ファチマの聖母マリア

世界の奴隷化か、それとも平和か...
それは教皇にかかっている

ニコラス・グルーナー神父と他のファチマ専門家たち

神の権利を擁護して

ロシアの共同的奉献に対してときどきなされる一つの反対は「教皇と司教たちはロシア人の同意なしにどのようにロシアを奉献することができるのか?」という反対である。ニコラス・グルーナー神父はなぜ司教たちが奉献に着手する前にロシアの政府あるいは人々の同意を必要としないか、その理由を示している。

Father Nicholas Gruner, S.T.L., S.T.D.(Cand.) 著

共産主義の無神論的政権は1917年には信徒であったロシア人の大多数の上に彼らの前もっての同意なしに、サタンによって押しつけられた。サタンは彼の支配をどこででも押しつけるいかなる権利も持っていない。また無神論者たちや不敬虔な者にとって神を愛する人々を支配する権利もない。反対に、それらの創造主であられるがゆえにあらゆる人々とあらゆる事物とを所有しておられる神は、すべての事物と人間を支配なさる絶対的支配の権利を持っておられるのである。

人間はある限定された所有権を享受する。しかしわれわれは人間にこう言う。「いかなる権利によってあなたはテーブルを作るためにあなたの木材を使用するのか?」「おそらくそれは椅子であることを欲しているかもしれない。」神は、ある人間が一片の木材を所有することができるよりも遙かにもっと絶対的にわれわれを、そしてロシア人をそして被造物のすべてを所有しておられる。それは、創造主として神がわれわれを無から造り出され、そしてそれゆえに被造物すべてを絶対的に所有なさっているからである。神は適当であるとご覧になるとき、われわれを、あるいは御自分の創造のどんな部分をも使用なさる絶対的な権利を持っておられる。神はロシアとその人民をある特別の仕方で御自分に奉仕させるために取って置くことを望むと決定なさった。神は創造主としてそう決定なさる権利を持っておられる。

神による絶対的な支配権、絶対的な所有権は人間が行使する権利とは非常に異なっている。一人の男あるいは女はある意味において彼/彼女自身の身体を所有すると言うことができる。しかしこのことはただ制限された意味においてのみ真である。もっと正確に言うならば、人間はその身体を含む彼が所有するすべてのものの執事に過ぎない。他の人間との関係において、各人は彼自身の財産や身体の所有者であると言うことができる。しかし神との関係においてはわれわれは、神がその栄誉と栄光のために管理するようにとわれわれに委ねられたそれらのよきものの単なる執事、責任者、管理者に過ぎない。生涯の終りにわれわれは、神がこの地上で神のために管理するようにわれわれに残された神の所有物をわれわれがどのように用いたかその会計を提出しなければならないであろう。このように、神は、「私たちは私たち自身の身体に対する権利を持っている」と言う一方で、自分たちの赤ん坊を殺すためにその身体を用いた女性たちから会計を要求なさるであろう。

同じように、神はロシアを奉献する司祭としての力を持っているのに、神が命令されたようにその力を用いない教皇や司教たちから会計を要求なさるであろう。同じように、神はファチマ・メッセージを生き、広めるためにわれわれのできることをする資源や力を用いなかったわれわれから会計を要求なさるであろう。

このように神は、被造物のすべてに対するその絶対的な支配権によって、ある国と人民が神に奉仕するために取って置かれるよう望んでおられるということを正当に示すことがおできになる。それは神の権利である。われわれも他の誰もマリアの汚れなき御心へのロシアの奉献に反対する権利を持っていない。神のこの権利に反対することは一つの罪であろう。誰も--ロシア人たちでさえ--ロシアの奉献に正当に反対することはできない。誰も、中でも教皇と司教たちは、神に従うことあるいは神がこの仕方で従われ給うことを見るために働くことを止めさせられるべきではない。無神論者たちあるいは無神論者たちをなだめようと努める外交官たちでさえ神に従うことから司教たちを思いとどまらせるべきではない。

神は教皇と司教たちに人々や事物を神の奉仕のために捧げ、奉献する高い司祭的権力をお与えになった。神は彼らに御自分の意志に従って使用するためにこの権力をお与えになった。ファチマ・メッセージを通じて神は、神によって特別に選ばれたロシアのためになるように、この司祭的権力を使用するよう教皇と司教たちにはっきりと命令なさった。

教会は人々の意志はその人々が神に奉献される前に必要とはされないということを正当に理解してきた。このように全世界は80年前に教皇レオ十三世によってイエズスの聖心に奉献された。世界は教皇ピオ十二世、パウロ六世そしてヨハネ・パウロ二世によってマリアの汚れなき御心に奉献された。世界のすべての民と政府は諸教皇がこれらの奉献の行為をする前に相談を受けなかった。

目次へ

2004/11/23 三上 茂 試訳

作成日:2004/11/23

最終更新日:2004/11/23

World Enslavement or Peace...It's Up to the Pope: Section IV; Chapter 4 へ

マリア様のページへ

トップページへ

E-メール:mikami@po.d-b.ne.jp