ワラビ

おいしい・・・というものでもないかもしれません。
でも花sumiは大好き。季節を食べます。
たくさん取れた時は、もちろん塩漬け。
塩抜きが大変でしょう・・・と言われますが、そうでもないのです。
塩漬けの仕方と、塩の抜き方、料理方・・・ご紹介します。


たくさん取れた時は保存します。
先ず、ちょっと面倒かもしれませんが、
ここで頑張ります。

同じくらいの太さ、長さをそろえて、
輪ゴムで束ねるのです。
この作業の為に、採る時に、
袋に入れる方向をそろえておきます。
採る場所で、袋を変えておくのも
良いのです。育つ場所で、太さが違います
輪ゴムの上から切って使うので捨てる部分を
考えておきます。
保存用の瓶や、ポリ容器に
漬物用のビニールを敷き、
塩-ワラビ-塩−ワラビと重ねていきます。
塩は思いっきりたくさんです。
ビニールで包んで重石をしておきます。
花sumiは採ってきた日毎に、こうして
ビニールに包むのです。
次々に重ねていけば良いのです。
直ぐにきれいな澄み切った水が出てきます。
この水に浸かっている間は、
何年でも保存できます。
ホラね。
澄んだ塩水でしょ。
ワラビが持っていた水分です。
後は食べるほど取り出します。
輪ゴムで束ねてありますから、
取り出しも簡単です。


去年のもの(1年塩漬けにしていた)
実は去年のがまだ少し残っていました。
底の方なので、まだ解けない
塩まで残っていました。
もったいないので、食べます。
鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰したら
お湯を捨て、茹でこぼす。
これを3回繰り返せば、塩は抜けます。
輪ゴムはしたままなのです。
後は、輪ゴムの少し上あたりから、切って
下のほうは捨てます。
煮びたしや炒め物などに使います。
ぜんまいも同じです。
柔らかく煮たワラビに味をつけます。
だし汁の中で静かに味のしみるのを待つ
又は、濃い味をさっとからめる。
油でいためるなどです。
これは同じようにしたぜんまいです。
袋を変えて保存してありますので、
後の利用も簡単です。
去年のものではないみたいでしょ。


ワラビもぜんまいも、やわらかくなるまで茹でてから使います。
これは花sumiの山菜の師匠のやり方なの。
まだまだ師匠のように上手に出来ないのですが
ワラビやぜんまいを、楽しむことが出来るようになりました。



 ・ かわいいお花  2002年 2001年
 ・  おいしい話 ・冬  ・/・/・秋/



「は・な・の・WA」目次へ HOME