一般社団法人食品衛生協会

消費者に安全で衛生的な食品を提供しましょう。

大分県食品衛生協会について

  • 協会の沿革・組織図
  • 食協の業務
  • 支所一覧
  • 情報公開

各種資格・講演のご案内

  • 講習会・スケジュール
  • 食品衛生責任者について
  • 調理師試験準備講習会について
  • ふぐ処理について
  • 食品適正表示推進者について
  • 食品衛生管理者について
  • 食品衛生指導員制度について

共済事業

  • 食中毒見舞費用保険及び約款
  • あんしんフード君
  • 食品営業賠償共済
  • 火災共済
  • 食協生命共済保険

推進店舗

  • 食品衛生推薦店舗

食品関係営業者の皆様へ

  • 新しく店を始める方へ

食中毒について

  • 食中毒発生状況一覧
  • ウイルス・細菌の種類
  • 食中毒予防について
  • 食中毒注意報について

一般社団法人 大分県食品衛生協会 〒870-0022大分市大手町3丁目2-2大手町法曹ビル501号 TEL 097-532-0081 FAX 097-532-0140

食中毒予防について・「清潔」「迅速」「温度」の三原則を守り衛生水準を高めましょう!

食中毒予防(食品取り扱い)の三原則<清潔・迅速・冷却または加熱>

清潔

細菌性食中毒は、その原因になる最近の付着増殖によって起こります。従って先ず考えなくてはならないのは、これらの食中毒菌を食べ物につけないこと。即ち「清潔」です。

迅速

かりに食中毒菌がついていたとしても、これが増殖しなければ病気を起こすことはありません。調理したものは、できるだけ増殖の時間を与えないで、すぐ食べること。即ち「迅速」です。

温度

すぐに食べないときは、特に食中毒の原因になり易い食品は、細菌が増殖しないように冷却して保存する。また、調理のとき、加熱できる食品は十分に煮るか焼くかして、積極的に細菌を殺してしまうことが大切です。

温度と細菌の関係

温度と細菌の関係画像・危険範囲・ほとんどの細菌は死ぬ・どの細菌も盛んに増殖する・一部発育する細菌あり(好冷菌)・ほとんどの細菌は増殖しない(死滅することはない)。三原則を守り衛生水準を高めよう