2011年03月 (画像は拡大しません)
3月1日 (火)  お休み  
3月2日 (火)  お休み  
3月3日 (木)  耳の日

本日耳の日でも、痛いのは目。
当に灰谷健次郎「兎の眼」状態。
杉去るはいつの日か・・・
 
3月4日 (金)  お休み  
3月5日 (土)  お休み  
3月6日 (日)  雨の日曜日

本日白星発進のトリニータには雨模様の中、ちょっぴり青空が見えるでしょうか?
しかし一方では、ついに丁稚は左目も飛蚊症を発病しました。
黒いレースのカーテンのようなものが目の動きと共に上下左右に移動します。
この煩わしさと言ったら耐えられません。
もう一生綺麗な青空が見られないのでしょうか?
年々一つ一つ機能が失われていく実感がします。
これも受け入れなければならない老いというテーマですね。
さて明日は休日。確定申告でも書きますかね。
 
3月7日 (月)  お休み  
3月8日 (火)  お休み  
3月9日 (水)  お休み  
3月10日 (木)  お休み  
3月11日 (金)  お休み  
3月12日 (土)  お休み  
3月13日 (日)  お休み  
3月14日 (月)  お休み  
3月15日 (火)  お休み  
3月16日 (水)  お休み  
3月17日 (木)  お休み  
3月18日 (金)  復興へ

開幕に反対するヤクルトの宮本慎也選手のコメントがとても気に入りました。
「復興が見えた時に野球で勇気づけることはいいと思うが、今勇気づけられると思っているなら思い上がりだと思う」

「偉い人の言葉より物資を!」
現地の人々の声が痛々しい。

やはり神様がいるというのは訝しい・・・と私は思う。
奪われる命と救われる命のボーダーは何処にあるのでしょうか?

以前から気になっていた流行りの言葉があります。
「地球にやさしく」
それは人類にとって生き残りへの願いであっても、地球は人類のことなんてこれっぽっちも考えてはいないと思います。
 
3月19日 (土)  お休み  
3月20日 (日)  お休み  
3月21日 (月)  お休み  
3月22日 (火)  お休み  
3月23日 (水)  春なのね?

こんにちワン、ありがとウサギ・・・
こう何度も繰り返されますとうんざりです。
もう少し民放はアイデアがないのでしょうか?

暖かくなったかと思えば、また寒くなるのですね。
花粉は杉から檜に変わりました。
春分は過ぎましたが、春一番は吹いたのでしょうか?

頑張ろうニッポン!素晴らしい選手宣誓でしたね。
春の訪れを告げる選抜高校野球が始まりました。
鳴り物なしの応援も静かで新鮮でした。
 
3月24日 (木)  お休み  
3月25日 (金)  お休み  
3月26日 (土)  お休み  
3月27日 (日)  お休み  
3月28日 (月)  お休み  
3月29日 (火)  お休み  
3月30日 (水)  お休み  
3月31日 (木)  桜はまだ・・

弥生つごもり、3月も今日で終わり。
大災害後・・・
苦しむ人々、助ける人々、その不幸に付け込む輩。
人の数だけ命があって、人の数だけストーリーがあります。
さて、この国は一体どこへ流れ着くのでしょうか?

くだらない低俗番組はもういりませんね。
ついでながらテレビ局の数は節約できないのでしょうか?

気がつけば例のあの問題は忘れ去られようとしています。
あの問題とは・・・それも数々。

週明けには桜の便りも満開かな?