back to Event Report
Hot Rides 3rd

 2004年も夏が終わり、またまたやってきたイベントの季節。今年は去年よりイベント多いみたいで大変だなあ。ってフラバグとか行ったからか・・・。
 後半もなるべく気を抜かずに頑張りますよ。後半最初は去年と同じこのイベントから。

 最初にはっきり言っておくけど、この辺のジャンルの車、よく分かりません。ごめんなさい。だってお箸の国の人だもの。
 いつも以上に異文化テイスト炸裂でちと困惑気味だけど、なんとか知った風な事書いていくよう努めてまいりますよ。


 今年は鳥栖市制50周年記念事業「鳥栖50祭」の一部として開催、隣のサンメッセ鳥栖などでよさこい祭りなども開催されてかなり賑やか。
 詳しくはリンク先でも見ておくれ(いつまであるか分からんけど)。

最近はキャルルックより派手なカスタムが増えてきたなあ。
それはいいけどビートル3台しか無いってのはちょっと寂しいなあ・・・。
 
ココから下には空冷VWは出てきません。あしらかず。

 なんだか一応車のジャンル別に分けられて展示されてるみたい。みた感じ6つほど。まあ、写真で見てみた方が早いですな。
やっぱりKUSTOMの略かな。一番派手な感じ。
MT何の略かはわからないけど、ピックアップトラックとか。
日本車。日本車でなぜ「D」なのかはヒミツ。
USアメリカ車? たぶん比較的おとなしい方の。
SCスポコン。純粋なスポーツカーでないとこがミソなのか?
VWまったくもって不明。エントリー台数も少ないし。
 
↓カスタムなところ。雑誌でしか見れないような車ばっかり。
 
スポコン系。スポーツコンパクトの略ですよ。↑
アメリカではこのクラスの車も「コンパクト」になっちゃうんですな。

↓日本車。丸いライトの車がベースとして好まれるのかな?
 
ピックアップ系。この会場だとちょっと渋めに見えるかも。↑

↓カスタムでないほうのアメリカ車。と言っても十分目立つ車ばかり。
 
こちらも「US」。でかい・・・。並ばれると分からんけど実物すごいよ。↑


 じゃ、いつものアレを。
 今回ばかりは自分でも判断基準が分からない。みんな本気の度合いが違うからかなあ。
「とりあえず視界に入った」「なんとなくコメントしやすそうだった」とかそんなんで選んでたらどうしよう…。
もちろん、「カッコよかったから」ってのが最初にあります。当たり前です。

こういうのをHOT RODっていうのかな? 結構遠いところから。自走?
 
戦前の車とは思えないほどキレイだし、V8積んでるからきっと速いんだろうなあ。

チョップトップ途中。ホントに志半ばなのか? それともギャグなのか?

屋根ってこうやって切るのか・・・。いやあ参考になるなあ(切らんけど)。

載ってる方も載せる方も…。

載ってる方がリンカーンだから。下のキャデ積載車はかなりでかいって事ですよ。

もう、カタチといい色といい反則。とんでもない存在感。

だからボンネットのサフ色がわざとなのか途中なのか拙者には分からないわけで。

勝手に「日本車代表」。クラウンのバン。

何故これを選んだかはホイールを見れば…。

黒いマスタング。いいな。

個人的な好みで言わせてもらうと、これくらいのちょっと渋い感じのが好き。


 はぁ…。一通り見て回ったけど、やっぱり違う世界だなあ、って感じは否定できない。それはそれで楽しいんだけどね。
 一緒に来たこうのさんは、連れて来なければよかったというくらいやる気なし。かといって1人で来ても途方に暮れてただろうなあ。

 それと、今日は敬老の日なので、やっぱりちょっと早く帰る事にする。出店でお土産買ってと。

ステージではバンド演奏。ロックですよ。
↓車もアツけりゃ音楽もアツい。ホットライズだけに。
 
アワード景品の盾。「鳥栖50祭」は今年しかもらえない鬼レアなアワード。↑

会場移動中。実際に動いてる姿に「おおお」っとちょっと感動。

後ろのショップ群はパーツよりグッズが多かったかな。

 まとめ。今回の感想は前回のとあんまり変わりません。つーか一緒です。でも何故か来ちゃいました。来年はどうしようかな。

 それよりも、「鳥栖50祭」ホーム頁を見て激しく後悔中。

 なんかフェラーリの2004年モデルを特別に展示してたらしい。360モデナとかじゃなくてF1を!
 空冷乗りにしてみれば、フォーミュラカーはカスタムカーより更に違う方向だろ、って感じがしないでも無いけど。
 F1マシンの写真があれば絵的に面白い感じのオチつけられたかもしれないじゃん。…じゃなくて。もしかしたらシューマッハとかバリチェロとかの指紋とかが付いてたかもしれないし、やっぱ1回くらいは本物のF1マシンってのを見てみたいわけじゃないですか。
 きっとあの「BRIGESTONE」とか書いてた看板の辺りに置いてたんだろうなあ。悔しい〜、う〜、

 てなわけで次回レポートは鈴鹿からお送りします。(な)    

Back
ごめんなさいウソです。