本文へスキップ

歌舞伎・劇作家 YUKIKO IWAGO

作詞活動LYRICS



6.「HOPE!STEP!JAMP!(ホープ!ステップ!ジャンプ!)」

作詞 岩豪友樹子 作曲・歌唱 古城康行

第63回国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」 2008.9.27〜10.7 
第8回全国障害者スポーツ大会「チャレンジ!おおいた大会」 2008.10.11〜10.13

 地元大分選手たちは、郷土の栄光と誇りをかけて熱い戦いを繰り広げ、見事天皇杯、皇后杯を獲得しました。
この国体、および障害者スポーツ大会の開会式歓迎演技において、演技部会委員として参加させていただきました。
また歓迎演技第2シーン「HOPE!STEP!JAMP!(ホープ!ステップ!ジャンプ!)」という歌の作詞を担当させていただきました。
軽快なラップのリズムに乗った700人余りの子供たちの元気いっぱい、はつらつとした演技に、天皇皇后両陛下から嬉しいお言葉を頂きました。
 「しんけん、しんけん、しらしんけん」という大分弁がキーワードとして繰り返し出てきますが、これは「しらしんけん」が今回、大分国体のテーマということで、子供たちの一生懸命な演技と重ね合わせて効果を狙いました。
開会式で聞いてくださった方から「とても素敵な歌なので是非覚えたい」という嬉しいお言葉もいただいています。
今後いろんなイベントでこの歌を活用していただければと県、スタッフ共々楽しみにしています。



     2008.9.27 大分国体歓迎式典 九州石油ドームにて

 
      左:大分が誇る和太鼓集団TAO         右:日本一の文理大チアリーディング
 
              第2シーン 子供たちの演技第2シーン 子供たちの演技
 
左から、司会のユースケ・サンタマリアさん、世界的ジャズピアニスト秋吉敏子さん(第3シーン「交流の風」におけるジャズ作曲、演奏)地元シンガーソングライター今成佳奈さん(第4シーン「風のハーモニー」作詞、歌唱)古城康行さん HOPE!STEP!JAMP!(ホープ!ステップ!ジャンプ!)作曲・歌唱 古城康行さん


前ページに戻る