「林業」という仕事

 森林は、その産物で私たちの生活を豊かで快適なものにするのをはじめ、国土を守り、環境を保全し、水資源をかん養するなど、人々の日常生活の安定に役立っています。
 いろいろな森林の中で、人が苗木を植えて育てる森林を「人工林」といいます。人工林は木材を再生可能な資源として繰り返し生産することを目的に作られた森林です。
 人工林の木は、きちんと手入れをすれば木材として繰り返し利用できます。人工林の木の多くは、スギやヒノキが中心です。なぜなら育ちが早くまっすぐに伸びるので、木材として使いやすいからです。
 これらの木は収穫され、わたしたちの生活に役立っています。
 再生する資源である「人工林」の手入れは大切な仕事です。



〜年間のおおまかな仕事の流れ〜

林業の仕事の1年の流れ

(2月〜3月)

 立木を伐採した跡地を整理して、苗木を植えられるように準備する仕事。
雑草や枯れ枝などを整理して一定の間隔に並べ、その間に若い苗木を植えて、再び活力ある森林に育てるための第一歩です。

(4月〜5月)

 植える時期は春です。苗木の根が活動を始める時期が根付かせるのに適しています。苗畑で育てられた苗木を1本1本丁寧に植えていきます。

(6月〜8月)

 植えた苗木は小さく、放っておくと成長の早い雑草やかん木に負けて枯れてしまうことがあります。苗木の成長を邪魔する雑草や、かん木を刈り払って苗木の成長を助けます。また、木の幹や樹冠に絡みつき、木の形を悪くするクズ等のつるを取り除きます。この作業を毎年1〜2回、5〜8年続けます。

(9月〜10月)

 余分な枝を切り落とす作業。枝打ちは、節のない良質な木材の生産を行うと共に、木の成育の調整、病虫害等の防除、林内を明るくする等、森林の機能向上を図るための作業です。除伐は、植え付けた苗木の成長を妨げたり、健全に成長しそうにない立木を除いて、活力ある森林に育てるために欠かせない仕事です。

(11月〜12月)

 間伐には木の成長を助けるための間伐と、少しずつ木材を収穫するための間伐があります。

@木の成長を助けるための間伐
 植えてから15〜20年くらいたつと、木と木の間が混み合ってきて、木全体に太陽の光が届かなくなり、そのままにしておくと十分な成長ができなくなります。
 そこで、木の成長を良くするために、成長の悪い木や枯れかかっている様な木を切って、本数を減らします。間伐を怠ると木の成長が悪くなるばかりか、幹のひょろ長い木ばかりになり、強い風や大雪で木が倒れてしまうこともありま
す。

A木材を収穫するための間伐
 
だんだん大きくなってきた木を少しずつ切って、木材として出荷しながら、残った木の成長を促します。木の成長に合わせて何回も間伐を繰り返すと、いろいろな太さの木が生産できます。間伐された木が間伐材と呼ばれます。

(年 間)

 植林してから40年以上経つと、木材として活用できる大きさになります。そのような立木を伐採する作業を行います。
 一年中行いますが、梅雨時期には切った木に小さい穴を開ける虫が発生する時期があるので、梅雨時期には出来るだけ切らないようにします。



トップページへ戻る