鶴市花傘鉾祭り 2004


鶴市花傘鉾祭は今から約860年前、
山国川の三口井堰を完成させるために
人柱となったというお鶴、市太郎母子の霊を慰め、
五穀豊穣を願う祭りです。(2004年8月28日撮影)

福沢通りを練り歩く花傘鉾1
福沢通りを練り歩く傘鉾

福沢通りを練り歩く花傘鉾2
各町内ごとに飾り付けした傘鉾が市内を練り歩きます。
日の出町アーケードを練り歩く花傘鉾1
今年は、日の出町アーケード内を傘鉾が練り歩きました。
日の出町アーケードを練り歩く花傘鉾2

日の出町アーケードを練り歩く花傘鉾3

地元では、「鶴市さん」と呼ばれています。
干ばつに悩む沖代平野に井堰を築くために人柱になったといわれる悲話の霊を慰めるお祭りのためか、鶴市さんが行われる日は、必ず雨が降るといわれています。

この日も撮影時は晴れていましたが、日中一時雨が降りました。ここ数年、一時的に雨が降っています。

祭りの紹介をしているホームページ
中津下毛観光協会
山国川河川事務所



前のページに戻る 撮れたての四季ホームへ