2008年10月 (画像は拡大しません)
10月1日 (水)  清原選手

清原選手の涙を見るのはもう何回目でしょうか。
ドラフトの時の悔し涙、西武優勝目前ファース守備中に見せた報復と達成感の涙。
そのままリングに上げても可笑しくない猛者がこの数日で何度となく見せた別れの涙。
佐々木選手、渡辺監督、王監督、金本選手、桑田選手、イチロー選手、幾多のスター達が送る人生の花道。
長渕剛氏の歌うトンボに清原選手は何を思い出すのでしょうか。
西武、オリックス球団には感謝の言葉がありましたが、ジャイアンツに対してだけはジャイアンツファンに向けてのメッセージのみでした。
同じ日、各球団から相当数の選手の解雇通知がありました。
その中にはかつて大活躍した名のある選手も含まれていました。
まさに悲喜交々ですね。

台風の予想はどこへやら、天高く突き抜ける青空は白い雲が楽しそうに泳いでいました。
 
10月2日 (木)  お休み  
10月3日 (金)  先日の・・

楽しいネタがない日は手元のデジカメ写真から・・・

先日国体歓迎式典での一コマ。
大分県が誇る秀逸な和太鼓集団「TAO」の演奏に4万観衆が痺れました。
10月4日 (土)  お休み  
10月5日 (日)  ナイスキャッチ!

ナイスキャッチ!
歓迎式典時にフィールドから何百と打ち上げられたカラーボールが、丁稚目がけて飛んで来ました。
これがその幸せの黄色いボールです。
精一杯演技する子供たちの熱い思いが届けられたようです。
雨にたたられた国体もあと2日残すのみとなりました。
がんばれ大分県!
10月6日 (月)  チケット発売開始

国立劇場公演まであと一ヶ月を切りました。
4日付け読売新聞夕刊に大きく一面に広告が出ているそうです。
また本日「徹子の部屋」に幸四郎丈御出演だったそうですが、見逃してしまいました。
9日、木曜日19時からBS朝日で再放送があるらしいので、ビデオの準備しました。
チケットもネット販売が始まり、明日からは窓口でも販売されるそうです。
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
10月7日 (火)  お休み  
10月8日 (水)  お休み  
10月9日 (木)  三日遅れの

又しても日記が御無沙汰しました。
悩みや心配事があるとどうしてもキーボードが打てなくなりますね。
「希望度」なのでしょうか。

今夜三日遅れで「徹子の部屋」再放送を見ることが出来ました。
ご家族のことで話題満載でしたが、終了まじかしっかりと、11月の歌舞伎公演の話題をご紹介くださいました。
それにしても幸四郎丈は黒柳さんと長いおつきあいなんですね。

不在配達をその日の夜に再配達してくれる郵便局は便利になったものです。
これも民営化のお陰ですかね。
他の宅配業者には負けられないのですね。
重いノートパソコンなど旅先に安全に運んでもらえるのかなあ・・・
 
10月10日 (金)  お休み    
10月11日 (土)  障害者スポーツ大会

貸した○○本と、青春は二度とは帰ってこない・・・と言われますが、失くしたと思っていたものが見つかると嬉しいものです。
車のシートの間から探し物が見つかりました。

障害者スポーツ大会開会式へ出席するための8時過ぎに駅へ。
前回通りなら30分弱でシャトルバスは会場の九石ドームに到着するはずでしたが、何と1時間半も渋滞になり開会式に間に合わない状況になりました。
国体の時とはバスルートも違ってたようです。
渋滞は緩和されても今度は皇室の車を迎える時間になり、バスは止まったままでした。
さらに堪りかねた人々はバスを降り歩き出す始末でした。

式は皇太子殿下をお迎えし、何とか定刻に始りました。
障害者大会開会式、歓迎式典とも本当に素晴らしい出来栄えでした。
式典参加者は勿論、多くのスタッフ、ボランティアの支えで本当に心に残るセレモニーとなりました。
終了後、作曲の古城さんと控室で感激の対面となり、こゆきさんと記念のツーショットに収まりました。
今日でこゆきさんは国体関係のスケジュールはほぼ終了です。
今後は国立劇場公演に集中できるでしょう。
昨日、本チラシも出来上がりました。
早く舞台を見たいものです・・・と言うのはこゆきさんだけではありませんよ。
丁稚、月末久々のお上りです。草鞋の手入れでもしておきましょう。
 
10月12日 (日)  お休み   
10月13日 (月)  峰岸さん

県芸術文化祭オープニングステージで、大変お世話になりました峰岸徹さんが一昨日亡くなられました。
2004年の秋、監督として一つの舞台作りに熱心にご指導を賜りました。
お陰様で素晴らしい「天領ラプソディ」が上演できました。
当時のお元気そうな写真からは想像も出来ない突然の訃報でした。
落語の高座に上がったり、トライアスロンに徹底的に打ち込んだり、本当に色んなことに活動的な方でした。
俳優としても、大河ドラマをはじめ、数々の映画にその素晴らしい才能を十分発揮されたとこは、誰もが認めるところです。
今はただご冥福をお祈りいたします。

当HPメニュー「天領ラプソ」の中「謝辞」に峰岸さんの一枚写真がございます。
 
10月14日 (火)  表彰式

本日こゆきさんは九電お茶の間エッセイの表彰式へ出席しました。うまく講評はできたのでしょうか?
この間丁稚は郵便局〜病院まで雑用で駆け回りました。
表彰式のあとは、来月の公演に関して取材を受けるために合同新聞社15Fへ、やっと終わったと思いきやもう一件で計3時間。
久しぶりにマスコミに写真を撮られ、口元は引きつっていました。
顔写真はしっかり修正お願いしますと言い残し新聞社を後にしました。
JR旅行者で来月の旅行の手配も済ませ帰宅しましたら、二人ともぐったり疲れ果てました。

幸四郎さんはいよいよ明日は東大寺での勧進帳公演です。
それが終わりますと、いよいよ江戸宵闇妖鉤爪の稽古に入ります。
16日発売予定の「サライ」に新作歌舞伎の関連記事が出ると思います。

PS
下記は本日の符丁ですがお気に留めないでください。
自らの記憶のためです。
「腹回り同心vsかに三昧」
  
10月15日 (水)  ノーベル賞級の・・・

昨日のお茶の間エッセイで特選を受賞した方の喜びのコメントが素敵でした。
「我が家にとってノーベル賞級の喜びです」と。
きっと彼女はこの日、家族と最高の幸せを味わったに違いありません。

停滞気味でした課外活動、つまりバンド活動もそろそろエンジンが掛ってきました。
早くもクリスマス用の曲の準備に入りました。
さて、この冬はどんな楽しいイベントが待っているのでしょうか。
  
10月16日 (木)  東大寺

幸四郎さんの東大寺大仏殿前の特設舞台での1000回目「勧進帳」は無事終わりました。
5000人のファンから「高麗屋!」の掛け声に異例のカーテンコールも行われたそうです。
ご家族も全員駆けつけられたことでしょう。おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

九州場所の升席用の座布団が投げられない形に改良されたそうです。
番狂わせの時に乱れ飛ぶ座布団も事故が起きてからでは遅いと言うことで・・・
新理事長なかなかやりますねえ。

一方野球界では加藤コミッショナーはWBC監督問題で結論を迫られています。
現役監督は如何なものかと王特別顧問の意見ですが、そうなると野村さんの目はなくなる訳で、
再び星野ジャパンとなるのでしょうか?今月末が目安とか。

水曜木曜と仕事に追われますと、夜の自由時間が少なくてつらいですね。
明日は別府です。待ち時間に温泉でも浸かってのんびりしましょうか。
    
10月17日 (金)  お休み   
10月18日 (土)  お休み  
10月19日 (日)  ○○とハサミ

どうぞ着席した私の右後頭部へ立たないでください。
便利なハサミだとつい面白くなって、自分で頭髪を梳いていましたら、気がついた時には手遅れでした。
5p四方が芝刈り状態になりました。
晴れの国立劇場まで10日あまり、何ミリ回復するでしょうか。

失敗に関する格言も多々ありますが、本日は自分の作です。
「梳いては事を仕損じる」
10月20日 (月)  お休み   
10月21日 (火)  お休み   
10月22日 (水)  お休み   
10月23日 (木)  お休み   
10月24日 (金)  お休み  
10月25日 (土)  巨人vs西武

この一週間慌ただしかっただけでなく、気分的に喉の小骨が取れなかったようなイライラ感の続く毎日でした。
気がつけばもう週末、1週間後には半蔵門に宿をとってるはずですが、スケジュールがなかなか立ちません。

どうやら今夜ジャイアンツが日本シリーズ進出を決めたようですが、相手はかつての宿敵ライオンズですね。
二つの数の最大公約数GCMと最小公倍数LCMを求めます。
するとこの二数の積はGCMとLCMの積に等しい関係が成立します。
こんなことを(ジャイアンツ)G x L(ライオンズ)とひっかけて話したことがあります。
例えば、12と16のGCMは4、LCMは48です。12x16=4x48となるのです。
最近の中1の数学は随分易しくなってきました。その是非は申しませんが。
 
10月26日 (日)  お休み  
10月27日 (月)  日経

季節の変わり目だったのでしょう、小さな風邪も2回の服薬で治ったようです。
やれやれ・・・

明日こゆきさんは国立劇場での顔寄せのため上京します。
翌日とんぼ返りで金曜日から改めて五泊六日の草鞋を履くことになります。

昨日(26日)は日経に来月の歌舞伎公演の記事を載せて頂きドキドキしながらそれを探したものです。
大分駅まで車を走らせ、15部ほど買って来ました。
今回もK記者の記事に敬服しました。

また意外な人物から感想の電話を頂きました。
我々の間では宮内庁という符丁で呼んでます女性Sさんからでした。
彼女が経済新聞を愛読されることにもちょっと感心した次第です。
誰もが地元紙ばかり購読しているんじゃあないんですね。
 
10月28日 (火)  国立では

こゆきさん、顔寄せは無事終了したもようです。
さぞや緊張の数時間であったでしょう。
明日は神事お祓いなどもあるようです。
舞台稽古も着々と進んでいる模様、開幕がますます楽しみになって来ました。

一方丁稚はと申しますと、津久見での葬儀に出席して戻ってまいりました。
寺子屋もスケジュールがしわ寄せされ、タイトな日程になりました。
今日は久しぶりに真っ青な秋空が広がり気持のいい気候となり、これから一気に秋が深まっていくのでしょう。
 
10月29日 (水)  お休み  
10月30日 (木)  準備万端

準備万端とは言えませんが、こゆきさんとトリニータの夢を乗せて明日お上りします。
国立劇場&国立競技場!
5時45分には家を出ます。
で、もう寝ます。
 
10月31日 (金)  半蔵門

真っ暗な中、1メーターでしたがタクシーを呼んで空港行きバス乗り場へ。
羽田着9:30、半蔵門には11:00
国立劇場での二幕通し稽古を見学。
大勢のスタッフ、役者さんが忙しく懸命な打ち合わせ、段取り、演技へと進む様は興奮を抑えきれません。
3日後に始まる舞台がもう待てない気持ちです。
こゆきさんの出番はロビーでのフジテレビインタビューのみ。
これがまた極度の緊張でNG数回。
放映は全編カットだったりして・・・?

途中休憩が入り、ここから丁稚は別行動となり、千葉へ走りました。
学生時代の旧交を温め、再び半蔵門に戻った時、時計は11時をまわりました。

5年前は2月でした。
2008年の今年11月、三宅坂には爽やかな風が吹いています。
我が家にとっては特別なイベント、しっかり堪能いたしたいと思います。
「江戸宵闇妖鉤爪」
地下鉄通路に大きく貼られたポスターの前で、人通りも気にせず、しっかりポーズをとって写真撮影となりました。へい。