母の日に
長安寺よりの眺望

23日は母の命日でした。私にとっての母の日です。
10年経っているのが信じられません。
人間的に欠陥だらけのようで私はことごとく反抗してきた母なのですが
言うことなすこと・・・これは母・・・だったではないかと、思うことが多くなりました。

一年に一度兄妹を集めてくれる日に今年も兄妹が集まりました。
母をしのび、笑い、涙し・・・心ひそかに詫びる日です。

ことごとく反抗したあの頃の母と自分とを重ねていろいろなことを考える私がいます。
こんな気持ちだったのね・・・こんな思いだったのね・・・と語りながら
時には母のように、時にはあなたにはならないよ・・・と未だに反抗しながら
母の娘・・・から卒業できない私が続くのです。

田舎もずいぶん模様がかわり
誰もいなくなった実家の前に菩提寺につながる道が新しく出来ていました。
車で行けるようになったのです。

たった一つ・・・あなたと違って、残る人が悔いることがないよう
私自身、楽しんで終わりたいよ・・そういいながら
Byebye!

花sumi
(2009/6/24)