松元テント
工芸社


■取扱商品■

店舗用テント

家庭用テント


車体用テント


店舗用看板


店舗用ポスター


野外用テントなど

シール作成、カッティング文字加工、ロゴ・キャラクターデザイン他、店舗のテント・看板・デザイン制作について各種承ります。お気軽にご相談下さい。

メール
お電話(0979-25-0088)もしくはメールにてお問合せ下さい
   


【グラフィクPOP】



「店の中に入らなければ分からない自信の逸品を知ってもらうには・・・」

「今が旬! 季節のおすすめを知って欲しい」

そんなオーナーの心を、パネル仕様のポスターに致します。

車での通りすがりでもよく見え、さらに、シーズンごと、期間ごとに差し替えが可能。

丈夫なパネルですので、
繰り返し使用できる強い耐候性も魅力です。

今までのポスターやバナーとは一味違う、インパクトと存在感を演出します。




 (例 幅90p 高さ 180p 夏・秋版 各1枚)





■ 差がつくアイテム ■ 


当社だからできる、鮮やかさの違いを見てください!



従来品の鮮明度
当社製品の鮮明度

この左右の画像の鮮明度の差は、出力装置の違いによるものです。

左は従来の出力装置から出力されたもの。右は当社が使っている現在九州に1台だけの出力システムのもの。明らかに鮮やかさが違います。

ソフトも素材も同じで、違うのはプリンターとインクだけです。

違いは鮮やかさだけではありません。左はアルコールで拭き落ちますが、右はペイントシンナーでも落ちません

この強固な密着力は経年変化にも当然影響すると考えられ、自社のテストでは、左は半年程度経った頃から紫外線等による変色や退色等の変化が見られますが、右は兆候も見られません

耐光性があるのは看板にとって当然ですが、耐光性能にはかなりそれぞれ違いがあります。

さらに写真自体のツヤや鮮やかさの違いは、商品の訴求力にも大きく影響します。デザイン業界においては「写真の質と発色で八割が決まる」と言われるほど、写真の鮮やかさ、美しさは集客において重要な要素となっています。

今までにない鮮明度を実現した当社の出力装置によるポスターや写真看板で、差がつくアイテムをご提供いたします。




■ 参考 看板用出力装置の種類 ■


水性顔料系

−−−−長所−−−−

インクが安価
色の保存性は高い(ラミネートして3年以上可。)

−−−−短所−−−−

色の再現性−低
防水のためのラミネートが必須
メディアの印刷層の剥離がある。
専用メディアが必要。



ライトソルベント系


−−−−長所−−−−

発色がいい。
短期ならラミネートがいらない。

−−−−短所−−−−

長期にはラミネート必須。
色の保存性は低い(劣化が早い)
専用メディアとそうでないものに印刷の差がある。



ラクテート系


−−−−長所−−−−

発色がいい。特に赤系の発色はライトソルベント系を上回る。
色の保存性は水性顔料に迫る。
メディアがビニール系であれば広い範囲で使える

−−−−短所−−−−
溶剤のせいか縮みが起こる場合がある。
インクが高い(他種に比べて)