主な高性能林業機械とその用途

今、林業の活性化を目指し、高性能林業機械化が着々と進みつつあります。

プロセッサ(造材機)

林道や土場などで、全木集材された材の枝払い、玉切りを連続して行い、玉切りした材の集積作業を一貫して行う自走式機械。現在、日本で最も普及している高性能林業機械。
プロハーベスタ(伐倒造材機)

立木の伐倒、枝払い、玉切り、さらに集材しやすいように材を集積するなど、一貫して作業を行う自走式の機械。
北欧では皆伐、間伐に活躍。
フォワーダ(積載式集材車輌

作業道もしくは林道上に造材された短材を、林道端の土場まで積載集材する集材専用車輌。
主として作業路上を走行する。
タワーヤーダ(移動式タワー付集材機)

架設撤去の時間を短縮するため元柱(タワー)を装備した、移動可能な集材機。急傾斜地での作業に向いている。
スイングヤーダ(旋回ブーム式タワー付集材機)

主索を用いない簡易索張方式に対応し、かつ作業中に旋回可能なブームを装備する集材機。
建設用ベースマシンに集材用ウィンチを搭載し、アームをタワーとして使用する。
                   
 フェラーバンチャ(伐倒機)

立木を集材しやすいように特定の方向に伐倒・集積する自走式機械。一般にスキッダやタワーヤーダとの組み合わせで用いる。
 

スキッダ(牽引式集材車輌)

全木材または全幹材を牽引集材する林業専用のトラクタの総称で、クローラ式、ホイール式がある。


トップページへ戻る