同窓会開催に寄せて


旧3年4組担任 中島信彦

 三十年の年月の経過も過ぎてしまえば短いもので思い出のアルバムを開くと、あの頃にタイムスリップしで懐かしい顔が多くの思い出とともに、次々に浮かんできます。

 修学旅行での日光見学・体育大会、文化祭などとともに部活動の写真を見ると、私は茶道部の顧問をしていましたが、茶道部の写真の中に男子生徒が清原君をはじめ五名も写っているのを見て、足がしびれて困っていた顔が思い出されて楽しくなりました。

 茶道郡に男子生徒が入ることはたまにしかないのですが、五名も部員に加わったことは、ユニークな、個性豊かな生徒の多い学年だったことを改めて感じさせられました。

 母校の校舎も今では新しい校舎に生まれ変わって、思い出の校舎はアルバムと記憶の中に残るだけになっています。振り返るとあの頃の君たちは燃えていましね。勉強に、スポーツに、部活に、学校行事にと生活のすべての面で燃えていたことを感じます。

今社会のリーダー的な立場に立っている君たちがあの頃のもえさかるエネルギーを無くさずに今後も活躍されることを祈ります。