本文へスキップ

歌舞伎・劇作家 YUKIKO IWAGO

歌舞伎KABUKI

江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ) page2

 旧江戸川乱歩邸

 11月某日、池袋立教大学に隣接する「旧江戸川乱歩邸」を訪れました。
立教大学江戸川乱歩記念 大衆文化研究センター
開室日 月・水・金曜(公開は金曜のみ)(10時30分~12時、13時~16時
*資料閲覧には事前予約が必要です
住所 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
電話番号(FAX兼) 03-3985-4641

 

 



第8回演劇フォーラム 「乱歩が歌舞伎になった」


国立劇場11月公演「江戸宵闇妖鉤爪 明智小五郎と人間豹」をめぐって
◇2008年11月22日(月)午後4時~  会場:国立劇場大劇場
【出演】松本幸四郎さん 市川染五郎さん
特別ゲスト 鳳蘭さん 特別講師山田五郎さん
岩豪友樹子(作品脚色者)織田紘二氏(国立劇場理事)ほか



【主な内容】
「江戸川乱歩の世界」
人気の衰えを知らない乱歩の人間像や世界観を山田五郎氏が解説
豪華出演陣トーク 「乱歩が歌舞伎になった」
※資料写真や映像の投影予定あり
主催:㈳日本演劇協会  協賛:独立行政法人


第37回大谷竹次 郎賞


 2008年11月、東京国立劇場にて上演されました岩豪脚色の新作歌舞伎「江戸宵闇妖鉤爪」が第37回大谷竹次 郎賞奨励賞を受賞いたしました。

 2009年1月30日銀座、松竹本社にて授賞式が行われ、大谷信義松竹会長より賞状を拝受いたしました。
河竹登志夫先生はじめ、審査の先生方全員の御参列を賜り、染五郎丈もお祝いに駆けつけて下さいました。
改めまして、出演者各位、スタッフの方々、そしてご観劇下さいました皆様に心よりお礼申し上げます。
これを機にさらに精進いたして参ります。
                                   2009.01.30 岩豪友樹子

※大谷竹次郎賞は、大劇場の本興行の中で、年間上演の新作歌舞伎脚本の優秀作に贈られる賞です。
松竹の創始者故大谷竹次郎翁を顕彰して、昭和四十七年に設定され、今回が三十七回目です。
本年は大谷賞大賞は該当者がなく、新人賞とも言える奨励賞を岩豪が授賞いたしました。

メディア等に掲載されました一部をご紹介させていただきました。




■ダイナースクラブ会員誌、シグネチャー No.515
Feature Storyに寄稿させていただきました。


■クロワッサンプレミアム 11月号 平井憲太郎氏

 
■大分合同新聞 10月18日夕刊

  
■大分合同新聞 11月8日 感想 岩豪友樹子


■日本経済新聞 10月26日


■大分合同新聞 11月15日


■中日スポーツ 6月11日 旧乱歩邸での写真撮影

■ 国立劇場ロビーにてフジテレビ番組録画 10月31日

■「サライ」21 特集 松本幸四郎丈
続・新作歌舞伎基本の「き」



国立劇場


 
国立劇場 花道設置時 大劇場1,520席
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1  電話 03-3265-7411