HIBIKIYA Web
どうして 音楽に惹かれ続けるんだろう?

44444444 image d'amour 44444444444

お客さんちで 聴いて 一目惚れ 全体を通じて アムールのタイトル通り せつなげな 色調に仕上がっていて これまでのイマージュの中でも かなり お気に入りかも 特に 9曲目 羽毛田丈司「ザナルカンドにて」は 琴線を ふわりと包む雰囲気で 涙が出そうな 心地よさを憶えます そんな時 このコーナーのタイトル どうして音楽に惹かれ続けるんだろうと 改めて感じます 音の記憶は鮮明で強いもの 物語の感動を何倍にも高めてくれる音楽の魔力 儚いピアノの響きは 意識を何処かに 浮遊させてくれます。以前のウルルンの エンディングシーンで使われていた4曲目 手使海ユトロfeaturingミヤモト文昭「夢」も 素敵でした。
暑い夏 しばらく 音楽から離れ 音楽の力を忘れかけていた僕を引き戻してくれた アルバムでした。 
))))))) 中村中 天までとどけ (((((((((

つたやのプッシュ・リピート作戦で まんまと 縁を持ってしまった(衝動買い)してしまったアルバムです。彼女の生い立ちについて 購入後 知ったのですが (性同一性障害)とのこと だからなのか 熱唱型が本来嫌いなのに 捕らわれてしまった『友達の詩』・・・ 歌詞カードを眺め 詩を読みながら聴くと 更にぐっとなってしまいます 油断すると 涙が出そうになってしまう・・染み込むような曲 そして 微妙なたち位置のセツナイ曲 中村さんだから 表現出来る世界 男じゃないけれど 完全には女性でもなくて・・・もちろん差別するわけじゃなし 彼女でなければ 表現出来ない 世界 独特な世界 荒削りだけど 才気迫る 雰囲気の時に聴ける幸せ 自己を表現出来る間口の拡がりをあらためて感じました。
^^^^^^^^^^^^^^  Whiteberry  かくれんぼ(シングル) ^^^^^

今日は ヨルマのデジタルケーブルに変えて 音楽を お客さんと聴きまくりました。ちょっと苦しかった クラッシックや宗教音楽が 深く心地よく倍音を響かせながら 身体に入ってくるような心地よさはもちろん 敢えて 録音状況が「どちらかと言えば良好とは言えない」CDシングルも バシバシかけました。んで 北海道出身の 当時 中学生バンドだった ホワイトベリーの「かくれんぼ」聴きました ガチャガチャの楽器達が きちんと分離し その上 破綻しないので いつもは五月蠅くて聴けない彼女たちの曲が 最後迄 痺れるような快感で聴けました 決して 音楽性が豊かだったり 特別技術的に秀でているわけではないのですが わたし 子のグループのボーカリストの声 響きがとても好きなんですよね 歌詞が すんなり入ってきて ああ 気持ちよい一日でした。
uuuuuu ごはんができたよ  矢野顕子  uuuuuuuuuuu

私がアッコちゃんファンだというのは結構ひろく知られておりますが(笑) 今日は とおっても 懐かしいところで 「ごはんができたよ」です 久々に このアルバムを紐解いてみたのは、ある曲が聴いてみたかったから。私 最近 ある居心地の良い場所から離れようと 決別の意味を込めてメッセージを送りたかったのですが なんとなく匂わせるのがいいかなって それで 浮かんだのが 「また 会おね」です 憎しみ合ったり傷つけたりで離れるのではなく 居心地がよいのに 離れがたいのに 離れる・・だから この曲のメロディや摘まされるような 詞に 涙が滲みそうになるような感覚を憶えました 今更ながら どうしてこんなに音楽ってパワーがあるのだろう・・・通して聴いておりますが 好きな曲の多いアルバムで もし 手に入れる機会があれば 是非 お聴き下さいませ。
hhhhhhhh ゲド戦記歌集 手嶌葵 hhhhhhhhhhh

毎度のお約束のように 映画も見ていないのに 気がつくとサントラを手にしてしまっている ジブリ作品です(笑) きっと上映が始まるまでの 宣伝が印象的で いつの間にか 繰り返し聴くことによって 馴染んでしまっているのでしょうね ただ今回のは一目惚れした曲ですが(笑) 少し冷ややかな温度感の中に朴訥とした暖かい温度が共生するボーカル 感情を押し殺したよな少し距離のある振りをした音楽表現 谷山浩子さんの音楽の世界に手嶌葵が 歌をのせて・・・・みんなもよく耳にすると思う「テルーの唄」 きっと 多くの方の 琴線に触れる曲 どうしてなのでしょう もはや理屈ではなく 民族のDNAの記憶のようなものが 欲しているとしか思えなくて どうして音楽に惹かれ続けるのだろう 理屈抜きに
  update:2007.08.25