大分短期大学 園芸科

oooooIJ@@*

OITA JUNIOR COLLEGE of HORTICULTURE



バイオテクノロジー
Plant Biotechnology




 バイオテクノロジーに関する教育は、とかく断片的かつ体験的な学習になりやすく、技術の実際を修得することは難しいものです。試験管やフラスコで育てた植物を栽培にまで結びつけることが大切です。
 本学では、少人数教育によって、試験管での種苗生産から温室での栽培、販売まで継続的かつ確実に植物バイオテクノロジーに関する一連の先端技術修得ができるよう実践的教育を実施しています。(文部科学省の「実践的な先端技術教育の確立」に採択されています。)

活躍分野
バイオテクノロジーの産業分野は、種苗、畜産、農林、食品、醸造、医薬品、化学品、エネルギー、電子、電気工学、環境、公害防止など幅広く、これらの分野で活躍する道が開かれています。職種的には、研究開発、検査分析、商品開発、生産技術、セールスエンジニアなどがあります。
○危険物取扱者(国家資格)
○毒劇物取扱責任者(国家資格)
取得可能資格
○ファレノプシスの増殖実験
○シクラメンの培養実験
○ランの栄養別培地比較試験
○メロンの胚培養
○試験管培地による室内での植物の楽しみ方
○チランジアの大量増殖
○コニファー組織培養における植物ホルモンの影響
ゼミナールテーマの例 

ファレノプシスの成育状況をを観察中。
「早く大きくな〜れ!」
品種改良に取り組んでいます。