back to Event Report
VW CARAVAN and FUNDAY CRUISE

VWキャラバン、久々の復活。
昔は佐世保の米軍基地に場所を借りてやってたんだけど、物騒な世の中になって基地進入禁止に…。
それ以降は、散発的に日田であったり鳥栖であったりしたんだけど。今回久々の長崎県での開催に!

実は米軍基地のやつ、行った事無いんだよなぁ。ギリギリ間にあわなかったというか…。

今回は基地ではなく、ハウステンボスでの開催ってことで。
聞いた話だと、敷地の中に入って並べるらしい。そりゃすごい。ハウステンボス自体初めてだし、これは楽しみ。


会場入りの都合上、8時までには到着しないといけないらしく、おかげで3時半には家を出る羽目に…。
今回の集合場所は?別府湾SA。なんというか、CO2も普通に高速使いだしたなぁ…。

参加車両はオーバル除く3台。こうのさんは子供が風邪を引いた(ていうかうつした)ので急遽お休みに。残念。

金立SA(長崎道)の駐車場にて。

行程としては6割のあたり。まだ空が暗い。

まずは6時20分までに金立SAに集合。なんとか15分くらいに到着。それからトイレとか行ってたらすぐに出発。

こっち来るまでトラブルはなかったんだけど、どうやら北九州方面は事故があったらしく、若宮ICで下ろされたり、古賀SAで足止め食らったりといろいろ大変だったらしい。
ここの集合に間にあわない車も何台か…。ピンチ! このままでは一般入場みたいな感じに…。


金立SAから長崎道を一列に並んでクルージング。きっとこの部分がイベント名のファンデイクルーズの部分なんだと思う。

西九州道(高速とは別の有料道路)をゆく。

さすがにこの辺からだいぶ明るくなってくる。

長崎道から西九州道ってのに入って、ハウステンボスの近くまで。
なんか高速道路とは別料金らしく、ETC搭載なのに合計で1400円くらい取られる羽目に。

大宰府ICを下りてそのまま都市高速にのっちゃうのと原理は同じなんだけど、なんか納得いかない。
どっちかというと、大分米良ICを下りてそのまま米良有料道路の料金払うのに納得行かない感じに似ている気がする。
(わかりにくいよ例えが)


まあ料金取るだけはあって、有料道路を降りるとすぐに景色が「欧米か!?」って感じに。
ハウステンボスに入る手前から周辺の建物がレンガレンガしてきて、ちょっとずつテンションも上がってくる感じ。

…そして広いけどちょっと寂しげな駐車場に到着。奥にはなんかデカイ建物が。
最初は「え、ここが会場?」と多少まわりがざわ…ざわ…するも、どうやらここで待機してから順番に会場入りする模様。1時間くらい待ってたので九州道で足止め食らってた組も何とか間にあう。結構ギリギリだったかも。

最初の集合場所。

奥に見えるのは全日空ホテル。

ハウステンボスの開場時刻の前に、ほぼ車種別に移動開始。
川を挟んだ隣が米軍基地らしく、その間にあるせまーい道をくねくねと。結構走ったよ。
そして裏口みたいなところから入って海沿いのホテルの前に駐車。おおっ、なんだかいい感じだ。

でもちょっと端っこなんだよなぁ…。

ほぼ一列に並べる感じ。若干縦2列なところも。
 
台数は60台前後と少なめ、でも停める場所も狭いので結構ギュウギュウ。

模型があったのでこれで説明。

こうやって見ると、ほぼ端から端まで移動したってのがよくわかりますな。

▼タイプ2は2列に。後ろの列のバス見えないけど大丈夫かな…。
 
ずらーっ。こうやって見ると一列に展示ってのも悪くないような気もする。▲

▼356レプリカが5台も。最近はインターメカニカ製の割合が増えてきてる感じ?
 
Typ181も2台。▲
あぁ、どうせならカブリオレはこの横に並べてほしかったなぁ…。

…とまぁ、割と珍しめなマシン(車)が複数並んでるんだけども。
悲しいことにカルマンギアとかは角テールのクーペが1台だけしかいなかったり…。そう、かいくんのだ。

ちょっとー、一昔前あれだけたくさんいたカルマンギアどこ行っちゃったのさ…。
でもまあ、少ないと逆に目立つからいいか!(いいのか?)

カフェをやってるタイプ2。

イベント参加じゃなくて、ここのテナントとして入ってるらしいよ。チャイうまー!


イベント会場が一本道なので、写真取るのが今までで一番楽だったかも。行って戻っての1往復で撮影終わっちゃうし。
さくっと終わらせてハウステンボス観光いくぜ!

▼今回一番古い53年式のスプリット。
 
オーバルも1台だけだったかな…。窓には出生証明書が。▲

▼ちょいサビどころか、ハッキリと穴が開いてるところが潔い? 極太タイヤとロールバーに本気を感じる。
 
ふつうの8スポークではなく、15インチのワタナベ、しかもキャップ付。渋いねえ。▲

やっぱりキャンパーには憧れるね。
▼淡色ツートンに赤いびろびろの組み合わせがかわいい。(びろびろ?)  
こういうアヤシイっていうか、うさんくさいのも大好き。▲
なぞのルーフキャリア(でも底板なし)に、PCD205のポルシェアロイ風ホイール。

▼新車みたいな輝きのロクナナ。フェンダー裏までキレイなのにはまいった。
 
よく見たらロクナナだったカブリオレ。これもキレイでこまった。▲

▼おしゃれ系アクセと、EMPIパーツが満載なロクナナ。速そうな上にエアコン付とか贅沢だなあ。
 
こちらはジャックマン装着の…、やっぱりロクナナ。▲

ロクナナばっかりヒイキで撮ってるんじゃなくて、ホントに多かったんだってば。
バスも姉さんふくめて2〜3台あったし。どんな確率!?

▼エンケイを塗っちゃった! これはガラリと印象変わるなぁ、こんな手もあるのか…。
 
赤がまぶしいっ! でもホイールまでボディ同色にしないところがかえっておしゃれ。▲

▼幼いころ生き別れた双子の兄弟がまるで違う境遇で育って、ある日偶然出会った感じ?
 
夢のロマンスカー(窓にそう書いてるんだもの)。外国人観光客の注目を一番浴びてた。▲

こちらもたった1台だけだったタイプ3。奇しくもカルマンと同じ14インチのポルシェアロイ…。
▼(屋根にくっついてるのはクワガタムシ…)  
70年代の特別仕様モデル「ジーンズビートル」▲
見るのは初めてだったのでちょっぴり感動。シートはホントにデニム地でしたよ。

今回、ホントにたまたまだと思うんだけど、レストアしたてのようなキレイなマシン(車)が多くて軽くへこみました。ヤレてるのも味があって良いんだけどね…。
「いつかはレストア」なんて言いながらもうすぐ10年経っちゃう。どうしよう!


気を取り直して(?)、残りの時間はハウステンボスをうろうろすることに。
時間的にはこっちがメインだったような気もしないでもない…。

ハウステンボス、確かに景色はいいんだけど千葉のアレや大阪のアレに比べるとやっぱりテーマパークとしては弱いような…。
使ってなさそうな建物が多かったから、いっそショッピングモールみたいにしちゃうってのはどうだろう。移動が大変そうだけど。

名物ドムトールン(鐘楼)。

次回もここであったら困るので、これ以上のハウステンボス写真は無しだ!


ハウステンボス一周したあとは、車内で仮眠、ぐうぐう。
気づいたら閉会式みたいなのが行われててあわてて起きる。

まあ、軽く締めの言葉だけだったみたいだけど。
いちおう「いちばん街並みに似合うで賞」みたいなのはあって(寝起きなので正式名称はあやふや)、それは53のスプリットに。
うん、そりゃまあそうだろう(納得)。

閉会式?のようす。

おつかれさまでしたー。

午後3時にイベントは終了、ってことで。最初入った入り口から順番に撤収。
帰りはちょっと別ルート、行きの有料道路は通らずにいきなり長崎道に乗ってETC割の1000円で済ませちゃう作戦。
途中、商店街とか住宅地とか海沿いの道とか、不安になる景色満載だったけど、程なくインターチェンジを見つけて長崎道へ。

サービスエリアに立ち寄ると、示し合せたかのように空冷VWがびっちり。これは…家に帰るまでがイベント?
別に遠回りしたCO2を待ってたわけじゃなく、みなさん食事をしたり、クラッチワイヤー換えてたり。

さすがに夕方の時間に一列ってのは無理なので、多少ばらけながら帰路に着きましたとさ。

帰りの金立インター。

ここで17時を回ったくらい。ちょっと暗い。

金立インターからは、食事してのんびり帰るという夫婦を置いて、お土産の佐世保バーガーがさめないように速攻で帰りました(鬼)。

キャラバン、出来れば来年もやってほしいな。長崎のどこかで。
ホントは米軍基地が良いんだけどもう入れてくれないんだろうなあ…。
ハウステンボスでも良いけど、できれば今度はちゃんぽんとか食べられそうなところで…。(な)

Back