本文へジャンプ

大分短期大学 園芸科


OITA JUNIOR COLLEGE OF HORTICULTURE FOUNDED IN 1964


農場/研修所案内

 今、農業は食料の安定供給という本来的な役割に加えて、環境ともっとも調和した産業として水と緑豊な国土の形成と保全にも貢献しています。農村の美しい景観により心の安らぎが得られるのは農業が営まれているからなのです。しかしながら、化学肥料や農薬などの多投入や不適切な使用、家畜ふん尿の不適切な処理が環境へ悪影響を及ぼすこともあり、生産者側の環境に対する意識向上と環境負荷軽減への具体的な努力が必要なのです。

 土づくりにより健全な土壌を育み、環境保全型農業やGAP(農業生産工程管理手法)、IPM(総合的病害虫・雑草管理)などの先進的な技術・経営方式を取り入れながら消費者ニーズに対応していく先駆的な生産者を育成することにより、社会的な要請に応えています。

                                     ◇交通アクセス/◇お問い合わせ
                     COPYRIGHT(C)2007.OITA JUNIOR COLLEGE.ALLRIGHTS RESERVED

滝尾農場 千代町キャンパスから車で20分のところにある大分短大のメイン農場です。広さは約1ヘクタール。野菜や花卉の栽培実習、園芸療法やガーデニング、造園の実習を行っています。農場実習へは学園バスで送迎しています。
 農場では環境保全型農業を実践。トマトやメロン、カーネーション、シクラメン、ベゴニア、プリムラなどを栽培しています。また、露地圃場ではハクサイ、ネギ、キャベツ、ブロッコリー、ダイコン、カボチャ、ナス、ピーマンなどを栽培しています。
いすはら
柞原農場
大分市の西部、車で15分のところにあります。広さは3.5ヘクタール。樹木園があり樹木医やランドスケープアーキテクチャー(造園)に関する実習を行っています。安藤氏が国内外のツバキ約200種を収集したツバキ園(安藤コレクション)もあります。
きちょうばる
机張原農場
大分市の西部、車で15分のところにあるミカン園です。農場から見下ろす別府湾の眺望はすばらしいです。広さは約1.5ヘクタールです。温州ミカンやポンカン、ネーブルオレンジ、ハッサク、夏ミカン、大分名産のカボスなど十数種類のカンキツ類を栽培しています。
のつはる
野津原研修所
大分市の南部、車で45分のところにある多目的研修所です。コンサバトリーやメイズガーデン、スロープガーデンなど、洋風のガーデンがあり、ガーデンプランニングや園芸療法などの実習を行っています。