2008年4月 (画像は拡大しません)
4月1日 (火)  年度初め

4月1日、初日から嘘はいけないと思い、何一つ他人を担いだりもしませんでした。
しかし本日は籠を担いだのと同様です。
ほぼ半日こゆきさんのハイヤー状態でした。
春休みの図書館は親子連れでいっぱいでした。
なにかイベントでもあったのかな?
町ではリクルートスーツに身を包んだ新入社員と思しきグループを見かけます。
どの顔も笑顔笑顔でしたが・・・
そうです、丁稚にもあんな時代があったのですね。
何とか足もとの明るいうちに帰宅しました。

いよいよ大リーグも本格的に始まりました。
福留選手、すごかったですねえ。
一年間応援しましょう。
 
4月2日 (水)  

「この地球上で私が一番好きな道は、帰り道です。」
某不動産会社のコピーですが、う〜んと唸ってしまいました。
帰る家があるということは何て幸せなことなんでしょうか。
色んな事情で帰る家のない人、あっても帰れない人・・・
どんなに小さくても帰る家があることは素晴らしく有難いことと感謝します。
ハウス(HOUSE)とホーム(HOME)の違いもありますね。
人がいてこそホーム=家庭ですから。

週末は雨の予想ですが、ちょっぴり困ったことになりました。
久々のアウトドアライブなんです。桜の下で。
 
4月3日 (木)  お休み  
4月4日 (金)  年金

以前から気になっていた年金記録の件です。
30年ほど前、仕事の都合で厚生年金から国民年金に切り替わりました。
今回国民年金記録の確認葉書が着て、二つの年金証書が統一されてないことに疑問を感じていました。
保険庁支所に出かければよいのでしょうが、何時間も待たされると思いますと足が向きませんでした。
今日思い切って電話をしましたら、即つながり、御時世柄丁寧な応対に驚きました。
疑問点もどうやら解決しそうでやれやれです。
しかしながら雀の涙程度の年金に、真っ暗な老後が広がります。
食卓の対面にすわる人物のため息も広がりました。
「♪来月俺離婚されるよ」・・・吾亦紅替え歌か!
 
4月5日 (土)  お休み  
4月6日 (日)  アウトドアライブ

別府リハビリテーションセンター「ふれあいフェスタ2008」への出演。
桜満開のまさに春がいっぱい。
久々のアウトドアライブに大満足な一日でした。
広大な敷地内は大変な人だかりでした。
写真を撮りにきた友人は我々登場のステージより、続いたサンバのお姉さんにカメラの手元が震えたのではないでしょうか?
まさにリハビリでした。
 
4月7日 (月)  仏滅

本日仏滅ということでネガティブな話題ばかり。

楽器店から個人情報の盗まれたとのお詫びのメール。
直接の被害はありませんが、やはりカード番号など使わないのが得策ですね。

また、ゆうちょ銀行を堂々と名乗り、暗証番号を聞き出そうとする悪質なメールが届きます。
アドレスも大変それらしく使われており、「ゆうちょダイレクト」は大変な対応に迫られていました。

4月に入って初めての給油に出かけました。
1リットル当たり135円、決して周囲と比べて安いとは言えないこのお店です。
こちらも最近人事異動があったのでしょう。
馴染みの店長は見当たらず、5人のうち4人は全くの初対面。まるで愛想のないお店になっていました。
自分でマットを洗い、追い出されるようにすごすご帰ってまいりました。

今頃と言っちゃあ失礼ですが、台所で同居人が悪戦苦闘しています。
初体験の圧力鍋のマニュアルにすっかり手こずっています。
マーフィ曰く、圧力なべは時間が掛かる。

二時間後、豚バラ肉と昆布の煮物が出てまいりました。大変美味しゅうございました。
 
4月8日 (火)  宇佐路

今日しかないとせがまれて、二年ぶりの宇佐路となりました。
午後からぼろ車を県北に向け走らせました。

桜満開の宇佐神宮は平日とあって、殆ど人影もまばらでした。
真っ青な空に眩いばかりの桜が鮮やかなコントラストを映し出します。
こゆきさんには、色んな出来事の節目節目に必ずここを訪れたような気がします。

一生に一度だけ願いが叶うと伝えられるお地蔵さんを探しました。
こゆきさんは何をお願いしたのでしょうか?

10号線山香回りで帰るつもりが、豊後高田まで足を伸ばしました。
丁稚にとっても思い出深いこの町。
ちょうど二年前の春、この昭和の町でライブをした思い出があります。

以前食事した名物の大衆食堂「大寅屋」さんはもう店じまいの時間でした。
このお店の前で記念写真をパチリ。まるで三丁目の夕日の一場面のようです。

「杵や」さんで「そばせんべい」と「あられ」などお土産を買いました。
新潟から嫁いできたという若い女将さんとしばし談笑。

久しぶりの添付写真
タイトル:大きな鳥居と小さなこゆきさん
4月9日 (水)  お休み  
4月10日 (木)  お休み  
4月11日 (金)  新学期

4月第二週金曜日、こゆきさんの憂鬱なスケジュールが始まりました。
つまり大学での講義が始まったということ。
それでなくても要領が悪いんで、やたら準備や整理に時間を割かれることに頭を悩ますようです。
どうやら今年のクラスも学生の数が多いようです。

宇佐神宮にお参りしたのが、火曜日。
二日後には待っていたメールが届き、やはりご利益があるものですと・・・
順調に船は進みだしたということ。
ますます忙しくなりそうです。

この日丁稚は知人宅でパソコン談議で時間をつぶし、こゆきさんをピックアップして即帰宅。
寺子屋業務へと続きました。
 
4月12日 (土)  お休み  
4月13日 (日)  お休み  
4月14日 (月)  ボストン

レッドソックスvsヤンキースの中継を見ていて驚きました。
それは松坂でも松井でもなく、イニングの交代での流れてくる曲です。
ベンチャーズ発祥の地シアトルで流されるのはよく知ってましたが、ボストンでもベンチャーズの曲が流されるのです。
その次ぎの回はCCRのルッキングアウトバックマイドアでこれまた涙もの。
極めつけは8回、2002年から恒例となっているというニールダイアモンドのスィートキャロライン。
何と1969年の作品です。しかも観客が一緒に大声で歌うのですから鳥肌が立ちそうです。
まだ本場アメリカで大リーグ観戦したことはないのですが、7年前その予定もありましたが、旅行直前でオジャンになったことがあるのです。
 
4月15日 (火)  お休み  
4月16日 (水)  アルゲリッチ

ずいぶん会っていないかつての寺子屋の子供の成長を風の便りに聞きました。
音楽家になるのが夢です、と目を輝かせていた彼女が今まさに大きなステージに立とうとしています。
県下では最もビッグイベントとなりました、アルゲリッチ音楽祭に県出身の演奏家として来月ビーコンプラザに出演します。
フルート奏者として全国でも色んなコンサートに出演しているそうです。
もうあれから8年も経つのですね。
当時のアルバムを紐解いてみましょうか。
 
4月17日 (木)  フィナーレは♪好きになった人

芸能ニュースを特に気にかけてる訳ではありませんが、過日最愛のパートナーだった事務所社長を亡くした歌手都はるみさんが高松市で、悲報後初のコンサートを行いました。
「もう涙は家に置いてきました」と言いながらも、目にいっぱい涙を浮かべ、声を震わせながらも最後まで歌いきったそうです。
夫婦坂という歌の歌詞がその心を打ち震わしたものと思います。
この「夫婦坂」という歌ですが、昔子供の小学校の卒業式のあと担任の先生が教室で、この歌にまつわるお話をされたことをついこの前のように思い出したのです。
おそらく当時先生も40歳の坂を越えられるころではなかったかと思うのです。
♪この坂を越えたなら しあわせが待っている
そんなことばを信じて 越えた七坂四十路坂

また、都はるみさんが映画「寅さん」に出演した時もいい味出してました。
演歌の言葉って後に残るもんだなあと、一人呟くとは・・・丁稚も年をとったもんです。
 
4月18日 (金)  前期・後期

前期・後期と言っても大学の授業のことではないのです。大学院なら前期は修士課程、後期は博士課程などと言い、フムフムという感じです。
ところが今、後期・高齢者の医療制度が大問題となっています。
年金からの国民健康保険料の天引きが始まり、その制度、税率にこゆきさんも憤慨しています。

65歳から74歳までを前期高齢者と言い、75歳以上を後期高齢者と呼ぶそうですが、何とも冷たい表現ではありませんか。
また、めでたく65歳を迎えれば良いですが、一円も頂かずに掛け捨てになる人もいるのですから。
かと言って先細りになりながら長寿を全うするのも困難な時代が予想されます。
 
4月19日 (土)  compassion

compassionという言葉が注目されています。
ダライ・ラマ法王が人々を諭す言葉ですが、「おもいやり」と訳されています。
いまやキリスト教国であるアメリカでも歓迎されていると聞きます。
彼のスピーチを調べてみましたら1991年に、思いやりと個人 “COMPASSION AND THE INDIVIDUAL”というスピーチを発信しています。
思いやりなら決して他の民族には引けを取らないのが日本人ではないでしょうか。
そんなニュアンスのことを、日本に住み着いた青い眼の老舗旅館の女将さんも言ってましたね。
昨今それが見えにくくなったのは何故でしょうか。
 
4月20日 (日)  お休み  
4月21日 (月)  チューリップ

前橋でチューリップを抜いた男が逮捕されたと記事になっています。
酒の上での悪ふざけですが、けしからんことです。
またチューリップ一本は38円相当とも書いてありました。

こゆきさんの出待ちの間、丁稚はニチイ前の若草公園でチューリップをデジカメに収めました。
平日の午後、のどかなものです。
花は愛でるものですね。
4月22日 (火)  バイク

別大国道を颯爽と走るおじさんを、助手席からこゆきさんがショット。
肖像権には配慮してますが、本人は目立たないことを望んでるとは思えませんので、あえてアップいたしました。
大型バイクにいっぱいの荷物を括りつけ、ドクロの模様のジャンパーがいかにもちょい悪オヤジ風。
憧れますねえ。
4月23日 (水)  お休み  
4月24日 (木)  お休み  
4月25日 (金)  お休み  
4月26日 (土)  お休み  
4月27日 (日)  ちょっと休憩

やれやれと言ったところでゴールデンウィークに突入した模様です。
この間終日パソコンとニラメッコでようやく日記に向かっています。
五輪の聖火リレーなど気になるニュースもありますが、何より頭の上のハエを追うことに専念した1週間でした。
こんなは何故か体重増を見るのです。
一方こゆきさんは逆に集中月間に入り、旅行やアパレルのチラシどころではなくなったようで、結構毛だらけ猫灰だらけ・・です。

本日ビデオ半額の日という訳で3本借りて225円なりの極めて少額の娯楽費計上でした。疲れた時は邦画が見やすいものです。やはり字幕ものは疲れますから。
 
4月28日 (月)  お休み  
4月29日 (火)  昭和の日

明治は遠くなりにけり、と言われたのが「昭和」に差し替えなければならないほど時間が過ぎて行きました。
昭和という年号がついてから、昭和という言葉が生まれ、「昭」という字が作られたと聞いています。
当初はこの字を説明する際、「照る」という字の下のテンテンがないもの・・・と説明したとか。丁稚の記憶違いでなければ良いですが。

住宅地だった部分を強引に切り裂いていく道路が今日の写真です。
我が家のすぐ近くです。区画整理も未だ終わらず。道路特定財源とは関係あるのでしょうか?
ついでながら我が家は2年後移転です。わずか300メートルほどですが。
4月30日 (水)  お休み