ファチマの真実(3)

今から82年前1915年以来、ポルトガルのファチマで起こった歴史的事実についてFrere Michel de la Sainte TriniteのThe Whole Truth about Fatima(tr.from French into English by John Collorafi)を参考にして若干のことを述べ,いくらかの私見も加えてみたいと思います。

目次

マリアの汚れなき御心と霊魂の救い

ポンテヴェドラ:1925年12月10日(木曜日)−5ヶ月の初土曜日の信心−

大いなる約束と6つの条件

トゥイ:1930年5月29日-30日の啓示

マリアの汚れなき御心と世界の救い

第二の秘密

世界平和のための条件

神の懲罰としての戦争

マリアの汚れなき御心へのロシアの奉献

ロシアの誤謬と共産主義の悪

ロシアの奉献−1929年6月13日(火)トゥイの啓示−

彼らは私の要求を顧みることを望まなかった!

マリアの汚れなき御心と霊魂の救い

ポンテヴェドラ:1925年12月10日(木曜日)−5ヶ月の初土曜日の信心−

ルシアはポンテヴェドラのドロテア会修道院に志願者として1925年10月25日から1926年7月20日までいました。1925年12月10日木曜日の夕方、18歳の志願者ルシアに聖母マリアと幼子イエズスが御出現になりました。そのときの様子はルシアの証言によれば、次の通りです。聖母が御出現になり、彼女の横に輝く雲の上に高められて幼子イエズスがいらっしゃいました。聖母はルシアの肩の上に手を置かれ、棘によって取り巻かれた彼女の御心を片方の手に持たれて、それをルシアに示されました。そのとき、幼子イエズスがこう言われました。

「あなたのいと聖なる御母の御心に同情しなさい。それは棘で覆われています。恩知らずの人々はその棘で御心をいつも突き刺しています。そしてそれらの棘を取り除くために誰一人償いの業をしません。」

次ぎに聖母がこう言われました。

「私の娘よ、私の御心を見なさい。それは棘で取り巻かれています。その棘で恩知らずの人々は冒涜と忘恩によって絶えず私の御心を突き刺しています。少なくともあなたは私を慰めるよう努めてください。そして私の名において次のことを告げ知らせてください。私は、償いをするという意向をもって引き続き5ヶ月の間初土曜日に告悔をし、御聖体を受け、ロザリオ5連を唱え、ロザリオの15の玄義を黙想しながら15分間私と共にいるすべての人に、救いのために必要なすべての恵みをもって臨終のときに助けることを約束します。」

ルシアはこの御出現とメッセージを直ぐに院長のマザー・マガリャエスに告げ、またポンテヴェドラ修道院の霊的指導司祭ドン・リノ・ガルシア神父にも報告しました。彼はルシアに後で必要になるかもしれないから、すべて書き留めておくように命じました。ルシアはこの出来事の詳細な説明をアシロ・デ・ヴィラルから来ている霊的指導司祭、ペレイラ・ロペス師のために書きました。12月29日に院長のマザー・マガリャエスはダ・シルヴァ司教に御出現の件を報告していますが、あまり正確ではなかったようです。ペレイラ・ロペス師はルシアに返事の手紙を出しました。その中で彼は留保を表明し、質問をし、待つように勧めました。2月15日にルシアは質問に答え、出来事の詳細な説明をする手紙をロペス師に送りました。

この手紙の中でルシアはロペス師に、聖体拝領の際にイエズスに対してロペス師の手紙を読んであげ、こう申し上げた、と書いています。「おお、私のイエズスよ、あなたの恵みによって、祈り、苦行、信頼をもって私は従順が私に許し、そしてあなたが私に霊感をお与えになるすべてのことをなそうと思います。そのほかのことはあなたが御自身でなさらなければなりません」と。数ヶ月前に一人の子どもに出会った同じ場所で、ルシアはゴミを捨てに行った際に、またその子どもに出会います。以前に会ったときにルシアはその子に「めでたし」を一緒に唱え、「おお、天にいます私の御母よ、私にあなたの御子イエズスを与えて下さい」という祈りを教えたのでした。そしてこの日またその子どもに会ったので、「あなたは天の御母に御子イエズスを求めましたか?」と訊ねますと、その子どもは「あなたは、天の御母があなたに求められたことを世界に明らかにしましたか?」と言いながら、光輝く子どもに変りました。それで、ルシアはその子どもがイエズスであることが分かりこう言いました。「私のイエズス!あなたは読んでさしあげた手紙の中で私の霊的指導司祭が言われたことをご存じです。彼はこの幻視は繰り返されなければならない、私たちにそれを信じさせる事実がなければならない、そして院長様だけではこの信心を広めることはできない、と言われました。」それに対してイエズスはこう答えられました。

「院長一人だけでは何もすることができないことは確かです。しかし、私の恵みがあれば、彼女は何でもできます。あなたの霊的指導司祭があなたに許可を与えること、あなたの上長がそのことのためにこれを告知することが必要です。それが誰に明らかにされたかを人々が知らなくても、人々によって信じられるようになるためです。」

「しかし、私の霊的指導司祭はその手紙の中で、この信心はすでに世間に存在すると言われました。と申しますのは、多くの霊魂は聖母の栄光のために毎月初めの土曜日に御聖体を受け、ロザリオの15玄義を唱えていますから。」

「私の娘よ、多くの霊魂が始めていることは確かです。しかしほとんどの人は最後までやり通しません。そしてやり通す人は約束された恵みを受けるためにやり通すのです。熱心に5ヶ月の初土曜日の信心をする霊魂、あなたがたの天の御母の御心に対する償いをする霊魂は15連のロザリオを唱えるが、しかし生ぬるい、どうでもよい仕方でそうする霊魂よりもずっと私を喜ばせます。」

「私のイエズス!多くの霊魂は土曜日に告悔するのを難しいと感じています。8日以内にする告悔を有効だと認めてくださいますか?」

「初土曜日に御聖体を拝領するときに恩寵の状態にあり、そしてマリアの汚れなき御心に対する償いをする意向を持っているならば、それ以後でも告悔の秘蹟を受けることができます。」

「私のイエズス!ではこの意向を入れることを忘れた人はどうでしょうか?」

「告悔に行く最初の機会を利用して次の告悔のときにその意向を入れることができます。」

イエズスとルシアの会話はこれで終わり、イエズスはルシアの前から姿を消されました。

大いなる約束と6つの条件

聖母マリアの汚れなき御心に対する信心は人間にとって最も大切な永遠の救いが成就されるか否かを決定する臨終に際しての決定的な援助を約束しています。これには5つの条件とこの5つの条件を満たす際に必要な一般的意向が要求されます。

1)5ヶ月続けて初土曜日にミサに与ること

初土曜日の信心はそれ以前からも行われていましたが、初めのうちは15ヶ月続けて行うことが一般的でした。1889年には教皇レオ13世はこの信心を実行する人に全贖宥という特権を与えました。聖ピオ10世は12ヶ月の初土曜日の信心を公式に認め、それを実行する人に全贖宥を与えています。条件は告悔、聖体拝領、教皇の意向のための祈り、でした。1912年6月13日に同じピオ10世はポンテヴェドラを予告するかのように、「神の御母、汚れなきマリアに対する信者の信心を促進し、不敬虔な人々によってマリアの御名と特権に対して犯された侮辱に対する償いをするために、初土曜日の信心に対して全贖宥を認め、これを煉獄の霊魂にも適用できるとされました。条件は告悔、聖体拝領、教皇の意向のための祈り、汚れなきおとめを称えて償いの精神で敬虔に信心を行うことでした。」1920年11月13日教皇ベネディクト15世は8ヶ月の初土曜日信心に対して新しい贖宥を与えることを認めました。 このような伝統を持つマリア信心を私たち弱い人間にもっと容易なものとすることをポンテヴェドラで聖母は約束なさったのです。

2)その間毎月一度告悔の秘蹟を受けること

イエズスがルシアにお答えになったように、告悔は初土曜日当日にしなければならないわけではありません。もちろん、初土曜日になるべく近い日にすることが勧められますが、毎月1回告悔の秘蹟を受ければよいのです。

3)償いの聖体拝領をすること

償いの聖体拝領は償いの信心の中で最も重要なものです。フレール・ミッシェルはその意味と重大さを理解するためには1916年秋の天使による三人の子どもたちの聖体拝領を考えるべきだと言っています。また、パレ・ル・モニアルでの聖心によって要求された9ヶ月の初金曜日での聖体拝領との関連も考えられます。土曜日にミサに与り、聖体拝領ができない場合には、司祭の許可を得るという条件で(個人が勝手に決めてはならない)、日曜日に代えることができます。

4)毎日ロザリオの祈りを唱えること

1917年の御出現では毎回聖母は毎日ロザリオを唱えることを人々にお求めになりました。これはマリアの汚れなき御心に対して犯される侮辱に対する償いのためです。

5)ロザリオの15玄義を15分間黙想すること

ロザリオを唱えることに加えて、聖母はロザリオの15の玄義を15分間黙想することを求めておられます。これは1玄義を15分間ずつというのではなく、全部で15分間ということですから、簡単にできることです。

6)マリアの汚れなき御心の侮辱に対する償いという意向を入れること

この一般的な意向がないならば、上に挙げた5つの行いは無意味になります。聖母が示された棘に取り巻かれた汚れなき御心は罪人たちの冒涜と忘恩が棘のように聖母の御心を苦しめていることを示しています。聖母の御心を慰めるということは私たちの愛と償いの行為によって聖母の御心からそれらの棘を取る去ることを意味しています。

トゥイ:1930年5月29日-30日の啓示

シスター・ルシアはこのときトゥイの修道院にいました。彼女の霊的指導司祭ゴンサルヴェス神父は書面でいくつかの質問を彼女にしましたが、その四つ目の質問は次のようなものでした。「聖母の悲しみを称えるために、なぜ5回の初土曜日なのですか、なぜ9回あるいは7回ではないのですか?」その同じ夜、シスター・ルシアは主に、この質問に対する答えを願いました。この日の夜、いつものように聖時間の祈りをしているときに、この点に関して主から次の啓示を受けました。

「わが娘よ、その答えは簡単です。マリアの汚れなき御心に対して犯される5種類の罪と冒涜があります。

1.汚れなき御孕りを否定する冒涜。

2.聖母の処女性を否定する冒涜。

3.聖母が神の御母であることを否定する冒涜。

同時に聖母が人々の御母であることを拒否する冒涜。

4.子どもたちの心の中にこの汚れなき御母に対する無関心あるいは軽蔑、あるいは憎しみをさえ植えつけることをねらう人々の冒涜。

5.聖母の御像や御絵において聖母を直接侮辱する人々の罪。

ここに、わが娘よ、マリアの汚れなき御心がこの小さな償いの業を私に思いつかせた理由があります。」

マリアの汚れなき御心と世界の救い

第二の秘密

1917年7月13日金曜日に三人の子どもたちに地獄を見せた後聖母は次のように言われました。

−あなたがたは哀れな罪人たちが行く地獄を見ました。彼らを救うために、神は世界の中に私の汚れなき御心に対する信心を打ち立てることを望んでおられます。−

これは第一の秘密の結論に相当する部分です。聖母は続いて第二の秘密を明らかにされました。第一の秘密が個人の救いに焦点を当てているのに対して、この第二の秘密は民族と教会の運命に関わって語られています。現代世界の平和が問題とされています。平和は人間が神に背くとき人間に与えられないということを聖母は告げておられます。

−私があなたがたに言っていることがなされるならば、多くの霊魂が救われ、平和が来るでしょう。戦争は終わるでしょう。しかし、人々が神に背くことを止めないならば、ピオ十一世の御代の間にもっとひどい戦争が起こるでしょう。未知の光によって照らされる夜を見るとき、これが神によってあなたがたに与えられる大きなしるしであるということを知りなさい。神は戦争、飢饉、教会と教皇の迫害によって世界をその罪のために罰しようとしておられるのです。−

−このことを避けるために、私は私の汚れなき御心へのロシアの奉献と、初土曜日の償いの聖体拝領を求めるために来るでしょう。もし私の要求が顧みられるならば、ロシアは回心し、平和が来るでしょう。もしそうでないならば、ロシアは戦争と教会の迫害を引き起こしながら、その誤謬を世界中に広めるでしょう。善い人々は殉教し、教皇は多く苦しみを受け、さまざまの民族が絶滅させられるでしょう。−........

ここで問題になっていることは、個人の霊魂の救いではなくて、民族の戦争あるいは平和、教会の自由あるいは平和です。聖母のこの第二の秘密の主題はキリスト教世界の救いだと言えるでしょう。 第二の秘密を正確に理解するためには、私たちは聖母の「神は世界の中に私の汚れなき御心に対する信心を打ち立てることを望んでおられます」という言葉に常に立ち帰らなければなりません。神の大いなる御計画はすべての霊魂によってばかりでなく、すべての民族によって聖母の汚れなき御心が愛され、称賛され、栄光を帰されることです。神はこの聖母の汚れなき御心にキリスト教世界の上に比類のない恵みの宝を注ぐことをお委ねになりました。神が望まれたことはキリスト教世界が聖母を単に私的にだけでなく、公的に荘厳に崇敬することでした。「世界の中に聖母の汚れなき御心の信心を打ち立てること」は個人の心の中の問題にとどまるのではなくて、公的な教会の、世界の問題です。 ジャシンタが入院するためにリスボンに行く前にルシアに語った次の言葉はこのことを非常によく説明しています。 「....私が天国へ行くのはそれほど先のことではないでしょう。あなたは神が聖母マリアの汚れなき御心に対する世界の信心を確立することを望んでおられるということを人々に知らせるために地上に残るでしょう。このことをあなたが言わなければならないとき、隠してはいけません。神は聖母マリアの汚れなき御心を通じて恵みを私たちにお与えになりますから、彼らがその恵みを聖母にお願いしなければならないということをすべての人に告げてください。そしてイエズスの聖心は聖母マリアの汚れなき御心がイエズスの側で崇敬されることを望んでおられるということを知らせてください。そして人々にまた平和のために聖母マリアの汚れなき御心に祈るように告げてください。なぜなら、神は平和を聖母に委ねられたからです。

世界平和のための条件

1917年7月13日に、聖母は3人の子どもたちに平和の条件についてこう述べられました。「世界のために平和を得、戦争を終わらせるために、ロザリオの聖母をたたえて毎日ロザリオの祈りを続けることを私は望んでいます。なぜなら、ただロザリオの聖母だけがあなたがたを助けることができるからです。」ロザリオを毎日祈るようにという招きを聖母は御出現の度に繰り返されました。世の人々は行動しなければお祈りしても無駄である、と言いますが、聖母はまずロザリオを祈りなさいとわたしたちに勧めておられます。現在もこの聖母の招きは真実だと思います。シスター・ルシアはこのことの緊急性を絶えず強調しています。

聖母はロザリオの祈りの他に、すでに述べた「5ヶ月の初土曜日の信心」を1925年にポンテ・ヴェドラで、そして1929年に後に述べる「聖母マリアの汚れなき御心へのロシアの奉献」をトゥイで、シスター・ルシアに要求されました。この三つの条件が神がマリアを通して世界に示された平和の条件です。「私があなたがたに言っていることがなされるならば、多くの霊魂が救われ、平和が来るでしょう。戦争は終わるでしょう。」1917年7月の時点で言われたこの預言は、第一次世界大戦の終結を予告したものです。すでに1914年7月に始まっていたこの戦争(オーストリア・ドイツ・トルコ・ブルガリアの同盟国側2400万とセルビア・イギリス・フランス・ロシア・イタリア・ベルギー・日本・アメリカ・中国・ルーマニアなど連合国側4300万が戦ったヨーロッパを中心とした大戦争)は丸3年経ってもまだいつ終わるかその行方がわからなかったときに、聖母はその終結を予告されたのです。

聖母がおっしゃっている平和は聖母が「平和の元后(女王)」(Regina Pacis)として世界にお与えになる「キリスト教的平和」(Pax Christiana)であって、「世が与えることが出来ない平和」(illam,quam mundus dare non potest, pacem)です。しかし、第一次世界大戦の終結(1918年11月)の後、世界の平和は長続きしませんでした。すでに第一次大戦の最中、1917年11月7日(ロシア暦10月25日)にロシアではレーニンの率いるボルシェヴィキがケレンスキー臨時政府を倒してソヴィエト政府を樹立する共産主義の支配を始めていました。しかし、共産主義の悪が世界に拡がる前に、世界は第一次世界大戦をはるかに上回る恐るべき第二次世界大戦を経験しなければなりませんでした。ドイツのナチズム、イタリアのファシズム、日本のウルトラ・ナショナリズムという全体主義的・無神論的国家主義による世界再分割の要求貫徹のための侵略戦争という形を取ったと思います。世界の人々は聖母の忠告を無視して神に背くことを止めなかったわけです。神との平和のないところに人間の平和はあり得ないということは、現在もいっこうに変わっていないのではないでしょうか。

神の懲罰としての戦争

現代の人々は、神を信じる人も含めて、神の懲罰ということを信じたがりません。ですから、ファチマの聖母が次のように言われるとき、反発したり無視したりします。何度も引用していますが、聖母は1917年7月13日ルシアにはっきりとこう言われたのです。そしてこの預言通りのことが起こりました。

しかし、人々が神に背くことを止めないならば、ピオ十一世の御代の間にもっとひどい戦争が起こるでしょう。未知の光によって照らされる夜を見るとき、これが神によってあなたがたに与えられる大きなしるしであるということを知りなさい。神は戦争、飢饉、教会と教皇の迫害によって世界をその罪のために罰しようとしておられるのです

ピオ十一世の教皇在任期間は1922年から1939年です。1931年日本は中国侵略を開始し、日華事変を引き起こし、1933年にはヒットラーが再軍備に着手、イタリアは1935年エチオピアを侵略、1938年3月ドイツがオーストリアを併合、39年8月にポーランドに要求提出、聖母の預言通りに実質的に第二次世界大戦が開始されていました。

聖母が預言された「未知の光によって照らされる夜」は1938年1月25日の夜から26日の朝がたにかけてヨーロッパ・北アフリカの空に展開されました。それは専門家が「北極光」(aurora borealis)と呼んだ異常な輝きのことです。1938年1月26日のリヨンの新聞Nouvelliste de Lyonはそれを次のように報じています。

「昨夜、西ヨーロッパの空を異常な大きさの北極光が波打った。それは多くの部局で大騒動を引き起こしたが、最初はそれが大火事だと信じた。.....アルプス地方全域において、多くの人々はこの不思議な光景に非常な興味をそそられた。空は非常に強烈な鮮血色の輝きを発しながら移動する一つの巨大な炉のように燃え立たせられていた。炉の縁はあたかも太陽がまさに昇ろうとしているかのように、白色であった。それは明らかに北極光であったが、しかし、グルノーブル大学理学部のペルス教授によれば、一つの例外的に巨大な北極光であった。」

『フランス天文学協会ブレティン、天文学、気象学、地球物理学月刊誌』は50ページにわたる特集でこの現象を次のように報告しています。

「例外的な美しさをもった北極光が1938年1月25日火曜日の夕方から26日水曜日の朝にかけてフランス、そしてヨーロッパのほとんどすべての国々において見ることが出来た。スイス、イギリスそして同様に西部、南西部、プロヴァンスに至る南東部地域、そしてさらに南部、イタリアやポルトガル、シシリー、ジブラルタル、そして北アフリカにおいてさえ、この現象はこれらの地域の緯度にしては例外的な強度を示した。....

天気は曇りだった。そして夕暮れ頃にはすこし霧雨になった。太陽は一日中見ることができなかった。しかし今、日没後2時間以上たって、雲がなくなり晴れた。北東、北、そして北西の地平線は、夜明けが再び一面に始まるかのように、明るくなった。実用的な目的からはそれは夜明けであった。....しかし、不思議な光をもった夜の曙である。それは北極光である。

青白い、美しい、青緑の光が北東から北西の空に展開している。徐々に上方へと空が深紅色に変わり、そして不規則的な赤い弧が現れる。紫色に染められた雲の一種が北東に圧縮し、それからあたかも一つの神秘的な息によって吹き払われたかのように、北西の方向へと移動して行く。それは積み重なり、波のようにうねり、消え、そしてまた現れる。一方、その色が真っ赤な色からだいだい色にそして黄色に変わって行く巨大な光線は星を覆いながら、天頂にまで登って行く。その光景は、消えたり現れたりしながら、光の振動で変化し、生き物のようで、心を奪うものである。....

通りではパニックが起こっている。『パリが火事だ!』地方のいくつもの村では消防隊が動員されている。....巨大な深紅の光が空いっぱいに拡がっていた。」

同じ雑誌はフランスと外国の特派員からの多くの報告を載せています。

アルプス・ピック・デュ・ミディの観測所で:
「この珍しいオーロラはピック・デュ・ミディ観測所で観測された最初のものであった。それはこの緯度としては非常に稀な現象である。....最初の印象は一つの巨大な火災のそれであった。....」

メーヌ・エ・ロワールのラ・シャペル・サン・ローで、10歳になる生徒の記録:
「昨晩は一つの大きな雲があった。それは血で染めた紙のようだった。それからその雲は大きくなった。それは大きな赤い糸の列になり、上の方へ上がって行った。その下にチョークの線のような白い糸の列が現れた。」

オワーズで、アンリ・ブラン氏:
「最初、それは巨大な地獄の気味の悪い反射だと思われた。....この現象の変則と強度に打たれて村人たちの多くは彼らの家の窓枠から幾分神経質になって観察した。....これらの赤い色の輝きが見られ、また消えた。そして後でかなり長い時間が経って再び現れた。....これらの光り輝く現象はときどき非常に空高く上がり、そして色、輝きにおいてそれらは一つの猛烈な近くの地獄の非常に生々しい反射にまったく比較され得るものであった。....この例外的な天空の光景の強烈さ、その素晴らしい輝き、その巨大な範囲、特にわれわれの地域におけるこの強度で[見られることが]非常に稀であること、一年のうちでこの季節に見られることはさらにもっと稀であることなどは、直ちに社会に教えるべき価値があるとわれわれには思われる。....」

ピカルディーで:
「5時15分に私は北北西の方向に、私が最初遠くにある地獄の結果であると考えた一つの赤熱に気づいた。....10分後に大きな紫色の点がオリオンの方へまっすぐに私たちの頭上を越えて拡がって行った。次ぎに他のもっと小さい、もっと青白い点が現れ、そして消えて行った。しばらく後に、燃える空が私たちの顔に反射した。私の側でその現象に賛嘆していた妻が、私には非現実的に思われる赤い反射の中で私に現れた。7時45分に、赤い輝きはその最高の強度に達した。ほとんど空全体が火事になっているように見えた。第二の[天にできた]ひだは素早く燃え上がった。その輝きは私が腕時計を見て時間を言うことができるほどの明るさだった。その光景は並外れていた。ニュースを求めて私の側にやって来た一人の農夫は非常に真剣に、それは世の終わりを告げていると信じた。....明らかにこの常ならぬオーロラによって頭がおかしくなった雄鳥が日の出であるかのようにときをつくり始めた!」

カーンの小神学校で:
生徒たちは寄宿舎から「大きな赤いシーツ」を見た。「そのシーツを通していくつかの星を見ることができた。」

ヴォークリューズのある証人は同じ表現を使っている:
「空に非常に大きい赤いシーツを見て私は驚いた。しばらくの間それは周辺の地域のどこかでの火事であると私には思われた。その燃える光が雲に反射していた。....私はその現象が続いている間村と周辺の地域の犬どもが吠え始めたことに気がついた。彼らは10時半頃まで吠えるのをやめなかった。」

北アフリカからの証言:
「このオーロラはチュニジアのほとんどすべての場所から見ることができた。それは、同様なものが1891年以来報告されたことがなかったから、一つの非常に稀な現象である。....一般に、それは巨大な赤い色あるいは桃色の光のように見え、多かれ少なかれ白い縞が入っていた。....非常に驚いた土地の人々はその中に神の怒りの警告を見た。ヨーロッパ人たちはそれは一つの巨大な遠くの火事であると考えた

この現象それ自体は超自然的な奇跡ではなく、単に「一つの例外的な自然現象」に過ぎませんが、しかし、それは前もって予告されたものであり、神が世界をその罪のために罰しようとしておられる「しるし」として神によって与えられたものだと理解されるのです。現象自体が客観的に意味を持っているというのではなく、その現象に神は一つの意味をお与えになったと考えることができます。この現象の直後にシスター・ルシアは司教、カノン・ガランバ、修道会の上長、聴罪司祭たちにこの現象の超自然的、預言的な意味を説明しました。しかし、教会の司牧者たちはシスター・ルシアがこの自然現象における神の意志の意味を説明したことを無視して、信徒たちにそのことを明らかにしませんでした。「人々が神に背くことをやめ」て痛悔し、回心するようにという天の要求は聞き入れられず、世界は戦争、それも史上最大、最悪の戦争になだれ込んで行きました。

1946年にジョンゲン神父がシスター・ルシアになぜ戦争前にこのことを公表しなかったのか?と問うた時、それに対して彼女は「誰もそのことを私に求めなかったからです」と答えています。シスター・ルシアが預言者のように、完全に独立して行動することを意図して、彼女の上長の同意なしに、彼女自身の権威に基づいて秘密を明らかにするということは神の御意志ではなかったのです。神の御意志はシスター・ルシアの上長、聴罪司祭や司教たちが協力することを通して聖母マリアの秘密が世界に公表されることでした。ですから、戦争が終わってから公表された秘密の責任をシスター・ルシアに負わせることはできませんし、ましてシスター・ルシアが事が起こった後になってそれを秘密の内容としてでっちあげたというダニス神父の主張はとんでもない誤解です。

フレール・ミッシェルによれば、ファチマにおいて神が第一に目的とされたことは、人々に直接的に、そして民主的に、彼らに回心するように警告を発することではありませんでした。シスター・ルシアが自分のイニシャティヴで秘密の預言を公表したのであれば、そうだったでしょう。そうではありませんでした。神の御計画はそれとはまったく異なっていました。神はマリアの汚れなき御心への信心を通じて世界を救うことを望まれました。しかし、神はまたカトリック教会の司牧者たちがその神的な権威を用いてその信心を荘厳に確立することをも望まれたのです。シスター・ルシアが1917年に聖母から託された秘密を教会の上長たちに知らせて、彼らを通して時期が来れば世界へ、信徒たちへ公表されることを願って、自ら公表することをしなかったのは、神の御意志に忠実であった証拠です。

1941年8月31日に書かれた第三の手記においてシスター・ルシアは懲罰を告知する大いなるしるしの後に彼女が経験した不安な期待の数ヶ月について彼女の司教に思い起こさせました。

「そうであると思いますが、(この天空の現象の正確な本性に関して)神は、その正義が罪ある国々をまさに打とうとしているということを私に理解させるためにこのことを利用されました。この理由で、私は初土曜日の償いの聖体拝領とロシアの奉献をしつこく懇願し始めました。私の意図は全世界のためばかりでなく、特にヨーロッパのために憐れみと赦しを得ることでした。....

神がその無限の御憐れみにおいて、恐るべき瞬間が近づいたということを私に感じさせられたとき、猊下は、機会が提供されるときにはいつでも、私がどのようにそれを指摘する機会を捉えたかを思い起こしてくださるでしょう。」 

ところで、1904年3月30日、ポルトガルのポルトの北にある小さな村バラザルに生まれたアレクサンドリナ・マリア・ダ・コスタは1955年10月13日に亡くなるまで多くのカリスマや神秘的な恵みを受けて聖なる生活を送り、1967年1月14日ブラガで列聖調査が行われ、1973年4月14日にはその調査が成功裡に終わりました。このアレクサンドリナに、1935年8月1日、主が御出現になって、教皇に手紙を書いて、世界をマリアの汚れなき御心に奉献するように求めなさいと次のようにおっしゃいました。「かつて私は私の聖心に人類を奉献するように求めた。今、私は私のいとも聖なる御母の汚れなき御心に人類を奉献するように求める。」彼女の聴罪司祭のイエズス会士ピニョ神父は1936年9月11日にパチェッリ枢機卿に手紙を出しました。枢機卿は聖座にアレクサンドリナの調査を命じ、1937年にブラガの大司教にさらに彼女についての情報を提供するよう求めました。1938年6月にファチマに黙想のために集まった(この時司教たちに説教したのはピニョ神父でした)司教たちは、ダ・シルヴァ司教が教皇に聖母マリアの汚れなき御心へのロシアの奉献の願いを出してすでに1年を経過しても何の返事も貰えなかったので、今度はポルトガルの司教たちの連名で、聖マリアの汚れなき御心への世界の奉献の要求を教皇に対して送りました。ポルトガルにおけるマリアの汚れなき御心によって働かれたきわだった平和の奇跡に教皇の注意を喚起しようとしてのことでした。

教皇ピオ十一世はこのポルトガルの司教団の要求に沈黙を守りました。カレイェイラ枢機卿が1967年に証言したところによれば、レイリアの司教には戦争の7ヶ月前に戦争が切迫していること、その暴力と範囲が伝えられていました。1939年2月6日付けのシスター・ルシアの手紙には、「聖母によって予告された戦争」が切迫していること、「ポルトガル司教団によってなされたマリアの汚れなき御心への奉献のおかげで」ポルトガルには聖母の御保護が約束されていることが述べられていたようです。また、次のように書かれていたと言われています。

「主たる懲罰は霊魂たちにおける神の国を破壊しようとした国々に対する懲罰でしょう。ポルトガルも同様に罪があり、懲罰のあるものを受けるでしょう。しかし、マリアの汚れなき御心がポルトガルを護るでしょう。よき主はポルトガルが償いをなし、自らと他の国々のために祈ることを求めておられます。スペインは罰せられるべき最初の国でした。スペインはまだ終わっていないその懲罰を受けました。そして他の国々に対する懲罰の時が迫っています。神は霊魂たちにおける神の国を破壊しようと欲するすべての国々をその血において純化することを決断なさいました。にもかかわらず、神は、もし人々が祈りそして痛悔するならば、怒りを和らげ、赦しを与えると約束なさいました。」

この手紙が書かれて数日後、1939年2月10日教皇ピオ十一世は亡くなられました。

シスター・ルシアは1939年3月(あるいは5月)に、主から次のメッセージを受け取りました。
「初土曜日にマリアの汚れなき御心を讃えて償いの聖体拝領が広められらることを願い、しつこく願いなさい。私の正義の厳正さがさまざまの国々の罪を罰する時が来ている。それらのうちのあるものは絶滅させられるであろう。遂に霊魂たちにおける私の支配を破壊しようとする者たちの上に私の正義の厳格さが厳しく降るであろう。」

1939年3月19日アパリシオ神父に宛てた手紙の中でシスター・ルシアはこう述べています。「世界の平和かそれとも世界の戦争かということは、マリアの汚れなき御心への奉献と共にこの信心の実行にかかっています。これが私がそのように大いにそして特別にそれが広められることを望んだ理由です。なぜなら、それは私たちのよき主と私たちの愛する天の御母の御意志だからです。」

それから3ヶ月後、6月20日シスター・ルシアはアパリシオ神父に次のような手紙を送りました。「聖母は、もしこの信心が広められ、実行されるならば、戦争の懲罰を遅らせると約束なさいました。私たちはその信心を広めるために努力がなされる程度に応じて彼女が懲罰をそらされるのを見ます。しかし、私は私たちが今している以上にはすることができないということ、そして神がその怒りにおいてその憐れみの手を挙げられ、世界をこの懲罰によって荒らされるにまかせられるということを恐れています。それは以前には決してなかったそのように恐ろしい、恐ろしい懲罰でしょう。」 シスター・ルシアが以前の聴罪司祭であるアパリシオ神父に説明した同じことを、彼女はきっと司教や修道会の上長にも説明したことは疑いのないところでしょう。

しかし、時はもう遅すぎました。1939年8月22日、独ソ不可侵条約が締結され、9月1日ヒットラーはポーランドを侵略し、その2日後イギリスはフランスを誘ってドイツに宣戦布告しました。たびたびの天の警告は顧みられませんでした。ヨーロッパはこの戦争の中に自らを盲目的に投げ込みました。これは聖母が忠告なさった人類の懲罰だったのです。 もう一度1917年7月13日の聖母の預言をまとめて聞きましょう。

戦争は終わるでしょう。しかし、人々が神に背くことを止めないならば、ピオ十一世の御代の間にもっとひどい戦争が起こるでしょう。未知の光によって照らされる夜を見るとき、これが神によってあなたがたに与えられる大きなしるしであるということを知りなさい。神は戦争、飢饉、教会と教皇の迫害によって世界をその罪のために罰しようとしておられるのです。....このことを避けるために、私は私の汚れなき御心へのロシアの奉献と、初土曜日の償いの聖体拝領を求めるために来るでしょう。もし私の要求が顧みられるならば、ロシアは回心し、平和が来るでしょう。もしそうでないならば、ロシアは戦争と教会の迫害を引き起こしながら、その誤謬を世界中に広めるでしょう。善い人々は殉教し、教皇は多く苦しみを受け、さまざまの民族が絶滅させられるでしょう。」

 実にこの戦争で4000万人以上の人が死にました。                                     

マリアの汚れなき御心へのロシアの奉献

ロシアの誤謬と共産主義の悪

私は1939年まで先回りしましたが、もう一度1917年まで戻る必要があります。1929年まで明らかにされませんでしたが、すでに何度も見たように、この1917年の、特に7月13日の聖母の預言は世界史に深く関わっています。聖母はロシアの誤謬ということをはっきりと述べられました。聖母マリアが1917年7月13日の預言でロシアについて述べられたことは、世界平和がロシアの奉献とそれに伴うロシアの回心にかかっているということでした。ロシアの回心がなければ、世界には第一次世界大戦よりもはるかに恐ろしい戦争が起こるという預言は実現しました。戦争だけではなく、教会の迫害、教皇の苦しみ、民族の絶滅が預言されました。

第一次世界大戦がまだ終わっていない1917年、聖母の御出現が始まる3ヶ月ほど前の2月にロシアのペトログラードで反乱が起こり、皇帝ニコラス2世は3月15日退位を迫られました。4月レーニンが密かにスイスからドイツ政府の保護の下に鉛で封印された列車に隠れてロシアに戻りました。ニューヨークのユダヤ人銀行家たちの財政援助を受けたボルシェヴィキは合計すれば32万部にもなる17の日刊紙を発行してプロパガンダを強めていました。7月にフリーメーソンで民主主義者のケレンスキーが政権を握りますが、9月に起こった軍のコルニロフ将軍の反乱に対して、政権を渡すことを拒否してボルシェヴィキに援助を要請したことが彼の命取りになりました。ボルシェヴィキがコルニロフの軍隊に対するレジスタンスの指導権を握り、軍隊の大多数がコルニロフに従わないのを見て、コルニロフ将軍はボルシェヴィキの側につきます。ケレンスキーは9月14日共和国樹立を宣言しますが、時すでに遅しで、セント・ベテルスブルグそしてモスクワのソヴィエトがボルシェヴィキにはせ参じます。10月25日ボルシェヴィキは冬宮を攻撃して占領し革命は勝利しました。

この後に起こったことはまさに聖母の預言だった教会の迫害でした。1918年1月20日、教会と国家の分離、教会財産の没収、その法的諸権利の抑圧を布告する法令が出されました。ボルシェヴィキの戦闘的無神論はまず第一の敵であるキリスト教の撲滅に乗り出したわけです。ボルシェヴィキの憎しみはしかし宗教の枠を越えて、ボルシェヴィキでないすべての者に向けられました。教会に忠実な信徒であったロマノフ王朝の最後の人々は1918年7月16日から17日にかけて、エカテリンブルグで側近の人々と共に暗殺されました。襲ったのはドイツの囚人たちだと言われていますが、実際はモスクワから送られたユダヤ人の暗殺者たちでした。ボルシェヴィキが取ったやり方は、ソルジェニーツィンの言い方を借りれば、「ジャコバン・テロリズム」でした。フランス革命でもそうでしたが、自由、平等、友愛をスローガンにしながら、実行したのは組織的、制度的な恐怖による自由と平等の抑圧、いな圧殺でした。

1917年10月、農民たちは富裕な土地所有者から没収した土地を与えられましたが、その土地の収穫を全部供出させられたので、至る所で反乱を試みました。8月9日にレーニンは「容赦ない大衆恐怖の効果をあげる」ことに決め、この時に強制収容所を作っています。この強制収容所では秘密警察がまだ射殺していなかった政権の敵たち、すなわち、ボルシェヴィズムに反対する、あるいは反対しそうなインテリ、農民、軍人などあらゆる人たちが容赦なく消されました。

1919年11月にモスクワの総主教ティホン師はヨーロッパに向けて悲痛な訴えを出しました。「司教、司祭、修道者、修道女たちが『反革命』という曖昧な口実のもとに<ひとまとめにして>銃殺されています。残酷さに磨きをかけて彼らには秘蹟という至高の慰めが拒絶され、一方彼らの親族は彼らの遺体をキリスト教の儀式に従って埋葬することができないのです。」

1922年にメルシエ枢機卿が最初の数字を公にしました。「迫害の犠牲者の統計は恐るべきものである。1917年11月以来、兵卒26万人、将校5万4千人、土地所有者1万8千人、労働者19万2千人、農民81万5千人、司教28人、司祭1,215人が死刑にされた。....司教,司祭たちの数には、聖なる器物の没収を命じる法令に協力することを拒否したことでこの数ヶ月間に判決を受け、処刑されたまだ知られていない数の正教およびカトリックの両方の司祭たちの数をつけ加えなければならない。」

実際、1922年2月26日の法令は、聖別されたものを含む教会のすべての財産を没収しました。信徒たちはそれに反対することを試みました。次のように言われています。「3ヶ月の間に、信徒たちと軍隊の間に1,414件の流血事件が報告された。」レーニンは政治局員全員を教育するためにこのことを利用しました。彼はこう言います。「今は数年の間彼らがどんな種類の抵抗も考えないために教訓を与える、まさに最もよい機会だ。....われわれは反動的なブルジョワと反動的な聖職者たちの代表を出来る限り多く逮捕しなければならない。....1922年には全部で8,100人の司祭、修道者、修道女が銃殺された。」

革命はいたるところに荒廃をもたらしました。飢饉がロシアに襲いかかりました。無数の農民が革命以来殺され、移住させられて減った上に、1918,1919,1920年の3年間全収穫物を強制的に供出させられて、農民たちは赤軍と共産党員のためにだけ種を蒔き、働くことに意気阻喪しました。労働者もサボタージュを繰り返し、工場や輸送機関は散発的にしか機能しなくなりました。1921年には事態は恐るべきものとなりました。食糧、衣料、燃料がなく、病院には医薬品がなくなり医師、看護婦がいなくなりました。セント・ペテルスブルグでは多くの人々によって木造家屋が燃やされたりしました。レーニンと共にロシアに戻ったジノヴィエフは、1918年9月にこう述べたと言われています。「われわれは勝つであろう。ロシア人のうち、9千万人はソビエトの権力下に置かれる。残りの人間?われわれは彼らを絶滅するつもりである。」ツァー(ロシア皇帝)の帝国は1億8千万人を擁していました。戦争と革命が人口を約1億3千万人に減らしました。それでも、ジノヴィエフの計算によればまだ4千万人多いということになります。1918年ペトログラードのソビエト公式機関には次の言葉が掲げられていました。「われわれはわれわれの心を残酷に、過酷に、容赦のないものにするであろう。われわれはこの血の海のダムを開くであろう。同情や憐れみを持つことなく、われわれはわれわれの敵を無数に殺すであろう。われわれは彼らを彼ら自身の血の中に沈めるであろう。」しかし、機関銃を用いるよりももっとすばやく、もっと静かに、手続きも要せずに、飢饉が彼らの意図を実行しました。

1924年レーニンが死んだ後、ライバルたちを倒したスターリンは1929年に決定的な権力を確立します。 1925年には「戦闘的無神論者連盟」が作られ、その機関誌「ベズボジニク」は講演会を開催し、涜神的なデモをやったりしました。この連盟は特に青少年の間に無神論を広め、またより効果的に宗教に対する闘争をするために映画を見せ、博物館を作りました。1929年4月9日の法律は迫害をさらに強める口実を与えました。これによって歴史的建造物を含む多くの教会が取り壊されました。8月27日には「連続した週」の制度が導入されましたが、これは日曜日(主日)を停止するためでした。秘密警察(KGB)は数年の間にウクライナのカトリック聖職者を全滅させました。1929年11月スターリンはコルホーズ(集団農場)制度を実施し、富農(クーラーク)の追放(dekulakization)を実行しました。富農たちは家族もろとも暖房のない貨車で数千マイルを僻遠の地であるウラル、シベリア、カザフスタンなどに送られ、多くの者が途中で死ぬか、あるいは到着すると死にました。これら追放された人々は人気のない場所すなわち森林地帯、山岳地帯、草原地帯に置き去りにされました。富農追放による農村の荒廃は1932-33年に飢饉を招き、それはその範囲とその犠牲者の数において1921-22年の飢饉よりもひどいものでした。国家は飢饉を農民に対する市民戦争の武器として利用し、飢饉の度を強めることに貢献しさえしていました。農民たちが飢餓で死んでいるときに、政府は小麦の輸出をし続けていたのですから。犠牲者の数を正確に知ることはできません。確実に言えることは秘密警察がスターリンに350万人のクーラークの抑圧について報告したということです。スターリン自身がチャーチルに「集団農場化の期間に1千万のクーラークに対して正義が行われた。彼らの大部分は絶滅させられ、他の者はシベリアに送られた」と得意げに語りました。まじめな人口統計学者たちは1929−1933年の飢饉の犠牲者の数を少なくとも1千500万人と見積もっています。すぐに絶滅させられずに生き残った人々が送られたのはグーラーグ(収容所)でした。彼らは1928年の工業化5カ年計画のための無限に供給可能な原料として奴隷労働に従事させられました。以後ソビエト連邦共和国は「収容所群島」と化しました。

私たちはマルクスやレーニンの著作を研究するよりも、ボルシェヴィキ・ロシアの歴史の中に共産主義の真実の姿を見なければなりません。「木はその実によって知られる」からです。ボルシェヴィキ革命は常にどこででも非人間性の深みに落ち込みました。そして誤謬と悪魔的な支配を拡大し、虚偽、暴力、殺人を制度的、法的に拡大しながら、真実と正義と平和の名を騙りました。私たちはソビエト連邦の崩壊を目の当たりにしてもまだ共産主義の真の姿に幻想を抱いているところがあるかも知れません。ソビエト連邦の崩壊を単なる経済システムの破綻として理解するのは間違いです。自由経済に移行すれば、「ロシアの誤謬」が終わりを告げたと考えるのは誤解です。共産主義は単なる経済のシステムではありません。聖母マリアが預言された戦争、飢饉、教会の迫害は「ロシアの誤謬」の具体的な現れとして、第二次世界大戦が始まるずっと以前、1917年以来ロシアの地で実現されていたのです。しかも、この共産主義の悪はロシアの地にとどまらずに、その後全世界へと拡大されて行ったことは歴史が証明しています。

ロシアの奉献−1929年6月13日(火)トゥイの啓示−

私は5ヶ月の初土曜日の信心に関して、シスター・ルシアがトゥイの修道院で1930年5月29-30日にイエズスから受けた啓示について話しましたが、実はその1年くらい前、1929年6月13日に彼女は同じ修道院で幻視を経験していました。それは汚れなき御心の聖母マリアを伴った聖三位一体御出現とロシアの奉献に関するイエズスの啓示でした。1936年5月に彼女の霊的指導司祭であったゴンサルヴェス師がシスター・ルシアに自伝を書くように求めて、書かれた[オリジナルのものはルシアによって破棄されましたが、1941年4月にゴンサルヴェス師がルシアに会って再現しました]記録から、そのときの様子を知ることができます。

「ゴンサルヴェス神父様はときどき私たちの聖堂に告解を聞きにお見えになりました。私は神父様に告解をしていました。神父様に対しては落ち着きを感じることができましたので、ここに上長として3年間いらっしゃった間ずっと神父様に告解をしていました。

「この度、私たちの主はロシアの奉献のお望みとロシアを回心させる御約束とを聖なる教会に知らせるように私にお望みになる時が来たことを私にお知らせになりました。....そのお知らせは次のようにして起こりました。」

「(1929年6月13日)私は木曜日から金曜日にかけて午後11時から真夜中までの聖時間をしたいと私の上長と聴罪司祭に求めて許しを得ました。」

「夜独りで聖堂の真ん中の聖体拝領台の前で跪き、天使の祈りをひれ伏して唱えました。疲れを感じて、立ち上がり、跪きました。そして腕を十字架の形に伸ばして祈りを続けました。唯一の光は聖櫃からの光でした。」

「突然ある超自然的な光が聖堂全体を照らしました。そして祭壇の上に天井まで届く一つの光の十字架が現れました。」

「十字架の上の部分、いっそう明るい部分に一人の人のお顔と胸から上のお身体を見ることができました。」

「その方の胸の上には同じように光り輝く一羽の鳩がいました。」

「そして十字架に釘づけにされて、他のお方の身体がありました。」

「その少し下に、空中にカリスと大きなホスチアがかかっており、それらの上には十字架に付けられたお方の顔とそのお胸の傷から数滴の血が滴り落ちていました。これらの血の滴はホスチアの上を流れくだり、カリスの中へ落ちていました。」

「十字架の右側下方に、汚れなき御心をその手にされた聖母がいらっしゃいました。....[それは汚れなき御心を....その手にされたファチマの聖母でした。....その御心は剣の突き刺さった、あるいはバラに取り囲まれた御心ではなく、茨に取り囲まれ炎の冠のついた御心でした。....]」

「(十字架の)左側には何か大きな文字があり、あたかも祭壇の上に流れ落ちる水晶のきれいな水のようでしたが、『恩寵と憐れみ』という言葉を形作っていました。」

「私はそれが、私に示された至聖三位一体の神秘であるということ、そして私が明かすことを許されていないこの神秘についての光を受けたということを理解しました。」

「それから、聖母が私にこうおっしゃいました。『神が教皇に、この手段によって救うことを約束なさりながら、世界の全司教と一致して、私の汚れなき御心へのロシアの奉献をするようにお求めになる時が来ました。』」

「『私に対して犯される罪のために神の正義が断罪する霊魂たちがあまりにも多いので、私は償いを求めるために来ます。この意向のためにあなた自身を犠牲にし、祈りなさい。』

「私はこのことについて私の聴罪司祭に説明しました。彼は私たちの主が為すように望んでおられることを書くように私に命じました。」

「しばらく後に、私たちの主は、内的語らいという手段によって、不満を表明されながら、次のように私におっしゃいました。『彼らは私の要求を顧みることを望まなかった!....フランスの王のように彼らは後悔し、私の要求を顧みるであろう。しかしもう遅いであろう。ロシアは戦争と教会の迫害を引き起こしながら、すでにその誤謬を世界中に広めてしまっているであろう。教皇は多く苦しまなければならないであろう。』」

シスター・ルシアは1930年に同じくゴンサルヴェス師に書いた手紙の中で、少し言い回しを変えて天の要求を次のように述べています。

よき主は、もし教皇様が御自身、同じことをするようにカトリック世界のすべての司教様に同様に命じて、イエズスとマリアの聖なる御心に対して償いとロシアの奉献の荘厳な行為をなさるならば、ロシアにおける迫害を終わらせることを約束なさっています。教皇様はそのとき、この迫害が終わるときには、すでに述べました償いの信心の実行を認め、勧めると約束なさらなければなりません。

1917年7月13日にルシアたちが見せられた地獄は哀れな罪人たちの霊魂がが行く地獄でしたが、1929年6月13日に聖母がルシアにおっしゃりたかったことはこうではないでしょうか?「あなたは真の共産主義グーラーグの生ける地獄に見捨てられた哀れな人々を圧倒する飢饉、戦争、迫害を見ました。」彼らを救うために聖母は執拗にこう言われたのでしょう。「神は世界の中に私の汚れなき御心に対する信心を打ち立てることを望んでおられます。」1929年はすでにスターリンがグーラーグの血に染まった恐怖を最高度にまき散らしていた時期ですが、そのときに、神はルシアに教会がロシアを聖母マリアの汚れなき御心に奉献すれば、ロシアの回心を約束することを、教会に知らせるように望まれたのでした。神の御約束は「ロシアの迫害を終わらせること」であり、「ロシアを救うこと」でした。残虐な殺戮、冷酷に計画された飢饉、諸々の迫害、秘密警察の襲撃、愚かで非人間的な集団化、これらすべてのことは神の御母、すなわちロシアの人々がそのイコンを密かに崇敬し続けたテオトコス(神の御母)、の強力な仲介によって終わらせられるべきものでした。

ソルジェニーツィンはその著『西欧の誤り』(1980年)の中で、ソビエトのイデオロギー的、軍事的膨張主義についてこう言っています。「共産主義は、公然たる戦争によってであれ、政府転覆的ないしテロリスト的な活動によってであれ、あるいは社会構造の安定をなくさせることによってであれ、世界征服の野望を自ら断念することはできない。....共産主義それ自身からは何一つ希望され得ない。共産主義の教義とは何一つ妥協は不可能である。われわれは、全世界における共産主義の全体的な勝利か、それとも至る所でのその完全な消滅かのいずれかを予見することができる。ロシアにとって、中国にとって、そして全世界にとって唯一の救いは共産主義を拒否することのうちに存する。さもなければ、世界は破滅させられ、絶滅させられる危険を冒すのである。」

これはまさに、1917年7月13日ファチマにおける聖母の預言を思い起こさせる発言です。「もし私の要求が顧みられるならば、ロシアは回心し、平和が来るでしょう。もしそうでないならば、ロシアは戦争と教会の迫害を引き起こしながら、その誤謬を世界中に広めるでしょう。善い人々は殉教し、教皇は多く苦しみを受け、さまざまの民族が絶滅させられるでしょう。」ロシアにとって、そして全世界にとっての唯一可能な救いはロシアの回心です。そしてこのロシアの回心の方法は、1929年6月13日トゥイにおいて、神の恩寵と憐れみのうちにシスター・ルシアに示されたのです。つまり、世界の全司教たちと一致した、教皇による聖母マリアの汚れなき御心へのロシアの奉献を神はお望みになりました。ロシアの奉献による神の平和の実現はこのようにして教皇様の決断にかかることになりました。

彼らは私の要求を顧みることを望まなかった!

ピオ十一世の教皇在位中にロシアはマリアの汚れなき御心に奉献されませんでした。また、5ヶ月の初土曜日の信心もローマによって公式に承認されませんでした。

ポンテヴェドラおよびトゥイでの御出現でルシアに明らかにされた神の御意志、すなわち5回の初土曜日の信心は修道会上長のマザー・マガリャエスや聴罪司祭のイエズス会神父ジョゼ・アパリシオ師の努力によってドロテア会の学校の生徒たちおよび父兄たちの間に急速に広まりました。1927年12月17日シスター・ルシアは聖櫃の側でイエズスのお声を聞きます。聖母から初土曜日の信心に関してルシアが聞いたことを書きとめなさい、ということでした。1928年9月9日に彼女はカノン・フォルミガオに会い、初土曜日の信心について話します。カノン・フォルミガオはポンテヴェドラの御出現の最初の使徒となるべき人でした。1929年6月1日教皇使節ジョヴァンニ・ベダ・カルディナーレがトゥイの修道院にルシアに会いに行きました。ルシアはこのとき教皇の代理者であるこの人に勇気を出して初土曜日の信心について教会の承認を求め、そのことを翌日ダ・シルヴァ司教に手紙で報告しています。司教の反応はルシアをがっかりさせるものだったようです。アパリシオ神父は1929年8月16日にトゥイにルシアを訪ねた後、ダ・シルヴァ司教にルシアが聖母のために初土曜日の信心が広められることを切に望んでいる旨手紙を書いています。ルシアは2度目の手紙をダ・シルヴァ司教に書きますが、司教からは返事を得ることはできませんでした。司教は9月29日にアパリシオ神父に手紙を書き、こう言っています。「初土曜日の信心はよいものです。しかし、その時はまだ来ていません。このことはそれが修道院や学院内で広められるべきでないということを意味するものではありません。」アパリシオ神父はそのことをルシアに知らせ、12月15日ルシアはアパリシオ神父に返事を書き、その中でこの時点でもまだダ・シルヴァ司教からの返事を貰っていないことを明かしています。

1930年5月の終わり頃ルシアはゴンサルヴェス神父の命令によって次のような手紙を書きました。

「これはマリアの汚れなき御心への償いの信心およびロシアにおける迫害に関して神と私の霊魂との間に起こったと思われることです。」

「私たちのよき主は私の心の奥深くで、1925年に神御自身と祝せられたおとめが、この小さな信心を通じて、マリアの汚れなき御心に背いた霊魂たちに許しをお与えになるためにお求めになったマリアの汚れなき御心に対する信心を教皇様が承認なさるように願うことを私に強く要求なさっていると思われます。祝せられたおとめ御自身はこの信心を実行する霊魂を、その死の時にその救いに必要なすべての恩寵でもって助けることを約束なさいました。この信心は次のことから成っています。引き続く5ヶ月の初土曜日に御聖体を拝領すること、ロザリオの祈りをすること、ロザリオの玄義を黙想しながら聖母を訪問すること、同じ目的をもって告解に行くこと。告解の秘蹟は他の日に受けることができます。」

「もし私が誤っていないならば、よき主は、もし教皇様御自身がイエズスとマリアの聖なる御心へのロシアの償いと奉献という荘厳で公的な行為をしてくださるならば、同様にまたカトリック世界のすべての司教様たちに同じことをするようにお命じになるならば、そしてもし教皇さまがこの迫害が終わったときにすでに述べました償いの信心の実行を承認し、推奨なさるならばロシアの迫害を終わらせることを約束なさいました。」

「私は思い違いをしているのではないかと大変恐れているということを申し上げます。そしてこの恐れの原因は私が主を親しく見ていなくて、ただ主の神的現存を感じたにすぎないという事実です。」

「修道院長様にこのことを申し上げることについて私が抱きました躊躇の気持ちはどこから来るのか、正確には分かりません。恐らく一部は院長様がこのすべてのことをお認めにならないかもしれない、あるいはそれは妄想、あるいは悪魔の暗示や何かそのようなことだとおっしゃるかもしれないという恐れかもしれません。」

「私はうやうやしく閣下の御手に接吻いたします。」

ゴンサルヴェス神父はルシアのこの手紙を5月29日に受け取り、それを読んでその日のうちにルシアに対して次の質問状を出しました。彼は司教や教皇に伝達するための完全に明白な文書を欲したのです。

「どうか出来る限り便箋で次の質問に答えてください。
1.土曜日の信心があなたに啓示されたのはいつ、どのように、どこでか。換言すれば、その日付(もしあなたが知っているならば)、機会、そして様式。
2.要求される条件。すなわち、この信心の成就に際して要求されることは何か。
3.利益。すくなくとも一度それを実行する人々にどのような恵みが約束されるのか。
4.聖母の悲しみのために9回あるいは7回ではなくて、なぜ5回の土曜日なのか。
5.土曜日に条件をすべて満たすことができない場合それは日曜日に満たすことができるか。例えば、 田舎に住んでいる人々は遠く離れて住んでいるから、(土曜日に)そうすることができないことが非常に多い。
6.可哀想なロシアの救いに関して、あなたは何を望みまた欲するか。

このゴンサルヴェス神父の質問に対してルシアは同じ日の5月29日の夜、礼拝と償いの聖時間の時に問われた質問に答えるために必要な内的照らしを願ってそれを受けました。数日のうちにルシアは返事を書き、ゴンサルヴェス師はそれを1930年6月12日に受け取りました。問いに対する返事についてはすでに触れた通りです。1から3についてはルシアが1925年12月10日ポンテヴェドラで、4から6については1930年5月29日トゥイで受けた啓示です。

ゴンサルヴェス師はルシアから返事を受けた翌日6月13日にルシアのこの手紙のコピーをレイリアのダ・シルヴァ司教に送りましたが、司教はこの問題についてすでに知っており、それについて考えようとしている旨7月1日にゴンサルヴェス師に答えています。ダ・シルヴァ司教は8月28日初めてトゥイに来て、ルシアと会って話をしています。

ダ・シルヴァ司教の返事に失望したゴンサルヴェス師は別のルートで教皇ピオ十一世にルシアの手紙の内容を伝えた模様です。その時期は1930年7月から1931年8月の間だと、フレール・ミッシェルは考えています。

1929年6月13日トゥイに御出現になったときのことをルシアはこう述べています。「聖母が私にこうおっしゃいました。『神が教皇に....世界の全司教と一致して、私の汚れなき御心へのロシアの奉献をするようにお求めになる時が来ました。』ルシアはその前にこうも述べています。「私たちの主はロシアの奉献のお望みとロシアを回心させる御約束とを聖なる教会に知らせるように私にお望みになる時が来たことを私にお知らせになりました。」神は不可能なことを決して要求なさいませんから、1929年-1931年は神の御計画を実現するに最も好都合な時期だったはずです。最も好都合であるという理由の第一は、この時期ファチマ御出現の調査記録が教皇の下に届き、太陽のダンスや奇跡的な癒しや無数の回心によってレイリアの司教によるファチマ御出現の公式承認が為された時期であり、聖母のメッセージの重大性を教皇は知っておられたからです。

次ぎに聖心へのロシアの奉献についても、歴史的に先例がありました。1899年6月11日教皇レオ十三世はイエズスの聖心に全世界を奉献されましたし、聖ピオ十世は毎年それを更新することを命じられました。そしてピオ十一世自身1925年にこの奉献を王たるキリストの祝日に更新すべきことを命じられました。カトリックから分離した正教の、そしてボルシェヴィキのロシアを、ロシアの政府や正教指導者が参加することなしにローマカトリックの教皇と全司教が奉献することに神学的な困難があったのでしょうか?レオ十三世は1989年5月25日回勅『聖なる年』(Annum Sacrum)の中で、全世界および全民族は異端的、分派的あるいは異教的であるとしても、イエズスの聖心に奉献されることができると説明しました。「キリストの力は同様にまたキリスト教信仰の外部に生きているすべての人々にも及ぶ」からです。

第三に、聖マリアの汚れなき御心がイエズスの聖心と密接に結びつけられることが天の意志でした。ロシアの奉献は「イエズスとマリアのいと聖なる御心に対して」なされなければなりませんでした。 この奉献を可能とし、かつ容易にする素晴らしい、摂理的な準備がすでにできていました。かなり前から聖マリアの汚れなき御心への奉献の請願が聖座には来ていました。例えば、1900年にリヨン・フルヴィエール国民マリア会議が請願を行い、また同年デシャン師によってトゥールーズにマリア十字軍が設立されましたが、その目的はマリアの汚れなき御心への個人、家庭、小教区、司教区そして全人類の奉献を促進することでした。聖ピオ十世教皇の在位期間にはこの請願は非常に多くなりました。 1917年7月13日に聖母マリアは「私は私の汚れなき御心へのロシアの奉献と、初土曜日の償いの聖体拝領を求めるために[後に]来るでしょう。もし私の要求が顧みられるならば、ロシアは回心し、平和が来るでしょう」と預言され、世界の奉献ではなくて、ただボルシェヴィキ・ロシアだけの奉献をお求めになりました。1929年6月13日に預言通り聖母はその時が来たことをルシアにお知らせになり、それを教皇に知らせ、教皇がそれを実行することを望まれたわけです。もし教皇が聖母の要求をキリスト教世界に知らせ、実行されていたならば、全キリスト教世界の間にマリア信心の熱狂と巨大な運動が起こっていたでしょう。

最後に、ロシアの誤謬の広まりはどうだったのでしょうか。ピオ十一世が教皇座についた1922年以来、ロシアは教皇の最大関心事でした。教皇はロシア人の悲惨を少なくし、血生臭い迫害を終わらせるためにあらゆることを試みました。1922年、教皇は「世界の救世主、ロシアを救い給え!」という射祷に贖宥を与えました。しかし、1924年にはボルシェヴィキ革命がキリスト教世界の一部であるメキシコで猛威を奮い始めました。1928年ヴァチカンとソビエト政府とのすべての関係が断絶し、スターリンは以前よりもっと冷酷に迫害と虐殺を再開しました。1929年8月19日教皇はロシア人民を幼き聖テレジアの保護に委ね、贖宥のついた祈りを出しました。1929年11月、ローマ、パリ、ロンドン、プラハ、ジュネーブ等の都市でロシアが経験している迫害について人々に知らせるための会議が開かれました。

 ピオ十一世はそれ以上のことを何かしなければならないということを理解されました。彼は1930年2月2日ポンピリ枢機卿に宛てて公開書簡を書かれ、次のように述べておられます。

「ロシアの無数の人々の間で毎日繰り返され、ますます悪化している神と霊魂に対する恐るべき罪と冒涜を考えるとき私たちは深い悲しみを感じます。この聖なる普遍的、使徒的なローマ教会の多くの信徒、修道者そして寛大な聖職者たちがこれらのロシアの人々に属しています。彼らは壮烈なまでに、そして殉教するまでに信仰が深く、寛大でした。

 非常に多くの冒涜と不敬の行為が新たになされ、当局によって公的に為されていることはより普遍的で荘厳な償いを要求します。今年クリスマスの聖なる日々の間に単に数百の教会が閉鎖され、多くのイコンが燃やされ、すべての労働者や学校の子どもたちが労働を強制され、日曜日が廃止されただけでなく、工場労働者は男も女も公式の棄教と神に対する憎しみの宣言に署名することを強制されました。さもないと、彼らはパンの配給切符、衣料、宿泊を取り上げらるのです。それらのものなしには、この哀れな国のすべての住民は飢えと悲惨と寒さで死ななければならないのです。他のこともいろいろありますが、昨年クリスマスの聖なる日々に、全ての都市と多くの村々で、恥ずべきカーニヴァルの見せ物が組織されました。外国の外交官たちが自らの目で見たように、首都モスクワの中心でもそうでした。彼らは聖なる祭服を着て、嘲笑しながら十字架を担い、十字架に唾を吐きながら、多くの無頼漢を乗せた戦車の行進を目撃しました。一方他の装甲車群は巨大なクリスマス・ツリーを運んでいましたが、ツリーにはカトリックとオーソドックスの司教たちを表す人形が首吊りにされていました。町の中心には他の若者たちの愚連隊が十字架に対するあらゆる種類の涜神行為を犯していました。

 ですから、私たちはできる限り努力してこれらすべての涜聖行為に対する償いの行為をし、また全世界の信徒を償いをするように招きたいと思っています。それで私たちは、猊下よ、1930年3月19日、聖ヨゼフの祝日に聖ペトロ大聖堂に来て、そこで使徒の頭の墓の上で、この苦しい試練がついに終わり、人々が私たちの唯一の救い主にして解放者である主イエズス・キリストの唯一の群へできるだけ早く立ち返るように、そのように困難で苦しみに満ちた試練に会っている多くの霊魂の救いのために、また愛するロシアの人々の救済のために、イエズスの神的な聖心への犯罪的な攻撃に対する償いのミサを捧げることに決めました。聖心に赦しを願い、犠牲者たちと殺人者たちにも御憐れみを求めた後に、私たちは神の御母、聖なる汚れなきおとめマリア、その浄配、普遍教会の守護者、ロシアの特別の保護者である聖ヨゼフ、聖なる天使たち、洗礼者聖ヨハネ、聖クリゾストモス、聖キリルと聖メトディウスおよび他の多くの聖人たち、そして特に、私たちが特別にこれらの霊魂の未来を委ねた幼きイエズスの聖テレジアに嘆願します。」

ファチマに関して日本語で読める書物を数点紹介します。

*矢代静一(文)・菅井日人(写真):奇蹟の聖地ファチマ、講談社
*菅井日人:聖母マリアの奇蹟 −メジュゴリエ/ファチマ/ルルド−、グラフィック社
*ヴィットリオ・ガバッソ、志村辰弥(共訳編):現代の危機を告げるファチマの聖母の啓示、ドン・ボスコ社
*渡辺吉徳(編訳):ファチマのロザリオの聖母、ドン・ボスコ社
*アントニオ・アウグスト・ボレッリ・マシャド著、特別寄稿:プリニオ・コヘイア・デ・オリヴェイラ、成相明人訳:ファチマの聖母 そのメッセージは希望の預言か?悲劇の預言か?『フマネ・ヴィテ』研究会
  

最終更新日:99/11/24

ファチマの真実(1)へ

ファチマの真実(2)へ

マリア様のページへ

トップページへ

E-メール:mikami@po.d-b.ne.jp