山の花 (No.1)


山を歩くといつもやさしい花に出会います
自分の身を守りながら、ちゃんと明日への準備をしている姿は、
驚かされたり、なぐさめられたり・・・
自然のなす技と、智恵の前には脱帽!

この細工見てください

ねむの花です
この細工・・みごとでしょう。





かわらなでしこがやさしくゆれていました
ねえ・・この細工大変よ。




へくそかずら
何とかならなかったのですか?この名前・・・
愛らしいお花ですよ。
ヤイトバナと言うのだそうです。それにしましょう!





スズサイコ(ガガイモ科)
おもしろいお花でしょう。夕暮れか曇天、雨の日にしか開きません。




ヒゴタイ

とげのような花が集まって
淡い瑠璃色の花になります。
くじゅうや阿蘇など九州にしか
自生していないらしく
絶滅しつつあるらしいのです。

まだ、花ではなくて
もうじきあのとげとげの一つ一つから
矢車草のような水色の花びらが出て 
一回りもふた周りも大きくなるんですよ。
それまでにグレーから水色、
紫と色が変化するのです。
(さっさん)


前頁(ユウスゲ) 次頁(野の花)