山国町の渓谷 <<猿飛千壺峡・魔林峡>>


山国川の上流に点在する渓谷美を紹介します。
車で走っていると思わず通り越してしまいそうな
こんなところにという美しい景色があります。


魔林峡

国道(496号)沿いに遊歩道が作られています。
駐車スペースもありますので、車を止めて散策すると田園風景の中とは思えないような渓谷が続いています。

魔林峡
歩道沿いの歌碑
遊歩道沿いに歌碑も・・・
念仏橋の景
魔林峡の駐車場から上流に数百メートル先に念仏橋が懸かっています。
この橋を渡ると思わず口から念仏が出てしまうと伝えられる石橋です。
「念仏橋の景」の解説は、ここをクリックして下さい。
念仏橋の景1 念仏橋の景2
猿飛千壺峡
長い年月をかけ、自然の渓流が造り上げた大小無数の甌穴が峡底に広がっています。あいにく、水量が多くて甌穴が見えませんが、水量が少ないときには、いくつもの甌穴を水が伝わって流れている景色を見ることができます。
見事な奇岩群を野猿が飛かったところからこのように名付けられたそうです。
駐車場・売店があり、川をまたぐようにつり橋がかかっていて、涼を楽しむには最適ですよ。

猿飛千壺峡・魔林峡へは、国道212号線山国町守実(中津から車で45分、日田から30分)から、国道496号で英彦山野峠方面に約5kmです。
猿飛千壺峡

前のページに戻る