終の章

昨年暮れNHKのクローズアップ現代をみていて思い立ったことがあります。
楽を覚えたこの頃の花sumiは楽から一歩が踏み出せなくなっていました。
燃え尽き症候群?更年期鬱?
友人の死がきっかけだったか?繁忙な活動のストレスだったか?
姑の介護ストレスだったか・・・・
だんだんと忍び寄るものにそれなりに言い訳を考えながら暮らしてきました。
いやいやもともとのズボラ体質が体力の衰えと共に元気になっただけのことです。

何をやるのも億劫、やる気も、感動も忘れてしまったよう。
でもそんな自分に少々嫌気がさしていたところでした。

クローズアップ現代のテーマは今ブームになりつつある「断捨離」でした。
今の花sumiにピッタリのテーマではありませんか。
即、即、2011年の年頭にあたって・・・
今年は「断捨離」に取り組もうと決意。

モノは、入り口でスットプの断
いらないモノは、捨
モノから離れて、片付けから自由になるの離

それは不要なものを捨てる・・・の視点ではなく
今を優先、便利に必要なものを優先にするという視点から・・

今の自分に必要なものを使いやすくする暮らし、
今の自分にとって大事なことの順番を考える

生活のすべて・・・
今自分にとって必要なこと?大事なこと?と一瞬立ち止まってみたりもします。

花sumiの生きざまに向き合いながら過去を整理することもあるでしょう。
過去の歩みを振り返りながらも新しいページの歩みでもあるのですから・・
始まったばかりの終の章がちょっと楽しみな日々なのであります。

花sumi
(2011/2/11)