諸町界隈

大分県中津市、1587年黒田孝高(如水)入城から
細川・小笠原・奥平と続く城下町中津。
諸町・・・諸々の職業の人が住んでいた町。

史跡めぐりコース
中津駅から寺町・福沢旧居・中津城・武家屋敷などをめぐる散策コース
諸町(自性寺)

殿町(中津城方面より)側から。
右側の石垣は、御囲といわれ中津城の外堀にあたります、城内に入る木戸門口の1つ広津口があったところです。左側が自性寺大雅堂です。
御囲

自性寺大雅堂1

道しるべ

池大雅の書画が収められている大雅堂の入り口。 大雅堂
自性寺

中津城主、奥平家の菩提寺。
境内には、徳川・奥平家の位牌や織部灯篭があります。

自性寺2
自性寺3

今にもお侍が出てきそうな雰囲気があります。

自性寺から新魚町・中津駅側。
右の白壁の建物は、ぐるーびー(喫茶店)です。散策の途中にどうぞ。ジャズのライブも行われます。
素敵な音楽とコーヒーは、散策の疲れを癒してくれます。
この先を右に曲がると、武家屋敷にある金谷に。
魚町の町並み



前のページに戻る