日本蜜蜂のはちみつ・二年越完熟蜜・九州耶馬の奥地で飼育・好評販売中・・・・
                                                                                     平成29年採取蜜 販売開始

   

   


幼児期、日本みつばちに遭遇して25年の年月が経過したある日、自営業の私の店に来られたお客様が突然、
石仏の里で名高い国東半島の山、両子山(ふたごさん)の頂上に実家があり「日本みつばちが分蜂したと連絡があり、
要りませんか?」と言うので・・・・・・
その瞬間幼い思いが蘇り、午後の仕事を中断して案内していただきました。
昔の記憶を思い起こし、飼育箱を作り中津の住宅の横で飼うことにしました。
3年が過ぎたころ蜂の数も年々増えて、友達や知人にも贈呈し、その数30年で百箱位にまで増えましたが、
5年前より(平成19年)世界中のミツバチが原因不明で死滅激減しました。
友達の皆さんも一箱残らず全滅してしましました
西洋蜜蜂、日本みつばちも同様でした、しかし野生に生き残った日本蜜蜂が古巣に帰って来て、其の蜂たちを増やしているようですがまだまだ少数状態です。私も
蜜蜂飼育に関わって40年近くに成りますが二年間は手に入れる事が出来ず、やっとのことで一昨年より飼育を再開しています。
今年も知人に日本みつばちの蜜希望の方にお裾わけ致しました。
この蜂蜜の味を一度口にした皆さんは「また来年蜜が採れたらお願いします」と言ってくれます。

真の日本蜜蜂の蜜を入手するには、直接飼育者に予約をしないと困難かと思います、採取蜜の量が限定的だからです。
飼育箱一つで二年目の初夏、蜜を採取しますが、順調に生育した大群の箱で5キロ前後の収穫です、中には生育の悪い箱などは3年目の夏の採取に成ります。
途中で逃げ出す蜂群やスズメバチに襲撃されて消滅したり、近年の異常気象で巣箱の中が高温になり巣の成分がハチロウで造るため、ロウが溶け、巣そのものが落下してミツバチが生き埋め状態になり死んでしまう事も度々です。
この様な予測できない事態が多く有り、蜂蜜の量を予測することが出来ないのが現状です。

一度日本蜂の完熟蜜を味わうには予約をお勧めいたします。

          5段の二年蜜箱                蜜箱の最上段の完熟蜜巣           4月に分蜂し二カ月後の蜂巣            蜂巣の下方には花粉

    

 

                             
  
 

                                  日本蜜蜂との出会い                 『 はじめまして  人目のご来店者様 』




       当工房の日本蜜蜂との出会いの原点は・・・1950年、物心つく2〜3歳の頃、母の生まれ故郷大分県本耶馬渓村深耶馬字小柿山。
       四里の石ころの山道を徒歩でテクテクと半日かけ、道端には霜柱、道の所々には放牧の牛の関所を潜り抜け
       里の神社に参拝し目的地の小柿山に辿り着く、竹藪を通り抜けるとそこは桑畑が一面に広がる、先祖の人々が
       山の頂上を開墾し戦後蚕産で生計をたてていた頃の事です、その桑畑の細いあぜ道を何度か曲がると懐かしい
       母の生まれ育った家でした。
       山頂の為飲み水は無く、山裾の水場まで桶を前後に担ぎ炊事場の水瓶に汲み置きしてありました、庭先には5段の石段があり、
       其の周りにはワラで包んだ箱が幾つも並んでいました。
       これこそが私のお爺さんが生活の為に飼育していた日本蜜蜂でした。

       ある時は「遠い所よく来た」と、絹フルイを顔面に当て頭から風呂敷をかぶり、素手で包丁を使って甘い日本蜂の蜜を採取して
       お土産に一升瓶に詰めた蜂蜜を家に持ち帰り、固まった蜂蜜を棒を差し込み舐めたものでした。
       この時の「日本みつばちの蜂蜜」の独特な美味、風味、コク、香りを今でも覚えています。
       この時が、日本ミツバチとの出会いだったのです。















  蜜箱の手入れ     れんげ畑     みつばち箱の内部   レンゲ蜜の採取    分蜂群の捕獲
 

         日本蜂の飼育



































  




         

    (巣箱上部の完熟蜜層、花粉や幼虫は混入なし。)  (箱枠より取りだした状態の二年越完熟蜜)      (蜜穴には白いロウの蓋をしている)

                   完熟蜜の販売




       数々のインターネット、サイトで日本蜂蜜の付加価値については詳しく解説されていますので、さておきまして・・・・・日本蜂はちみつ工房の
     二年越日本蜂蜜について・・・・・
       通常日本蜜蜂は九州地方では4月上旬に分蜂と言って越冬した巣箱から新しい女王蜂が生まれ、
       今までいた女王蜂が働き蜂を連れて分家すると言われています。
       巣箱から出た蜂は近所の木々や屋根の軒先等にひと塊りになって付きます、これを放置しておきますと自然の巣場所を見つけて飛来していきますが、
       その前にコモなどで捕獲し巣箱に移します。
       分蜂が終わると越冬で食べ残した二年生完熟蜜を7月初旬や9月初旬に採取致します。
       巣箱の最上段の白く蓋をした二年越完熟蜜のみを採り圧縮器で蜜と巣(ハチロウ)に分類します。

     真の蜜とは・・・・・
       日本みつばちの自然な生体で人的援助をせずに採取した蜜です。
       分蜂して空洞の箱にみつばちを入れると、みつばち達がハチロウを口から出して蜂巣を造ります。
       その蜂巣の中に蜜や花粉を貯めはじめ、次に女王蜂が働き蜂の卵を産んでいきます(メス蜂)、働き蜂が多くなると軍勢も良くなり蜜も多く集めてきます。
       蜂の巣は箱の上部より垂れ下る様に厚さ約2,6センチで左右に穴の深さは1,3センチの六角形で並んでいます、
       垂れ下がった巣と巣の間隔は6ミリ程度でこの空間をみつばち達は通路として働いています。
       人工的な援助とは、砂糖水を与えたり抗生物質を与えたりすることや蜜の成分調整を行うことです(過熱や添加物等)。

     完熟蜜について・・・・・・
       みつばちは飼育箱を中心に、2キロ四方に咲いている花の蜜を吸入官より蜜袋に貯めて、足には花粉を固めてだんご状に付けて運んできます、
       巣に帰ると蜜は唾液と一緒に蜜だけの巣に入れます、また花粉は花粉の穴に蓄えます、
       入れ終わると又外に蜜や花粉を採りに夕方暗くなるまで運んできます。
       箱の中では体温で蜜中の水分を蒸発させ濃度を上げていきますが、外気を盛んに取り入れます。
       入口では、沢山のみつばち達が羽を羽ばたきながら箱の中に空気を送り込みます、この様にして蜜中の濃度や醗酵を繰り返しながら熟成していきます。
       完熟蜜が出来上がると巣穴の上部に白い薄い蓋をして完成です。
       この蓋をした蜜こそが完熟蜜と言われるものなのです。











    

蜂蜜商品 

          【日本みつばち】 完熟蜂蜜 (二年越冬蜜)       

                  *日本古来の日本ミツバチを耶馬の山奥で飼育採取した蜂蜜です。
             日本蜂蜜特有の風味、コク、香り、をご賞味ください。



                耶馬の日本蜂 【耶馬の純粋はちみつ】

  

          
                 耶馬の純粋はちみつ3本トリオを新発売
                 内容量左より 550g、 250g、 1100g、です

 



                                                           
                                                            耶馬の純粋はちみつ 内容量1100g入り。
                                                             平成24年産搾りたての生蜂蜜です。希少価値品
                                                             ご家族の健康、疲労回復、栄養補給に・・・・・。

               
                 天然日本蜂はちみつ 内容量550g入り。
                 平成24年産搾りたて生蜂蜜です。
                 疲労回復、ビタミン補給に・・・・・
                                                             


                                                               【耶馬の純粋はちみつ】 内容量250g入り。
                                                                平成24年産採れたて生蜂蜜です。
                                                                美容と健康に、紅茶、ホットケーキ、料理の隠し味に・・・

               



       * 販売数量限定のため、売り切れ次第翌年の予約になりますご了承ください。




                                                                ≪ TOPもどる ≫
            

 飼育販売元 日本蜂はちみつ工房  〒871-0012 大分県中津市大字宮夫39−5  TEL‐FAX 0979−24−4440  

Copyright (C) 2012 Nihonbachi HachimituCoubou. All Rights Reserved.
                                        

hanbai..htmlへのリンク