本文へスキップ

歌舞伎・劇作家 YUKIKO IWAGO

歌舞伎KABUKI

斑雪白骨城


舞台写真

 
  





恨み恨みて阿修羅女となりたるこの身の裏見れば、物狂おしき恋しさに胸うち震え身を焦がし、ほろりとこぼす一雫。身はかげろうの花の露、髪も姿も気も乱れ、鬼百合の狂い咲きたる花の香に、心は裂けんばかりなり。

  
    主演 演出 中村梅玉丈

謝辞




 ひと筆申し上げます。この度は、平成十五年三月「国立劇場歌舞伎公演」における「斑雪白骨城」の上演に際しまして、皆様の多大 なるご尽力にあずかりましたこと、厚く御礼申し上げます。
荒削りであったこの作品が、古典歌舞伎の贅を尽くしながらモダンな息吹を感じさせる新しい形の歌舞伎に生まれ変わったことは、 作者の私にとって驚異以外のなにものでもありません。
主演・演出の中村梅玉丈は言うに及ばず、衣裳デザイン・コーディネートの森英恵先生、照明協力の吉井澄雄先生、振付の藤間蘭黄先生、作品に命を吹き込んでくださった片岡孝太郎丈、中村玉太郎丈、坂東吉弥丈、中村歌江丈をはじめご出演の皆様、さらに制作 室、文芸室、舞台美術の方々、多くの関係者の方々には筆舌に尽くせぬご高配を賜り、誠に有難うございました。
また、ご観劇くださいましたお客様に心より感謝申し上げます。
今後とも皆様に楽しんでいただける作品の創作を目指して努力して参ります。
なにとぞ、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。