亀塚古墳を横から眺める

5世紀初頭に造られた大分県下で一番大きな前方後円墳です
全長116メートル 後円墳は62メートル 墳丘は3段に築成され
各段のテラス部には玉砂利を敷き埴輪を飾り当時の海部の首長の
権力をうかがいしれます  国指定史跡です



15年 9月 22日撮影