ファチマの聖母マリア

世界の奴隷化か、それとも平和か...
それは教皇にかかっている

ニコラス・グルーナー神父と他のファチマ専門家たち

教皇は一歩先へ進まれる

-- 1984年3月25日は喜びの原因そして更新された努力である --

Father Nicholas Gruner 著

1984年3月25日のマリアの汚れなき御心への世界の奉献の行為は大きな喜びの原因であろう。それは教皇が世界中のすべてのカトリック司教たちにそのような行為において彼に加わるように個人的に求められた最初の時である。教皇ヨハネ・パウロ二世がこの奉献の行為を公的に挙行されたのはこれが三度目である。そしてそのように重要なマリアの祈りにおいてそのように多くのカトリック司教たちが積極的に教皇に加わったのは始めてである。

1982年5月13日にファチマで教皇ヨハネ・パウロ二世は多くの司教および枢機卿の列席する中で世界を奉献された。再び1983年10月16日に、ローマにおける1983年司教会議に参加した多数の司教たちの列席の下に、教皇ヨハネ・パウロ二世は聖ペトロ広場でマリアの汚れなき御心に世界を奉献された。しかしいずれの機会にも、全世界の司教たちは教皇に積極的に加わるように求められなかった。今回は彼らはそのように求められた。教皇は奉献の行為に加わるように彼らに求めて、1983年12月8日に彼らに書簡を送られた。注1)

実際、われわれは、世界に平和をもたらすための教皇のこの大きなイニシャティヴのゆえに喜ぶ一方で、1984年3月25日の奉献のこの行為がなおファチマの聖母の要求の実現ではないということに気づかなければならない。教皇は司教たちへの書簡の中で、彼が1982年5月13日に用いた奉献の同じテキストを実質的に用いていると述べておられる。シスター・ルチアが明白に述べたように、このテキストはファチマの聖母の命令を果たすためには不十分である。

シスター・ルチアはファチマの聖母のメッセージを教皇と世界にもたらし、そして説明するために神によって選ばれたメッセンジャーである。彼女は1983年3月19日に教皇の個人的な代理者 -- ポルトガル教皇大使 -- に、世界平和のために聖母によって与えられた要求は1982年5月13日の奉献の行為の言葉によってはまだ果たされていないということを公式に知らせた。シスター・ルチアはさらに、これはロシアが奉献のこの行為の対象として明白に現れなかったためであると説明した( The Fatima Crusader , Issue 13-14, p.3 を見よ)。* それゆえ1984年3月25日の行為もまた聖母の要求を満たしていない。

* p.159 以下を見よ。

シスター・ルチアの計り知れないほどの貴重な証言に加えて、われわれはまた、1982年5月13日の奉献の行為はファチマにおける聖母の命令を満たすことにおいて不完全であったというジョゼフ・ド・サント・マリー神父の神学的証明をも公表した。( The Fatima Crusader , Issue 13-14, p.10 を見よ。)** 1982年5月13日の奉献の行為のより完全な神学的分析についてはローマで出版された Theological Review MARIANUM において公表されたジョゼフ・ド・サント・マリー神父の論考 "Reflections" を見よ。

** p.167 以下を見よ。

それゆえ、1984年3月25日の教皇と司教たちによる奉献の行為は、実際正しい方向への第一歩である一方で、50年も前に与えられたファチマの聖母の特別の要求の実現では絶対にない。教皇と司教たちが一緒に、ある特別の日にロシアをマリアの汚れなき御心に奉献するまでは、われわれは世界における平和を持たないであろう。神が教皇と司教たちから、世界中に無神論を促進するために公然と用いられている、神の被造物の一部であるロシアの恐るべき罪に対する十分な償いとして神が受け入れ給うであろうものとして要求しておられるのはこの特殊の行為である。( The Fatima Crusader , Issue 11-12, 「世界平和はカトリック司教たちとあなたにかかっている」p.3 およびそれ以下を見よ。)*

* この書物の p.117 以下を見よ。

もしファチマの聖母の特殊的な要求が直ぐに心に留められないならば、そのとき、人類の罪の結果として、そして人類の罪の罰として、特に天に復讐を叫んでいる罪、特に中絶の罪の罰として、人類は多く苦しまなければならないであろう。ファチマの聖母が預言された「諸民族全体が絶滅させられるでしょう」ということは、彼女の要求に心を留めないことの結果であろう。ファチマの聖母のメッセンジャーであるシスター・ルチアはさらにこう説明した:「あらゆる国家は例外なくロシアによって苦しめられ奴隷化されるでしょう。」そこでもし司教たちが間に合うように汚れなき御心へのロシアの奉献というこの必要な共同行為をなさないならば、そのときこれら二つの事柄が起こるであろう。それゆえ、われわれの祈りと犠牲を増やし、ファチマについてわれわれの隣人たちに知らせるためにわれわれの努力を倍加し、カトリック司教たちに請願するためのわれわれの努力を倍加しよう。

  1. 司教たちに対する教皇の書簡のテキストについてはこの書物の p.182 以下を見よ。
  2. この書物の p.533 から始まるジョゼフ・ド・サント・マリー神父による省察を見よ。

目次へ

2004/12/10 三上 茂 試訳

作成日:2004/12/10

最終更新日:2004/12/10

World Enslavement or Peace...It's Up to the Pope: Section VI; Chapter 6 へ

マリア様のページへ

トップページへ

E-メール:mikami@po.d-b.ne.jp