志高湖原っぱあそび
4歳児年中組は、広い原っぱで身体を思いっきり動かして遊び
ます。虫に興味ある子どもは、すぐに虫探しへ出かけました。
広さを体験しようと、とにかく走る!走る!
遊具なんて必要なし!遊ぶ力をつけています。
友達が捕まえたバッタを何とか触ろうとします。本物を見て、本
物に触れることが幼児期は大切なのです。
さらなる急坂を見つけると、スピード感・スリル感を十分に楽しみ
始めました。“挑む”というたくましさを感じます。七転八起!自
然の中では怪我はしませんよ。
5歳児年長組は虫や高原植物を求めて、もっともっと奥へと向
かいます。今年は昨年の場所を通りすぎ、さらに進みました。
             斜面の原っぱに到着!
目で耳で虫を探し始めます。ここから見える由布岳は絶景!ヒ
ゴタイなどの植物もきれいでした!
なかなか捕まえられなかった子どももやっとの思いで網の中へ
。かごに入れるため手で触れ、更に喜びを感じていました。
 たくさん遊んだ後、そして自然の中で食べるおにぎりは格別で
す。「まだ虫捕りした〜い」との声がたくさんでした。