2011年11月 (画像は拡大しません)
11月1日 (火)  お休み  
11月2日 (水)  お休み  
11月3日 (木)  お休み  
11月4日 (金)  お休み  
11月5日 (土)  上洛

今日も雨、明日からの京都への旅は如何なものでしょうか?
京都といえば、京都の恋、京都慕情・・・渚ゆう子さんでしたっけ。
しかし、今回のメインは知恩院での法要。
そのほかは二条城前のホテルを足場に、紅葉の名刹を訪ねるつもりです。
御所、一条戻橋、晴明神社とくればこゆきさん乱歩歌舞伎の必須ポイントです。
業務用にミニノートPC持参です。
 
11月6日 (日)  お休み  
11月7日 (月)  お休み  
11月8日 (火)  お寺めぐり

三度目の京都
雨模様の京都でしたが、帰る日は快晴になりました。
訪問したところを忘れないためのダイアリー

初日
知恩院、今回の本来の目的は回向。除夜の鐘、左甚五郎の忘れ傘、鴬張りの廊下もお馴染みです。
南禅寺、歌舞伎舞台、石川五右衛門の「絶景かな」の台詞を体感するため三門に上りました。

二日目
東福寺、通天橋の紅葉を楽しみに来ました。時代劇ロケによく使われるそうです。
二条城、大政奉還の舞台となった徳川家上洛時の宿舎、1千坪の二の丸御殿は権力の象徴でしょうか。
晴明神社、陰陽師「安倍晴明公」をお祀りしています。社紋の五芒星が印象的です。
続いて乱歩歌舞伎舞台にも使われた一条戻り橋へ。
下鴨神社、葵祭でおなじみの糺の森は京都原風景。

三日目
三十三間堂、武蔵と吉岡道場の吉岡伝七郎との決闘は吉川英治の小説で有名。
方広寺、大河ドラマ江にも登場。豊臣家滅亡を招いたとされる「国家安康」「君臣豊楽」の銘文で知られる鐘楼
 
11月9日 (水)  昨日の続きにて

初めて知りました。新幹線の屋根がとても汚いことを。
洗車なんて全くしないのでしょうか?
雨と泥で固めたような茶色です。
近鉄線京都駅真上に、先月オープンしたばかりのホテルの七階からよく見えるのです。

京都から小倉まで新幹線、日豊線を乗り継いでソニック、4時間弱の列車の旅。
東京に比べればずいぶん近く感じます。
11月10日 (木)  お休み  
11月11日 (金)  お休み  
11月12日 (土)  お休み  
11月13日 (日)  お休み  
11月14日 (月)  お休み  
11月15日 (火)  お休み  
11月16日 (水)  お休み  
11月17日 (木)  特殊ブランド

京都で見かけた即売会。
確かテレビでも紹介されましたね。
函館少年刑務所ブランドの前掛けです。
「○に獄」の文字が染め抜かれ人気はウナギ上りで完売状態とか。

ボジョレヌーボーは丁稚は関係ございません。
11月18日 (金)  お休み  
11月19日 (土)  お休み  
11月20日 (日)  お休み  
11月21日 (月)  ご出身は?

ご出身は問われると「横浜です」と大半の人が言います。
神奈川というよりも横浜ほうがカッコイイ感じがするからでしょうか。
「神戸も兵庫とは言わない」
「横浜川崎以外は神奈川と言う」
「川崎だけど東京っていってしまう」
「茨城の人に出身を聞くと関東と答える」などなど・・・

丁稚は東京にいる時に「どちらからですか?」と聞かれると、大分県と言わず九州と答えます。
それは関東の人は大分がどこにあるのかさえ知らない人が多いのです。
県都は別府と思っているし、高崎山も別府だと考えているようです。
大分のイメージは、温泉、湯布院、猿、シイタケ、カボス、麦焼酎、関サバあたりが関の山。
もう後は続かない。
食べ物がおいしく、緑に囲まれ自然豊かで、人情が厚いなんて都会人のお世辞。
新幹線もない、隣県に行くにも高速道が全てが繋がっているわけでもありません。
残念ですが、やはりちょっと貧しい田舎ですね。
 
11月22日 (火)  お休み  
11月23日 (水)  お休み  
11月24日 (木)  お休み  
11月25日 (金)  お休み  
11月26日 (土)  お休み  
11月27日 (日)  お休み  
11月28日 (月)  お休み  
11月29日 (火)  お休み  
11月30日 (水)  お休み