・ のみすけだしいぃぃぃ」
猿 「・・・だから、そんなに血ぃでちゃうんだよぉ」

ソンナ問答をしながら救急車の到着を待った。

家の人に電話するから、教えてといっても
小父「だれもいないよぉ・・・ 酒ばっかのんでっからよぉ、、、」
猿 「・・・・・おっちゃん、いくつ?」
小父「こうみえても(どう?)60だぁ」  (//・・//)ポッ テレルナヨォ
猿 「@( ̄ロ ̄ノノ)@ えっ」 (うちの親父(80)くらいかと・・・)
小父「朝から酒しか飲んでなくてよぉ 腹へっちったから 夕飯食いに行こうと思ってさぁ〜・・・」
猿 「そっか、そっか、気をつけなくっちゃねぇ。。。」
小父「こんなにしてもらったのは、戦後はじめてだぁ〜」感激?
猿&ギャラリー「。。。。。」

きっと、お酒でいっぱい失敗してきちゃったんだろうねぇ(以後勝手な想像です)
言ってる年より老けて見えるのはそのせい?!
結局酔っ払って自転車に乗り、行きつけの飲み屋?にご飯食べに行こうとして
歩道にあいた穴に引っかかって転んでしまったところに
ちょうど出っ張りがあって怪我してしまい
自暴自棄になって交差点で寝ていたらしい。。。
甲州街道に向かう道で、一日中交通量の多い交差点で。

なんだか、かわいそうになって腕をさすったら本当にやせていて
すぐに立ち上がれなかったのは、生きる勇気が一瞬なえてたのかな
なんて・・・勝手に想像した。

希望って生きる力なんだね。
小父さんの痩せた体をさすりながら、最近マスマス頑固になった親父を思い出した。

【No.027】    「台風」   03/9/17
T1(Typhoon 1以下略)=台風が来てますよぉ〜
T3         =台風が近づいてますよぉ〜
T5         =もう、来ちゃってます。これ以上やめてぇ〜
T8         =(*ノェノ)キャー 家に帰ってもいいよぉ〜
T10        =さっさと非難しろ!!
と言う意味です。

香港の気象庁(?)が、出すシグナルです。
朝6時の発表で、T3で幼稚園は休み。T5で各学校も休み。
T3でその後、悪化したら学校は学校で非難。(授業は無くなります。なじぇ??)
随時T8で、住民全体非難勧告、たいていの商店も終業。
T10で、避難命令。外に出てはいけない。地下鉄も止まるかも。
タクシーは危険手当を要求。
久々にT8が出ました。
屋上の椅子はひっくり返るしパラソルは倒れるし、
おもちゃの入ってる引き出しはぶっ飛ぶし、
風台風です。
雷が無いだけ怖くないのですが・・・何が飛んでくるかわからないので
(ニュースによると冷房の室外機が飛んできたりします。。。)
危険です。。。こわっ!


【No.026】    「星影の小路」   03/8/21

    古い曲ですが・・・心にしみる名曲です。

星影の小径

静かに 静かに
あなたの ささやきは
手をとり 手をとり
アカシヤの 香りよ
アイ・ラブ・ユー
アイ・ラブ・ユー
いつまでも いつまでも
夢うつつ さまよいましょう
星影の 小径よ


静かに 静かに
じっとして じっとして
わたしは 散ってゆく
アカシヤの 花なの
アイ・ラブ・ユー
アイ・ラブ・ユー
いつまでも いつまでも
抱かれて たたずみましょう
星影の 小径よ


あしたもきっと、いい日になりますように。。。

【No.025】    「愛の定義」   03/8/ 1

朝から、なんだか・・・
愛の定義を考えていた。

いろいろな形の愛情。
恋人、家族、親族、友情、ペット、etc.

いつもいっしょにいたくなるのが恋?

くさくても気にならないのが、愛?

電話したくなるのが、恋?

ぎゅ〜ってすると、安心するのが愛?

誰かのために服を選んだり、料理して食べさせたくなるのが愛情?


愛って・・・なんだ。


【No.024】    「友よ」   03/7/ 15

友よ、ゆっくりいこうじゃないか。
一つ一つ大事なことを見極めて
ちゃんと考えて出した結論なら、どこかにあるはず幸せが。
頬をつたう涙が止められないなら、泣けばいいさ。
涙が枯れたころ、きっと何かが見えてくるよ。
幸せも不幸せも見方(感じ方)なんだと思うよ。
何が幸せなのかを見失ってるだけなんじゃないかと・・・思うんだ。
あんがいすぐそばにあるはずなんだ。
そう、そう・・・だからね
不幸せばっかり探してると、なっちゃうよ。不幸せにもね。


【No.023】    「ミラクル」   03/7/ 1 

この小さな窓から見えるのは心。
大事なものは何なのか、教えてくれる。

ときに思惑が飛び交って、まっすぐな線も時にゆがんで見える。
私と貴方がめぐり合うミラクル。
そして、貴方と私がめぐり合わないミラクル。
夢を見たんだよ。

暗闇に浮かび上がる満開の桜の下、ゆっくり夜露に濡れた花びらに
顔をなでられ昇っていった。

大きな桜をすぎるころ、満天の星に向かってスピードをあげた。
黒より暗い夜空をかけぬけ 瞬きも忘れて昇っていった。

宇宙(そら)は、見渡す限りクリアで冷たくて他には何もなかった。
地球が丸く遠くに見えるころ、やさしい小さな手が髪をさわった

            
【No.022】    「運命」   03/6/15

君と目があった時、運命を感じたんだよ。
あれは、君が生まれた日だったよね。
飛び抜けて小さな体だったよね。
力なく、横たわっていたっけね。
見るたび、ぶるぶる震えてだれかの下敷きになってたっけね。
おなかの上で、クークー寝てた幸せな時間
強くなれ、大きくなれって願ってた。

真っ白な雪の公園を、弾丸のように走る姿・・・
釣ったばかりの魚がほしくて、川を渡ってきたよね。
車から思いっきり首を伸ばして風を吸い込んでたね。
ずっと、どこに行くのもいっしょだったから
君が小さくなってしまってから、どうも変なんだよ。
足元がすかすかしちゃってね・・・
冷たい鼻も、やわらかな毛も、不器用に突っ張った足も
探しても、探しても・・・見つからないんだ。
いくら灯りを燈しても、暗いんだ。

ところで、君はどうだい?!
ずっと、大好きだったから
幸せでいてほしいよ。
もし許されるなら、また生まれかわって
そばにきておくれ。
私にだけ、わかるように・・・ そっとね。
and I always love you

【No.021】    「永遠に」   03/6/1
大好きな曲です。

永遠に(とわに・・・)

2人を繋ぐ糸が 見えたらいいねと
目を閉じた 微笑を今も覚えてる

形のないものなら 壊れはしないと
抱きしめた ぬくもりが残るよ

あなたの風になって 全てを包んであげたい
遥か時を越えて それは永遠に ここから

「もう二度と離れない」 抱き合い誓った
あの夜の雨音が聞こえた

あなたの風になって 全てを包んであげたい
胸に響く声が それは永遠に時が止まるまで

会いたくて会えない夜 想いを空に広げて
飛んでいくよ そばにいるよ
同じ気持ちでいるなら

あなたの風になって 全てを包んであげたい
遠く 遥か遠く それは永遠に届くよ

あなたの風になって 全てを包んであげたい
いつも いつの日にも それが僕の答えさ

今 あなたのそばに
ただ あなたのために
ずっと ふたりの愛を
抱きしめたなら もう離さない
あなたを それは永遠に
さあ 愛しい人よ

今 あなたのそばに
ただ あなたのために
ずっと ふたりの愛を
抱きしめたなら もう離さない
あなたを それは永遠に
さあ 愛しい人よ

愛しい人よ


【No.020】    「翼」   
心の翼を広げれば、行けないところなんかない。
想像の翼を広げれば、出来ないことなんか無い。
大きな翼に、風をうけて・・・
行こう、行きたい所へ
やろう。やりたいことを・・・
運命の女神に導かれて。
風の意思に従って・・・


【No.019】    「何故?」
猫を抱いたとたんに、用事を思い出すことって・・・ありませんか?
暇だったから抱いたのに・・・

それとは対照的に、やらなきゃいけないことがたくさんあるときほど
ボーっとしてしまう・・・
おまけに、普段やらないこと(引き出しの中の整理とか)まで
はじめてしまうのは、、、なぜなんでしょう。。。汗

意外と、逆らわずに引き出しの整理をはじめちゃうと
頭が働き出して、逃げていたことまでうまくいったりもするのですが・・
どつぼにはまってどっぴんしゃん・・・ってことも、しばしば。

せっかく、何でもできる快適な深夜に目がさめたのに・・・
ここを開けて・・・約1時間
ぼーっとしてしまったでピロリ。。。

【No.018】    「お金って」
お金って、不思議なものですね。
あれば、あったで諍いのもとなのでしょうが・・
無くてギスギスするのも嫌ですな。。。
いったい、いくらあったら満足するのでしょうね。(謎)

理想を言えば、必要な分だけ稼いで
確固たる価値観のもとに吟味して
必要な物だけ揃えればいいはずなのに、
もしもの時の貯えだとか、他人の価値観に押し流されてたり
感情乱れから使ってしまったり。
人間が考え出した、ルールでしかなかったはずが
何時の間にか人間を支配している。

自然に抱かれて、自由に暮らしてみたいですな。。。
旬の魚食べて、旬の野菜獲って・・・
でもちょっとは、おしゃれもしたいし肉も食べたいか・・・
結局まだまだ、煩悩の猿です。。。




【No.017】    「たとえば・・・」 
たとえば、ひとつの現実。
人によって、立場によって、気分によって・・・
見えてくる景色は違う。

たとえば、自分。
どんな人でありたい?
どんな人に見られてる?

たとえば、子供。
どんな人になってほしい?
本当の姿は、見えてる?

価値観は、10人10色。

お互いを認め合うことで、誰かの見た景色を共有できるんじゃないのかな。

たとえば愛。
いろんな形。
いろんな幸せ、いろんな不幸。

たとえば、あの時。
選ぶ道が違っていたなら・・・
いろんな幸せ、いろんな不幸。

ほんの少しの勇気、
一瞬が決めてしまう、運命。

ほんの少しの歩み寄りで、変えられる運命もあるのかな。

人間は欲張り。
持ってるものを卑下し、持っていないものをうらやむ。
本当に認め合うということは、難しい。
でも、認められたいなら・・・


【No.016】    「神様・・・」 
生きているといろんなことが起こるよね。
身近で起きるいろんなことが、まるで物語りでも読むように流れて・・・
結局、なるようにしかならないのだけれど
考えて、祈って、確かめ合う。

子供のままで、いたいわけじゃないけど・・・
降りかかるすべての事柄の重さに
祈るしかできないちっぽけな自分。

何の宗教も信じてはいないけど
漠然と神様っているんじゃないかと思ってる。
もし神様が、いるのなら・・・
たくさん叶えてほしいことがある。
たくさん聞いてほしいことがある。
世界中にあふれる願いや祈り。

やっぱ、神様とサンタにはなりたくないでピロリ。


【No.015】    「親」 
親って・・・
何なんでしょう。
たくさんの痛い言葉が、心に刺さっています。
道をはずさないように・・・
生きやすいように。。。
それらは、きっとたくさんの思いが言わせたのでしょう。
残念ながら真意は分かりません。
今となっては、親も悩み苦しんでいたんだろうなぁ・・・とだけ、想像できるんですが。
何気ない言葉を、恨んでいます。わはは!
でも、もっとたくさんの無礼も許されてるはず。。。
許されて、大きくなってる。

許してみませんか?!
大きな心で。


さて、気が付くと・・・
自分も親なわけで、、、
言っちゃいけない言葉、言ってますね。。。反省!

(ー''ー;)うーん・・もっと、大きくなーりーたーいー。
体だけでなく。。。



    【No.014】    「挨拶     

愛はひとつを分けるものでなく、沸いてくるもの。
愛するものが増えたら、増えるもの。
惜しみなく与えるもの。
博愛主義者かな?

物を創り出す作業はたのしい。
愛のある(作りたい)物を作るのは、あっという間だ。
仕方なく(義理や人情で)作るものは、苦しいし、長く感じる。

挨拶もいっしょだ。
いっそ機械に任せたい気持ちもわかる。
だが、機械に任せたら愛のある挨拶も伝わらなくなる。
機械としゃべってもおもしろくない。
画面の向こう側に人がいるから、PCもおもしろいんじゃないかな??
機械に任せるぐらいなら、挨拶しない方がましだ。
やっぱり・・・浪花節かなあ?


【No.013】    「永遠     
時の流れって・・・ロマンティック!
この一瞬が、無限に繋がってこの世界中同時に動いてる。
なんて、すごいんだろ!!

一瞬はきらめいたり、見過ごされたりいろんな表情をつけながら、
永遠を創る。
永遠も平等もありえないと、若い時思っていた。
今はすこし、永遠の意味がわかってきたのかもしれない。
無数にある Yes と No を思うとうりに選んでいけるかな?!
選びたいな。
選んだ先にあるものは・・・
いったい、どんな自分だろう??


【No.012】    「時間」      
安くて弱いお酒をだらだら飲んでいるのが好きである。
日中のビールは格別気分がいい。
気の合う仲間と、くだらないおしゃべり。
たまに覗く本心を感じながら、気づかなかったふりしたりして。。。

そんな、やさしい時間が大切である。
そんなあったかい時間が好きである。
現実は誰にでも厳しい。
それを乗り越えて、やさしいあったかい時間が作れたら・・・

【No.011】    「恋」      


命がけの恋、したことありますか?

悲恋ですか? 成就しましたか?

今でも同じ気持ち、持ってますか?

どこがよかったのか、覚えてますか?

今でも同じ気持ちですか?

時が経っても変わらないものって、あるのでしょうか。

あの頃の、気持ち・・・
あの頃の・・・ 夢。

【No.010】    「心」     


忙しいって字は、心を亡くすと書く。

女の叉に力で、努力の努だし・・・
女の叉に心で怒・・・

心って字は、心臓の形からできてる。
じゃ愛は、何からできてる?

信頼?
なんて・・・不安定な土台だ。

人っていう字は、人と人がよっかってできてる。
さて、どこによっかかればいいんだろ・・・
今日は厚い雲が一日、垂れ込めてた。
風は、どっから吹くのかな・・・


【No.009】    「故郷」
猿の大好きな故郷は九州にあります。
昔は歩いて5分で船着場でした。
夕方や早朝には、道路が動いて見えるほど蟹が、がしゃがしゃいたっけな。
途中の小道で朽ちた船室で、捨て猫育てたっけな。
古本屋さんに通ったっけな。
初めてパーマかけたのもその近所の美容院だったっけね。
渡し舟が行きかうのを、日が暮れるまで見ていたっけな。
暑い部屋でマンガ読んで・・・ 
ぜんご(小鯵)釣って、真っ黒に日焼けして・・・
な〜〜んにも悩みのない、夏休み。

楽しい思い出はみんなここにある。

いつか、あそこで暮らしたい。
蟹捕り(渡蟹)ながら、ぜんご食べて・・・
ホッタテ小屋でも、、、建てよっかなぁ。。。


【No.008】    「奇跡」

永遠は、一瞬が繋がってできてるだよね。
人生は、奇跡が繋がってできてる。
本当は日常が奇跡の連続で、奇跡と思っているものは偶然なんじゃないかな。
生命の誕生自体、ミラクルで・・・

いつか、訪れる別れは突然ではないのかもしれない。
別れを存分に惜しんだら、次の奇跡を待とう。
必ずあなたのそばでも起きている・・・奇跡(ミラクル)。


【No.007】    「夢」

たとえば、夢が叶うなら・・・
何を犠牲にしますか?

たとえば、夢が叶うとしたら
どんな夢みますか?

たとえば、夢がみられるとしたら・・・

昼間うたた寝したら・・・階段から落っこちる夢でした。
なんだかなぁ〜・・・


【No.006】    「願い」

一つ一つの問題に、答をもらい
がむしゃらに目指したゴールが近づくにつれ
さびしいものですね。
立ち止まってはいられない。
前に進むしかない。
神様が一日に一つずつしか願いことが叶えられないとしたら
ものすごく待たないと願いは叶わないらしい。
せっかくだから、願いは願いで願っといて・・・
動こう、がむしゃらに。。。
今は、それしか出来ないのだから・・・


    【No.005】    「中指」

目を閉じて

足の中指を  さわってごらん。

これだ!って、目を開けてみると・・・
中指だったり、薬指だったり。。。


今度はよく見て、足の薬指をさわってごらん。

そして  目を閉じて

感じてごらん・・・

これって・・・中指の感覚?


自分でやっても不思議なんだけど、
人にやってもらうと、もっと不思議です。

ぜひ、お試しあれ〜♪

ヽ@(o・ェ・o)@ノ ウキ♪


    
    【No.004】    「毛フェチ」

 実は・・・子猿2号は、”毛フェチ”です。@((。-_-。))@ポッ
母の毛なら・・・どこのでも、、、(@(*ノェノ)キャー 
特に・・・寝付くときには重要なアイテムです。
2号の手には毛探査機&サーモセンサーが付いてると思はれ、
深夜にもかわいいおててが、のびてきて・・・

さわさわ・・・ (毛を触ってる)




さわさわ・・・ (存在を確かめてる)




さわさわ・・・ (ちょうどいい量を考えてる)




くるくる・・・ (しっかり、指に巻きつけて・・・)




さわさわ・・・ (ちょっと、じらしてみる)




くるくる・・・ (もっかい・・・指にまきつけて)





ぎゅ〜〜〜〜!!(一気に引っ張る!)




いててててて!!(ぷちっ、ぷちっ、ぷちっ、、、)

注)髪の毛ですからっ!へんなこと・・・考えちゃってません?!(@(*ノェノ)キャー 





【No.003】    「幸せとは、幸せを探すことである。」

フランスの有名な作家が言ったそうです。

なるほど!
夫婦で探せば、夫婦の幸せ。
家族で探せば、家族の幸せ。
人類が探せば・・・、人類の幸せかぁ。
    2003年、何を探そうか・・・
 
    新春に、我思ふ。
    幸せよ、いづこへ・・・


【No.002】   「出前サンタさん」

近所の日系スーパー”ユ〇ー”に、子猿達を連れて買い物に出かけました

海の柄シリーズの5個パックのてぃっしゅが、かわいかったので、
イルカの柄のが2個入ってるお買い得(謎)を真剣に探していたときのことです。
館内放送が入りました。

「・・・クリスマスのお子様へのプレゼントは、お決まりになりましたか?!
只今、〇ニーでは忙しいお父様お母様の代わりにサンタさんデリバリーサービスを行っております。」
「えっ子猿姉

「クリスマスの夜に、責任を持ってサンタの衣装を着けてお伺いいたします。どうぞ、お気軽にご利用ください。・・・」
「えっ・・・??子猿妹

「。。。。。。」親猿
今までの・・・涙の出るような苦労は・・・
ったく。。。夢も希望もあったもんじゃない!(`_´メ)




【No.001】    「街中のオープンカー」
なんだか・・・うらやましいのか、かわいそうなのか・・・わからないですなぁ。
ノースショアでも観光バスに囲まれて渋滞してますた。
そんなの見て、かわいそうだなぁ・・・って思いつつ、
いつかは、乗ってみたいと誰しもが思ってしまう。
不思議な魅力ですね。
今流行のコペン(ダイハツ)
いいとこついてますねぇ。。。(くぅぅ・・・にくいねぇ〜〜!)
セカンドカーなら、軽。コンパクトだし・・・電動オープン。。。
経費もお手軽。
昨今の有能なエンジンで2シーターなら、走りも期待しちゃいますね?
ルパン3世のように、海沿いの道を夕陽を背に受けて走ってみたいものです。。。
 takaさんなら・・・釣りに行っちゃうかな。。。
歩いていけちゃうからなぁ・・・いらないか。
がはは!                      2002/12

index