大分短期大学 園芸科

oooooIJ@@*

OITA JUNIOR COLLEGE of HORTICULTURE




園芸療法



 園芸療法士とは、「園芸(ガーデニング)を通じて、心身に何らかの障がいをもつ人々の機能回復や症状の改善を援助し、また、日常的な生活にあっても人々の不安や緊張を緩和し、豊な人間関係の構築と、生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフに貢献できるスペシャリスト」です。高齢化社会における園芸療法士の役割はますます大きくなっています。

○園芸療法のためのハーブガーデン
○園芸療法を体験した病院スタッフの感想
○幼稚園児が摘みやすいトマトの仕立て方
○生活支援センターの精神障害者を対象とした園芸療法実践
○園芸療法ガーデンの製作
○利用者の立場に立った園芸療法
ゼミナールテーマの例 
○園芸療法士(卒業と時に取得:全国大学実務教育協会認定)
○生活園芸士(卒業と時に取得:全国大学実務教育協会認定)
取得可能資格
園芸療法士の資格を取得すれば、リハビリテーション科のある病院などの医療機関、老人介護保健施設、社会福祉施設などの福祉施設で活躍する道が開かれています。
活躍分野

滝尾農場・イネーブルガーデンでの園芸療法実習(ブドウの収穫)

*園芸療法士・生活園芸士は全国実務教育協会認定の大学・短大でのみ取得可能です。