田村皮ふ科クリニック  

TOP

保険診療1

保険診療2

自由診療1

自由診療2

自由診療3

Q&A

スタッフ紹介

病院紹介

関連リンク

田村皮ふ科クリニック
●皮膚科●美容皮ふ科●性感染症科

診療時間
午前9:00〜12:30
午後14:00〜18:00
※火曜は 15:30〜18:00
※受付は終了15分前まで

毎週木曜日 午後休診
日曜・祭日 休診

(土曜日の午後は出張で不在のこともあります。事前にご確認ください。)

大分市中央町1-1-16
TEL 097-532-1684
保険診療1

アトピー性皮膚炎

外用や飲み薬による治療とスキンケアの指導や血液によるアレルギー検査を行っています。希望でステロイドを使わない治療も行っています。

ヘルペス

熱の花は単純性疱疹で、塗り薬もしくはひどい時は飲み薬で治療します。帯状疱疹は帯状疱疹後神経痛になると痛みが取れにくいので飲み薬と赤外線の治療を併用しています。

 

とびひ、水いぼの治療

とびひは飲み薬と塗り薬で、水いぼは麻酔のテープ(ペンレス)を貼って痛みを伴わずに取ります。

手術

ホクロや皮膚腫瘍の手術・悪性腫瘍(皮膚癌)などの皮膚生検(検査)も外来で 行っています。
※気軽にご相談ください。

 

タコ・魚の目

スピール膏の貼付、もしくは痛みを伴わずに削ります。
外反拇趾の装具治療も行っています。

水虫

白癬菌の顕微鏡検査や紫外線による殺菌の治療を行っています。

 

蕁麻疹

クインケの浮腫

膨疹

みみず腫れや、蚊に刺されたような地図上の膨疹を繰り返します。内服・注射等で治療しています。写真のように口唇が腫れるクインケの浮腫もあります。
 

紫外線(UV)治療 (村中医療器)(株エムエム・アンドニーク)(株ジェイメック)

ナローバンドUVB(デルマレイ311nm,エキシマライト308nm,VTRAC308nm)の照射で乾癬・白斑(しろなまず)・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎の治療を行います。


尋常性白斑の治療例(当院の症例)
 
紫外線(UV)治療用デルマレイ機器写真

紫外線(UV)治療用デルマレイ機器・311nm

  (村中医療器)

(当院の症例) 
 
紫外線(UV)治療用デルマレイ機器写真

UVBエキシマライト・308nm

  (株)エムエム・アンドニーク

(当院の症例) 
 
VTRAC・308nm

VTRAC・308nm

  (株)ジェイメック

(当院の症例) 
 

巻き爪の治療

レジンやアクリル方法による人工爪は出血や痛みの少ない最新の治療です。深爪やくい込む爪にも適応があります。


■症例1

巻き爪の治療の写真1

1. 爪が巻いて喰いこんでいる状態です。歩行時だけでなく安静時も疼痛を伴います。 巻き爪の治療の写真2

2. 片側の爪を持ち上げてレジン(歯科材料のセメント)で上から固定します。反対側の爪もフィルムを差し込んで土台を作ります。
巻き爪の治療の写真3 3. 反対側も持ち上げて爪の上からレジンを流して固定します。
巻き爪の治療の写真4 4. 巻いている爪を平坦にしました。写真のように喰いこんでいる部分に隙間ができて疼痛も消失しました。
(当院の症例) 

今までのように陥入爪根治術のような手術を行うと入浴もできませんし消毒や縫っている糸を抜糸しなければいけませんでしたが、この人工爪の方法では当日は入浴や運動も可能ですし高いQOL(日常生活)を維持することが可能です。通院も1ヶ月に1回ですみます。フェノール法も巻き爪には効果的で再発が少ないようです。ワイヤー法は自由診療で行っています。

■症例2

 
(当院の症例) 

フェノール法

局所麻酔を施行し、フェノールで巻いてる爪を処理します。巻き爪の再発が少ないようです。
手術後は靴もはけますし、翌日からは入浴も可能でADL(日常生活)は制限を受けない、よい治療法です。

■症例1

 
(当院の症例) 

■症例2

 
(当院の症例) 

歯科金属 パッチテスト(貼付)試験

パッチテスト写真
(当院の症例)
背中に原因物質と思われる物質を貼り、2日後に判定します。

1.接触性皮膚炎
 化粧品や毛染めなどでかぶれた場合の原因を突き止めます。
2.薬疹
 どんなお薬で発疹が生じたかを確定します。

写真の10番のように赤くなったら陽性です。

パッチテスト写真
(当院の症例)
シップによるかぶれ パッチテスト写真
(当院の症例)
化粧品によるかぶれ

歯科金属 パッチテスト

当院では、鳥居薬品の金属パッチテスター17項目を用い歯科金属のパッチテストを行っています。要予約です。
歯科用、化粧品、香料等に用いられる、アルミニウム、金、スズ、パラジウム、亜鉛他を試薬として使用します。