2006年4月6日


 春の交通安全運動の初日、南大分の羽屋派出所前で交通安全の呼びかけを行いました。
 例年のように福徳学院高等学校の生徒会、南大分保育園、ゆりかご保育園、それに今年は
キッズアカデミーの園児の参加もあり総勢80名の参加がありました。
 赤信号で停車した車の運転手さんに、高校生が作ってくれた交通安全を願ったマスコットを
手渡し、歩道から園児たちが大きな声で交通安全を呼びかけました。
 この模様はさっそくお昼と夕方のNHKのニュースで放送され、翌朝の朝刊でも紹介されました。

 

午前10時みんなが集合しました。
報道の各社も取材に来てくれました。
羽屋派出所の方から挨拶と注意がありました。
大分南ライオンズクラブの後藤公孝会長の挨拶
福徳学園高等学校の生徒会会長の挨拶
当日運転手さんたちに配布した交通安全キャンペーンの
チラシと高校生手作りの鈴のマスコット
保育園児はかわいい絵で交通安全の呼びかけ
大きな声で「交通安全お願いします」
おまわりさんに車を止められ、何事かと不安な顔の運転手さん
でもチラシを受け取り思わずにっこりする安心した顔が
印象的でした。
 「おどろかせてどうもすみません

かわいい声で「交通安全お願いします」
道路の反対側でも
 「交通安全お願いします」
   園児たちの懸命の呼びかけ
高校生に手を引かれて
 かわいい園児がマスコットを手渡すと
  思わず笑みがこぼれてきます。