ホーム 


マンガ私論comic criticism

好きな作品、印象に残った作品などについて
思うぞんぶん書きちらかしてます。
記述形式は以下の二つ。

 評論/作品論 
論文形式。でも、純客観的ではなく、「わたし」がこの作品を愛してるんだー!ということを伝えたくて書いているものですから、評論らしからぬ表現が散見されるはず。そうは言っても文章が堅い。こちらは形式の問題ではなく、私の文体のせいです。内容については、ご意見・批判・反論・指摘等をうけつけます。いえ、欲しいです。

  「仮面が割れるとき」:柴田ヨクサル「谷仮面」論

最初は感想文だったものが評論になったのは、メジャーではないこの作品の良さを人に知らせたい!という欲求からでしょう。ちなみに、ホームページを作ろうなんて考えたのも、これを誰かに読んでほしかったから。

絶版本を投票で復刊! 『谷仮面』新装版により復刊!


  



HP4000hit記念にKYAMさんからいただきました。ありがとう!クリックすると原寸表示します。

 感想文ノート 
 
感想文、もしくは覚え書き形式。各作品の読了直後に書き付けた、私の読書ノートからの抜粋です。これを叩き上げれば作品論になるかもしれないけど、情熱か時間か、各種理由でノートのままとどまっているものたち。観念的なところは評論とあまり変わりませんが、思い入れがそのまま文章になってて、自分で後から読んでも可笑しいやら、かわいいやら。どうぞ笑ってください。なにせ「感想」ですから、感じたまま。

『雲の上のキスケさん』(鴨井まさね)19991027

←これもKYAMさんからv多謝!
『エアマスター』(柴田ヨクサル)19990912


『はみだしっ子』(三原順)19960809

『風と木の詩』(竹宮恵子)19950929


陸亀ホームに戻る

トリニータ 日々の雑記 ライヴレポート リンク


RIKUGAME no SUMIKA / 1999-2004Copyright RIKU