2011年06月 (画像は拡大しません)
6月1日 (水)  お休み  
6月2日 (木)  サンダルヨンダル

月が変わりました。
さて何が変わって、何が変わらないのか?
本日某マスコミサイトでは賛成票、反対票数を取り違えて発表していました。
9分後にはしっかり訂正されていましたが。
大丈夫です。
ミスは誰にでもあることです。
それをいちいち覚えていたら丁稚なぞ生きておれません。

暑いのか寒いのかも分かりません。
コタツに入ってエアコンをクーラーにしているご家庭さえあります。
スーパークールビズとは!
ネクタイを取るだけでは間に合わず、サンダルでもよいそうな。
丁稚はすでに数年前から実践してござる。
サンダルは夏用冬用各二足に、ベランダ用にくたびれた二足。
足の接地面は妙に凹凸のない平坦なのが好みです。
 
6月3日 (金)  お休み  
6月4日 (土)  お休み  
6月5日 (日)  お休み  
6月6日 (月)  お休み  
6月7日 (火)  鉄の男

強靭な肉体をもつ元広島の衣笠選手や阪神タイガースの金本選手を鉄の男、アイアンマンと称賛します。
洋服のをしわ伸ばす道具で、昔は鉄の塊で出来ていたためそれを私たちはアイロン(iron)と呼びます。
英語のironはrの発音が小さいのでアイオンやアイアンに聞こえます。
しかし金本選手を決してアイロンマンとは呼びません。

徹夜が続くこゆきさんの負担軽減のために、丁稚は昨夜(こゆきさんの)スラックスのすそ上げをアイロンがけしました。
「まかせちょき!」
すそを外に折り返し、長さを測りピンで留め、アイロン台に乗せます。
水に浸した専用テープで上からしっかりとアイロンで高温圧力をかけました。
我ながら綺麗に仕上がりました。
その瞬間すその折り曲げ方が内側でなければならないことに気づき、冷や汗たら〜り。
慌てて引き剥がしました。
「やり直せば大丈夫だ」
自ら言い聞かせ、今度は内側に折り込み、慎重に再度チャレンジ!
今度はばっちり仕上げました。
同じく左足の方も右足の長さに合わせてピン止めしてアイオニング。
綺麗に仕上げました。
「穿いてみて」と・・・。
「ゲェ!」
今度は何と長さが左右で2センチも違うではありませんか。
しかもあとから仕上げた左の方が短く間違えている。
再度こちらも引き剥がしました。
悪戦苦闘すること50分。
貼り直しテープがはげるのではないかと多少の心配も残りましたが、間違えた折り目のあとも目立たなく、見事完成したのです。
傍にいたこゆきさんも他人事のように、途中間違いにまるで気付くことなく、丁稚のアイロンスタイルを面白がって携帯でパチリパチリと。
こうして昨夜丁稚はアイロンマンの称号を得ました。
 
6月8日 (水)  お休み  
6月9日 (木)  お休み  
6月10日 (金)  お休み  
6月11日 (土)  お休み  
6月12日 (日)  お休み  
6月13日 (月)  お休み  
6月14日 (火)  お休み  
6月15日 (水)  お休み  
6月16日 (木)  日豊本線

梅雨の中休みで傘もいらないと予想しておりましたが、最後の最後になって大分駅に帰着した時は、大変な雨足になりました。
14.15と福岡に行って参りました。
1年ぶりの博多座を十分満喫いたしました。

改装なった博多駅は綺麗でしたが、地下街が人の流れが変わったのでしょうか?少し寂しく感じました。
日豊本線小倉周り、遅い電車ですと、大分〜博多間が2時間半もかかります。
全線開通なりました新幹線なら、博多〜鹿児島中央間は最速1時間19分、もはや比べようもありません。
陸の孤島大分、宮崎はますます取り残されてしまいました。
「責任者は誰だ!」
 
6月17日 (金)  お休み  
6月18日 (土)  お休み  
6月19日 (日)  お休み  
6月20日 (月)  お休み  
6月21日 (火)  お休み  
6月22日 (水)  金融機関

今日はやけに図書館に時間がかかりました。
少し遅れた昼下がり、一番近くのファミレスは賑やかな「ママ友」でいっぱい。
ドラマは昨日最終回でしたが・・・
「テレビのママ友とはだいぶん違うね」
こゆきさんの言葉の意味は察しがつきます。

某金融機関本社、閑古鳥が鳴き他のお客様はたった一人。
なのに、順番カード1番を持ちながら待たされること暫し。
本社のくせに、窓口が一人しかいなくてしかも特定のお客様にず〜とかかりっきり。
後方に居座る7〜8人は下を向いてデスクワーク、待っているお客様に気がつかない素振りをするばかり。
いつもながら○○○の低い会社です。
痺れを切らし「待っているんですが、他の人は対応できないんですか?」
慌てて「すみません」とバタバタ応対。
これも過去一度や二度ではないんです。
帰りしな、大きな声で「ありがとうございました」と数人の行員の声が追いかけるように浴びせられました。

「ん?今日の日記に書くのかな?腹立ち日記を」
とこゆきさん。
♪からたち からたち はらたちの花〜
 
6月23日 (木)  ごめんね

この突然の暑さは何でしょうか?

「私、何かした?」
「してないんじゃあないの?」

この台詞にぴんとくる人は凄い。
女性は微妙な言葉のトーンや言い回し、その時の表情、眼付、態勢、それらを一瞬にして独特の感性で受け止めるのですね。
つくづく参考になりました。半分恐怖です・・・
その点男性は単純なのでしょうか。
何と言ったかが問題であって、どう言ったかは二次的なものなんです。
「えっ?それも私だけが鈍いのですか?」
いやあ、参った参った。

す〜と擦れ違った同性の頭の先からつま先まで一瞬にしてチェック、すぐさまデータベース化して脳に留める女性の能力は、他の分野でも応用できそうなものです。

私なぞ、1時間話し込んでもその人の顔を覚えられず、ましてや何を着ていたかなんて5分後にはな〜んにも思い出せないのです。
1週間後、意味のない全くの別の場所で偶然すれ違っても、向こうから声をかけてもらえなければ気がつきません。
「これって老化でしょうか?」
「いいえ、誰でも?」
 
6月24日 (金)  お休み  
6月25日 (土)  お休み  
6月26日 (日)  お休み  
6月27日 (月)  お休み  
6月28日 (火)  お休み  
6月29日 (水)  お休み  
6月30日 (木)  翻訳の妙

残念なことにピーターフォーク氏が亡くなりましたね。83歳。
晩年はアルツハイマー病を患って、自らコロンボ警部だったことも記憶から消えてしまったと言います。
「仏さんが〜」て コロンボは仏教徒ではありませんでしたが。
「よござんすか」って江戸っ子でもありませんでしたが。
あ〜それからもうひとつ。
うちのカーナビがどうも認知症のようなんです。
昔のことはよ〜く覚えてるのに、新しいことはちっとも覚えられないんですよ。