トップページのお花集 A


トップページを飾ったお花たちです


寒菊(2001/12/20)

冬の花は、きりりと感じます。
色が冴えて、引き締まって見えるのは、花sumiの思い過ごしでしょうか。
手入れを忘れた寒菊ですが、今年もやっぱり咲いてくれました。
花材を挿し木にして花sumiの庭の一員になりました。
実は古株・・・。



寒菊

寒菊(2001/12/12)

お正月までいいわよ。そう言ってもらった菊です。
本当に・・今咲き始めました。
花sumiの好きな色合いです。
菊は植えっ放し。夏になる前に、一度短く切ってしまいました。
するとまた元気に伸びてきます。世の中・・すべてこれかな。
押したり引いたり・・・



ミニバラ

ミニバラ(2001/12/04)

いつも思うことです。
自然の演出にはとうていかないません。
一番きれいな花の時期を逃してしまった・・・のに
雨が続いた後のミニバラは、最後にこんな演出をしていました。
その時々の表情が花にも命があることを教えてくれます。



小菊

小菊(2001/11/20)

いつのころからか、きれいだと思うことのどこかに、
シンプルな美しさを求めるようになってきました。
華やかさにない美しさを、いとおしく思うのは何故なのでしょうか
素朴な美しさを感じるこの頃の小菊です。



ノボタン

ノボタン(2001/11/07)

つくづくと見るのです。
何の意味があるんですか?
神様がちゃんとおつくりになったのでしょう?
ノボタンにはこのピロロンが必要だったんですね。
花sumiの庭で初めて咲いてくれたノボタンの、
きれいな色と不思議なつくりに、立ち止まっているのです。



マユハケオモト

マユハケオモト(2001/10/30)

眉の刷毛からきた名前だとか・・・ヒガンバナ科
お友達の家の事情で、花sumiのうちにやって来ました。
3年前でしょうか。冬も外で過ごします。
夏も、お水を忘れても文句ひとつ言わず、それでもお花を付けてくれます。
でも、今年は1個・・・
慌ててこの頃、お手入れを・・・遅い!
お花はこれ以上開きません。



シュウメイ菊

秋明菊(2001/10/19)

お友達にいただいたお花です。
日陰なのでやや徒長ぎみですが、季節を告げるやさしい花です。
はらはらとこぼれる花びらにさえ・・1,2枚残った花の終わりにさえ、美しいと感じるのは、
季節のせいなのでしょうか。花sumiの年のせいなのでしょうか?



風船唐綿

フウセントウワタ(2001/10/10)

何ておもしろい実なんでしょう・・・
初めてお目にかかった時はそう思いました。
お友達のもらった、生け花用の実から、たくさんの種が出てきました。
それが芽を出し、来る年も来る年も、たくさんの芽を出しています。
あまり目立たないお花なのにたくさんの蜂が寄ってきて、恐いくらいです。
そのお花から、小さな赤ん坊の頭が見えてくると、・・・
うれしくなってしまいました。



ホトトギス

ホトトギス(2001/10/01)

ねぇ・・あなたは何故、ホトトギス?
山野草の中には、お気の毒・・・というような名前をもらってる中で、
申し訳ないけど、あなたには過ぎたお名前よ?
<花の斑点が、ホトトギスの胸にある斑点に似ているから>ですって・・・
良かったね。斑点持ってて!



ウコン

ウコン(2001/9/22)

忘れられた畑の隅に、大株になっています。
狭いお花のスペースを陣取ってしまって、嫌われ者・・・やってます。
ある日ふと・・・毎年そうなのです。
すっと伸びた先に、なんともやさしい色合いのウコンの花を見つけた時は、
もっと手入れをすれば良かったと、悔やむのです。
日の当たらない、生い茂った葉っぱの中の、ウコンの花です。



アメリカンブルー

アメリカンブルー(2001/9/11)

ちょっと冷たい空気の朝、さわやかな色のこの花に出会うと
心のそこからさわやかになります。きれいです。可愛いのです
花sumiは大好きです。



日々草

日々草(2001/9/01)

花sumiの庭では、ごめん!粗末に扱われているんです。
知らないうちに種をこぼし、知らないうちに大きくなって
けなげにもかわいいお花を、いつまでもいつまでも咲かせ続けます。
その日一日の命なのに、次々に咲くので、はかなく感じないのが不思議です。
いつもありがとう!感謝の気持ちを込めて。

トップページのお花集
 @ B C D 2003/ 1 2