さようなら

実家の庭にあった仏像がなくなっている・・・と
兄からメールがありました。
父が彫った仏像でした。
どなたか・・・運んで行ったようなの・・・
息子も娘も・・そこにあるのが当たり前のように思っていたんです。

今さらながら・・・よく見ておけばよかった。
写真に撮っておけばよかった・・・と思っています。
父が彫った仏像は、いくつかありますが、私は興味を持つ事もなく
そんな風だから、あの世で父は嘆いていたのかもしれません。

再びどこかでお目にかかっても、
もう父の作品かどうか、わかりません。
親不孝でしょ(*^m^*)

名もない野仏のように思って・・どなたかが大事にしてくれるのならそれも良いですよね。
あの仏像に出会った人々の気持ちが和らいでくれますよう・・・
今となっては祈るばかりです。

お父さんごめんなさい。
私たち守ってあげられなかった・・・

え??
ばか〜〜〜おれが守ってるんだ・・・
父の声が聞こえます。

花sumi
(2004/7/05)