2007年05月 (画像は拡大しません)
5月1日 (火)  メーデー

5月1日は確かメーデーだったはずですが、いつからメーデーは4月になったのでしょうか?
Mayは5月だからメーデーなのでしょうが、連休重視から数日前倒し措置で、4月に労働者の祭典を行うならもはやエイプリルデーではないでしょうか?
政治や社会の仕組みに不満の声を上げる人も少なくなったのしょうか?
この国はそんなに平和で住み易くなったのでしょうか?
♪メーデータ〜メーデーターの〜?
と言うわけでクエスチョンマークが5つ続きました。
さて、今月は如何なる月になることやら・・・?
 
5月2日 (水)  お休み  
5月3日 (木)  憲法記念日

高野連が実施した日本学生野球憲章に違反するスポーツ特待制度の実態調査では計334校が申告したと発表しました。やはりと申しますか、県内でも私立6校が該当しました。
過日プロ球団から金銭を授受したとされる問題に端を発した、プロアマ問題です。
プロ球団からこっそりと袖の下を頂き、アマの有望選手がドラフト抜けがきをする。
学校当局から野球の資質を変われて学費等の援助を受け、母校を甲子園に導き学校を有名にすることで恩返しをする構図。
野球以外のスポーツ特待生は良いのに何故野球特待生だけが・・・との評論家の反論もあります。
一方では、赤信号みんなで渡れば・・式の教育業界。
批判することだけでは勿論何一つ解決しないのですが、野球部部長の更迭や、春季の地方大会を辞退することで、7月の甲子園予選出場に首をつなげたいとの思惑が露骨です。
学生の本分は学業であり、部活動は教育の一環、その延長上で・・なんて白々しいではありませんか。
ルールそのものが悪いのか、ルールを違反するのが悪いのか?
奇しくも本日は憲法記念日、ルールを再考するにはもってこいの日だと思いますが。
 
5月4日 (金)  スラッと健康教室

休日の早朝からビデオを録画しながら松坂選手の活躍を期待しましたが、途中から切ってしまいました。次こそは・・・と思うだけです。

夜は2週間ぶりの練習で疲れて帰りました。
明日もまた雨のようです。
特に出かける予定はありません。

普段から市報なんて細かく見ているほうではありませんが、
「めざせ!スラッと健康教室〜男性編〜」と言う記事が眼に飛び込んできました。
該当者は40〜60歳で、腹囲85センチ以上、またはBMI25以上と言う基準だそうです。
定員35人とは、全く焼け石になんとやら。
大分市内に該当者がおそらく何千何万人いるでしょうか?
昨日ビデオで見た「硫黄島からの手紙」に出演していたアイドルタレントのプロフィールを見ますと、身長体重が10代の頃の丁稚にぴったりです。
それが今じゃあ・・・歳月人を待たずとは、なるほどなるほど。
 
5月5日 (土)  お休み  
5月6日 (日)  立夏

そぼ降ると言う言葉がぴったりな連休後半。

知人からの電話で別府へ。
思い出のカラオケテープをCDに変換して欲しいとの依頼でした。

かつては亡くなった方の思い出は写真が筆頭でしたが、声の記録や動画での保存もポピュラーになってきたようです。
我が家の仏壇には古いカセットテープが一つ残されています。
三十年以上も前他界した祖母が読む般若心経が記録されています。
残念ながらこれ以外に祖母の生前の声の記録はありませんが、今でも祖母の優しい台詞の一端が耳に残っています。二人の祖母とも形こそ違え、「がばいばあちゃん」であったように記憶します。
やはり農作業する姿が一番目に焼きついております。
末っ子の私は父方母方とも、祖父の存在を私は知りませんが、きっと厳格な明治人だったことでしょう。
直系だけで申しますと、これまで祖母、父、母、そして一番上の姉を見送りました。
今日は少しばかり古いことを引き戻した立夏です。
 
5月7日 (月)  お休み  
5月8日 (火)  お休み  
5月9日 (水)  光化学スモッグやら〜

汗ばむほどに暑く、また光化学スモッグ注意報も出され健康被害を懸念し、外出を控えたり、洗眼やうがいをしたりするよう呼び掛けがありました。
どうも中国大陸からの影響だそうです。

「シュミレーション」ではなく、「シミュレーション」が正しいと何処ぞの掲示板で賑わっていました。どちらも素直にカタカナ変換で出てくるので厄介です。
勘のよい方はもうお気づきでしょう。
ネタ元トリニータは今期苦戦しています。

またメジャー井川はマイナー行きを命じられ、松井、イチロー、城島も未だに乗り切れません。
国内でも贔屓の鉄平君は開幕の勢いは何処へやら?

市内小学校では修学旅行シーズンが始まりました。
福岡、山口へと続々バスは旅立っていきます。
40年以上も前、丁稚の時代は宮崎でしたねえ。
 
5月10日 (木)  お休み  
5月11日 (金)  お休み  
5月12日 (土)  え〜本日は

仕事の後はるばる津久見まで行き遊んで帰宅。今午前2時25分というとんでもない時刻です。
決して喜ばしいことではないのでしょうが、幸いこゆきさんは不在です。
留守電が黄色い光を寂しく点滅させています。
それでもパソコンで必要な各サイトは必ずチェック!
昨日は特定のサイトがつながらないという状況に陥り、慌てふためいたものです。
と言うわけで、本日はこれにて終了!
何か書いておかないと、余計な詮索をされますので・・・。
 
5月13日 (日)  母の日

ハッピーマザーズデイは小さな鉢植えのカーネーションでお茶を濁しました。
「墓に布団は掛けられない」との諺そのものを知ったのも母亡き後のことでした。
全く情けない丁稚でした。

昨日の疲れから、のんびり過ごした日曜日でした。
今夜のすき焼きは丁稚が調理しました。えっへん!
 
5月14日 (月)  競馬

馬主前川清さんの「コイウタ」がG1レースに優勝したそうです。
念願叶い大感激された写真を拝見しました。

私たちが最後に競馬場へ行ったのは、もう五年くらい前のような気がします。
こゆきさんをお連れしたのはその頃。
馬の血統ではありませんが、こゆきさんもギャンブラーの素質を持っている気がします。
終日過ごした東京競馬場、南武線の帰り道は遠く感じましたね。
解説役でしたM君、その後もう足を洗ったでしょうか。

そう言えば、その昔ハイセイコーなんて馬もいましたね。
久しぶりに歌いたくなりました。
「♪さらば〜ハイセイコー〜」

ついでにもう一曲。
「♪走れ、走れ、コータロー!」

ついでの一品。
小さな馬のぬいぐるみも我が家にございます。
有馬記念「マヤノトップガン!」
ほら、懐かしいでしょ。
5月15日 (火)  あってはならないこと

犯罪、事件、事故、災害、そのほかでも痛ましいことが多すぎます。
その度に「あってはならないこと」と繰り返し悔やむコメントばかりです。
まるで流行り言葉のように使われるのが気になります。
こんな日記を書きながら報道ステーションをみていましたら、テレ朝で全く同じ台詞をF氏が指摘しました。

そんなタイミングにこゆきさんからCメール。
ドアに指を挟み危うく骨折か!との状況に陥ったそうです。
くわばらくわばら・・・

明日から梅雨に入ったかのような予報の連続です。
憂鬱だなあ。
 
5月16日 (水)  

まだ先のことだろうと思っていましたら、来月から週一回の仕事が入り、準備で慌しくなりました。

雨も一晩で上がりました。
しかし、通勤快足なる丁稚愛着の靴がとうとうこの日破れてしまったようです。
10年くらい履きなれた柔らくて軽いお気に入りでしたが、靴底に雨がしみ込んできました。
これまでも色々探すのですが、これに匹敵する靴にお目にかかれません。
歩いた数だけ丁稚の苦労を知っていると思いますと、簡単に捨てられないのです。
ヨーロッパの靴屋さんで靴を購入しますと、店員さんがその靴を履いて暫く町を歩き回ると、ものの本で読んだことがありますが・・・
色、素材、デザイン、サイズだけでは決まらないんですよねえ、靴は。
 
5月17日 (木)  サッカーくじ

今、サッカーくじが異常です。
一等金額が6億円になろうとしており、しかも4本当選の可能性があるため、販売店にこれまでサッカーに無関心だった人々が一気に押しかけました。
これまでの10倍以上の売り上げになる予想です。
さて、どんな人物が億万長者になるのでしょうか?
丁稚曰く、「あっしには関わりのねえことで・・・」なのにこゆきさんは
「買って、買って〜」と不労所得をねだるのです。
300円で買える夢は本当の夢なんでしょうかね。
ブツブツブツ・・・
 
5月18日 (金)  お疲れ

慌しいだけの一日でした。
いつもの別府好き、途中仕事の打ち合わせ、帰宅してすぐ又仕事。
こゆきさんもお疲れモード。一日二コマはハードみたいです。
丁稚の深夜の毛染め作業がさらに追い討ち、買わなかったBIGトトで完全にプッツン!
明日から新しいソフトの研究に忙しい丁稚どす。
 
5月19日 (土)  坂ノ市

新フランス大統領が前大統領と違って、日本の相撲はお好きでないとの報道です。
知的なスポーツではないと言ったとか、言わないとか。
しかし細木さん予言の通り、千代大海は頑張っていますが、今日は上手く行かなかったようです。
一方トリニータは久しぶりのホームの美酒に酔っています。ブラジル人トリオの大活躍でした。
日付変わり深夜は、アメリカからまた松坂選手の活躍が電波に乗ってくるでしょう。

市内坂ノ市に珍しい「市」があります。
深夜の物々交歓と言う珍しい伝統の市場が開かれ、1週間の期間中は色々なイベントがあります。
昨日の朝刊にも大きく紹介されておりました。
これをよ〜く見ますと、21日(月)に見たことがある名前が・・・
おやじバンド○○○○○○と書かれています。
さあ、みんなで見に行こう!
 
5月20日 (日)  お休み  
5月21日 (月)  萬弘寺の市

本日はお約束どおりのオープンエアーライブです。
自宅を出発したのが昼の3時半という、これまでにないパターンです。
坂ノ市へ向かう途中、車を道路わきに止めて一枚パチリと撮ったところです。
肝心のライブ中には電池切れとなりわずか数枚しか撮れなかったとは、この時予想もしていませんでした。
19時からのステージに向けて時間調整して到着しましたが、前のステージが6時過ぎまでかかったので、少し慌てた準備と開演になりました。
前バンドは、確か昨年パークプレイスでご一緒したK&Kさんでしたね。

自分らの演奏が終了する頃になると、すっかり辺りは暗くなりとてもお祭り気分も盛り上がってきました。
広場を取り巻く屋台の裸電球が、地方のお祭りの懐かしさを演出して、寅さんでも出てそうな雰囲気でした。5月はこれにてライブ終了。来月は10日から・・
5月22日 (火)  夏は来ぬ

真夏のような暑い一日でした。
こゆきさんを迎えに行き、ローテーションのように明野へ。
いつも入るお店の横のレストランは、まるで団体旅行のような女性だけの一団が数十人テーブルを占領しています。よく見ると、「レディースデー、1000円食べ放題」の案内が・・・、なるほど。
ショッピングの後、帰宅するなり、丁稚は学習に取り組んでいます。来月からの準備です。

友人のサイト、どうやら蛍の季節に入ったようです。
これで暫くは夜間はますます不在が続くでしょう。
 
5月23日 (水)  お休み  
5月24日 (木)  加齢臭

加齢臭とは、彼の匂いでもなく、もちろんカレーライスのニオイでもありませんね。
加齢臭なんて言葉が流行ってきたのも近年団塊の世代のお陰でしょうか。
ちょっと検索しただけでも数十万件出てまいります。
ニオイも「匂い」でなく「臭い」ですから歓迎されるはずもなく、その大半は加齢臭対策のサイトばかりです。これがうら若き女性ならフェロモンと持て囃されるのに・・・
丁稚は香りに対する感覚が極めて鈍く、草花や食べ物にも至って鈍感です。
しかし人の鈍い感覚を痛めつけるのは如何なものであろうか?
これぞ苛めそのものではないかね、こゆきさん。
加齢してこそ違いも分かることも少なからずや!
 
5月25日 (金)  お休み  
5月26日 (土)  昨夜

TV番組「特捜!テレサテン名曲誕生秘話」を急な外出で見落としてしまい、残念です。
この類の番組は再放送が期待できないので、もう見ることはないでしょう。
そんな外出から帰宅したのがシンデレラ状態。
翌朝新聞を見ますと外出先の直ぐ近くで、知り合いのマンションが火災とでていました。
しかもほんの数分違いと思われます。
残念なことの多い数日間でしたが、これもバイオリズムなのでしょうか?
目覚めて翌朝書いている日記です。
本日は夜間練習日、さあ一風呂浴びてしゃきっといきましょう!
 
5月27日 (日)  やれやれ

各地で30度を超し、蒸し暑い一日でした。
北九州では光化学スモッグで小学校の運動会は中止となったり、当地では黄砂も厄介な飛来物でした。学校の衣替えはどうなんでしょうかね?

夜津久見からの帰宅後、録画の大河ドラマを見ながらいつくかのHPの更新などをしています。
丁稚がNHKにチャンネルを合わすのはこのくらいです。
やっと落ち着いたら時計はもう深夜3時近くなりました。
やれやれ1週間が終わりました。ウィークデーの始まりは少し憂鬱です。
 
5月28日 (月)  ビーチバレー

東国原知事も目尻が下がっています。
スポーツサイトから人気のビーチバレーのページを見ますと、試合どうのこうのではありません。
大人気の浅尾美和選手の写真がずらり。
はちきれんばかりの鍛え上げた肉体をスタイリッシュな水着で包み、豪快に砂浜で飛び、跳ねる様は誠にもって眩い限りです。
こんなことを言うとパソコン画面上から加齢臭が漂ってくるのでしょうか?
でも観戦する大半のファンのお目当ては、ゲームそっちのけの写真撮影です。
もはやこれはファッションそのものなんです。背後にもずらりと、デジカメ抱えたカメラ小僧から○○オヤジまでファインダー越しに観てるのです。
 
5月29日 (火)  お祈り

少年サッカーの試合を見ていましたら、PK合戦になりました。
キッカーの後ろにチームメイトは並んで、全員で仲間のPKの成功を祈っているのです。
それがどういう訳か、キリスト教の礼拝のように全員指を交差に組んでいます。
気にしなければそれなりのことですが、どうして仏教のように両手を合わせないのでしょうか。
これも日本の宗教教育の貧困さでしょうか。両手をあわせるのは、お葬式の時は何の抵抗もないし、食事の前に逆に指を組んだら、アーメンとでも言わなければ始まらないような気がするのは何故でしょう。各種宗教を自由に使い分ける如何にも日本人ぽい一面です。

さだまさし原作、松嶋菜々子主演、阿波徳島を舞台にした映画「眉山」を見てきました。
東京タワーにも似た家族愛のドラマです。
映画の評価はご覧になったかたのお心にお任せします。
シンボルとなった眉山山頂はテレビ塔が立ち並び、少し風景が壊れていたのが残念です。
  
5月30日 (水)  お休み   
5月31日 (木)  五月の青空

♪空行く雲がお前に見えた、五月の町はバラの香りさ〜〜〜♪
「パパとあるこう」って歌、ご存知ですか?
昭和55年の「みんなの歌」で歌われたものです。
歌っているはは何と石原裕次郎さんです。

昼休みの間、木陰に停めた車の中でシートを倒し仮眠でもと思ったその時、目に飛び込んで来たもの・・。
真っ青な空に、ぽっかり浮かんだ真っ白な雲を見てふと口ずさんだのです。
明日から水無月。