りーる

アオリマチック夜光3050 アオリマチック3050
モイカ釣り専用リール (ダイワ精工)(泳がせ釣りは最適なリール)

お値段はメーカー小売価格が、オープン価格です。、かなり幅がありますので、自分で調べて下さい。

あえて、ユーザ希望小売価格 夜光は 7.000円切って、どうでしょか?なるべく釣具屋の割引セールの時買おう!


アオリマチック(ブラック)の方が約、2.000円安い 最近まで何故価格がこんなに違うのか知りませんでした。
違いは、ベヤリングの数が2個少ない。夜光は4個使用です。 ベヤリング1個1.000円としたら2.000円安いのは納得かな?
私の使っているリールです。一言で言えば非常に良い!★★★★です。

しかし、私の使用頻度が多い為か、オートクラッチが2台とも壊れてしまった。一台は(夜光)修理完了 ブラックは修理中
とんとんと軽く叩いてやれば、クラッチが掛かって使用できる。

毎日、毎日使っているのだから仕方ないのでしょう。  皆さんは大丈夫ですよ・・・

バトルゲーム 3050アオリ(ダイワ精工)
ヤエン手持ち泳がせ釣法専用リール(takaSP2には最適なリールかな?)
お値段はメーカー小売価格が、13,650円なので、10,000円を切って買いたいものである。

ユーザ希望小売価格 ● 9.000円〜9,500円 大分ではまだ見かけない2月10日現在 見かけた人にはゴメン
アジ投入後は竿を手持ちでアジを泳がせながら、積極的にポイントを探り続け、
泳がすだけでなく、誘いも頻繁に行なう釣法。
アタリはもちろん、前触れ(アジが暴れる)もわかるというもの。
したがって、「泳がせ、誘い」によるラインの出し入れを頻繁に行なうことから、
オートクラッチでは巻く度にONになってしまい、その都度OFFにしてラインを出す必要が発生する。
これを解消するためにマニュアルクラッチが搭載の専用リールが要求されたワケである。
(逆に従来からの置き竿スタイルのヤエンにはオートクラッチタイプの「アオリマチック」がやはり便利
                                                            
メーカー製品紹介引用
★マニュアルクラッチとは、ハンドルを回してもオートリターンしない方式

エアノスXTL アオリC3000(シマノ) 
ヤエン手持ち泳がせ釣法専用リール(takaSP2には最適なリールかな?)
お値段はメーカー小売価格が、オープン価格です。、実勢価格は6.500円〜5.500円と、かなり幅がある。

ユーザ希望小売価格 ● ずばり5.000円でどうだ。なるべく釣具屋の割引セールの時買おう!

私は大阪で5.000円切って買いました。2月10日現在まだ箱の中です。

特徴はバトルゲームと同じと思って差し支えないと思います。

価格が、お手ごろなので、これからヤエン釣りもしたい人にはお勧めです。新泳がせ釣りtakaSP2にも最適かな?

★バトルゲームでは、マニュアルクラッチレバーと言いますが、エアノス アオリではファイティングレバーと言います。
★ファイティングレバーとは、ハンドルを回してもオートリターンしない方式


index



 

                                                    臼杵タウンストーリー 2007年2月